南芦屋浜へ

朝ジョギングを済ませシャワーを浴びてから 芦屋へ向かいました

リュックには私が作った弁当 それに釣竿

阪神芦屋で降りて 芦屋川沿いを歩く

002_800x600
芦屋川は水が全然ありません こんな芦屋川は初めてです

海に到着 ビール片手にゆっくり観察

ここは家族連れが多い しかしほとんどの家族連れは釣れていない

釣れている人はたしかにいるのだが その他の人は全然釣れていない

釣れているのはサヨリ 家族連れはサビキで深いところを漁っている

サヨリは水面下すぐのところで釣れている

003_800x600
私はビールアンド弁当 サヨリをどんどん釣っている人の後ろでゆっくり観察

リュックにはアジ用のジグヘッドと疑似餌しか入れていないので竿は出さずじまい

南芦屋浜の釣り場を隅から隅まで見学して3時半ごろ帰りました

004_800x600
例によって阪神電車をなんばまで寄って 駅中の豊祝で1杯飲んで帰りました

燗酒の奉祝セットと生ビール 850円 これを生ビールの奉祝セットと燗酒を頼むと同じ内容なのに770円 ムフッ 次回はこの注文方法で飲むか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ釣り復帰するか

日曜日のマラソンの打ち上げの居酒屋で 釣り好きの人が来ていた

以前にも会ったことがあって 須磨海つり公園の釣れるスポットを聞いたことがある

彼は大きめのアジを釣る場所を知っていて そこで釣ったこともあるが全然釣れなかった

よく話を聞くと時間帯が悪かったらしい

須磨海つり公園では8月の末になると ピタッとサビキ釣りが効かなくなる

彼が釣る時間帯は完全な夜釣りだった

私は日が暮れる頃納竿していた

というのもサビキ釣りは道具が大変で真っ暗な中帰り支度は難しい

水汲みバケツ エサの吸い込みバケツ クーラーその他 荷物が結構多い

しかもきちんと水洗いしなければ臭くてたまらない

彼はアジングだ 釣竿1本 エサもワームを使うから準備も簡単 

私もアジングをしたいのだが もう一つ要領がわからない

本を買ってきて勉強

とりあえず 今持っている竿とリールでやってみようと思う

ジグヘッドとワームだけ買い求めればOKだろう

もちろん本格的にするには軽い仕掛けを遠くに飛ばす竿がいるのだろうが とりあえず手持ちの竿でやってみよう

釣れても釣れなくても良い 海が見れればそれでいいのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジ 1束釣り

昨日は8月最後の日曜日

目が覚めると9時だった 久しぶりにゆっくり寝た 9時まで寝るなんて年に何回もない

午前中 釣具のチェック なにしろ今年初めての釣行だ

案の定 さびきの仕掛けが切れていた あわてて釣具屋へ 

ヒヤムギでお昼を のど自慢を見ながら食べる

2時過ぎに阪神電車に 3時半ごろ須磨浦公園に着く

公園から見ると 釣り公園にあまり人影がない

さすが この暑さでは釣り公園も暇か なにしろ日陰がない(休憩塔以外太陽をさけれない)

第4釣り台へ 右左5メーターは開いている 充分に竿をふれる

第1投からアジがかかる 1投するたびに1匹か2匹釣れる

Rimg0563 この間 釣具屋をのぞいた時買っておいた 魚ばさみが大いに役に立つ

手が汚れない 魚が痛まない 

釣り上げたアジをバケツに放り込んでおくと 5分ぐらいで腹を上に向ける

それだけ暑いのだ 釣り上げれば即クーラーで氷締めすることにする

201008291148 ペースは落ちず 6時半ごろエサがなくなったので釣りを終了 ゆっくり後かたずけをして 周りを見て回る 

おばさんがタコを釣り上げるのを目撃 1.8メートルほどの竿だがタコに負けずに引き寄せる

隣の若者がタモですくい上げる

エサはなんですかと聞くと 秋刀魚の切り身といわれた

釣りは奥が深い こんなちゃちな竿と おかずの残り物で楽しめるとは

これからはエサがなくなると 釣り上げた魚をさばいてエサにしよう

持ち込んだおにぎりでビールを飲む 

宵の明星がこんなにも輝いているのかと驚く

9時に九条駅にもどる 島下酒店に寄り 友人3人に魚を分ける(40匹ほど)

家に帰り 残った魚の内臓を取る 皮をはぐのはもう明日にしよう とにかく数が多い

1束釣りだ 100匹以上 当分アジ釣りはしたくない

シャワーを浴び レトルトのカレーを食べて寝る

明日は料理本とにらめっこだ

| | コメント (2)

アジング

神社の夏祭りの準備(獅子舞)で 忙しくしています

忙しくなると 休みにはなにをしようという考えがむくむくと頭をもたげます

今年になって 一度も魚釣りに行っていないことに気づきました

アジを釣りにいきたいなー と思いネットを検索すると アジングというのにあたりました

疑似餌でアジを釣るというのが 新しい釣りとして注目されています

まあ2年ほど前から メバリングとしてメバルを疑似餌で釣る方法がはやっておりました

魚の世界は みんなが思っている以上に 弱肉強食の世界で 魚は魚を食べます

スズキから始まり メバルもアジもルアーで釣るというのが最近のトレンドらしい

これならエサの心配はいらない 思い立ったらいつでも釣りに行ける

今年はアジング用のサオを1本手に入れよう そしてアジの1本釣りをしてみようと思う今日この頃です

お暇な人はこちらをご覧ください http://player.video.search.yahoo.co.jp/video/ee7ec16294f0bac78d308157db6c8af5

| | コメント (0)

サオがない!

とりあえず昨日のアルコールを書いておこう

昼に日本酒1合 200kcal 缶ビール500ml 200kcal

釣り場で缶ビール 350ml 2本 280kcal

島下酒店で ウイスキーダブル 150kcal ワイン2杯 200kcal 

ビール500ml 200kcal

家に帰ってチュウハイ 1杯 100kcal 以上1330kcal ご飯お茶碗9杯分だ

日曜日とはいえ 驚きだ こんな数字を目の当たりにして ダイエットノートは効果がありそうだ

ルンさんや団塊おやじさんも自分の食べたものの多さにびっくりしているのだろうか

昨日 残したままになっている片づけ仕事をやろうと思っていると朝から嫁さんにスーパーの買出しに付き合ってといわれる 午前中がつぶれてしまった

朝のうちにそこそこ片付いたら 昼から釣にでも行こうと思っていたのだが

昼ごはんのときに酒を飲んだら それもどうでもよくなって 結局は釣りに行く

今月で期限が切れる回数乗車券があと1枚残っているのだ

1枚というのが中途半端だ 5枚分の料金で7枚切符が買えるのだが どうして奇数なのだろうか 帰りの乗車券は買わなければならない 

1枚を無駄にしないため 帰りの切符を買う (ダム工事を続けたほうがよいのか やめたほうがよいのか と一緒の悩みだ)

3時半すぎ 釣公園に入る もちろんラジオからは競馬中継が流れている

アチャー 神戸新聞杯外れてしまった 今年の3歳牡馬は戦国時代みたいだ 抜けた馬がいないぞ

さて 釣だが 今日も釣れていないようだ エサを買うときにどこらへんでアジは釣れている? と聞くも いまは来ていない 夕方には来るかもしれない と返事された

とりあえず前回と同じところに竿を出す まあ釣れていないからゆっくりと用意できる ビールも飲める

仕掛けをセットして釣り始めるが なにも釣れない サビキのエサになにも寄り付かない

竿をそのままにしておいて周りの視察に出る (普通だと仕掛けを海の上に出しておくのだが その時はなぜか海中にたらしたままだった)

2~3分して戻ると 竿がない 跡形もない 2~3メートル離れたところの人に聞くも 竿をたてかけているのは見ていたが あとは知らないという

きつねにつままれたようだが 仕方がない もう1本の竿をだし準備をする

あいも変わらずなにも釣れない 場所を内側に移動する 目の前を1メートル以上の大きなエイがゆっくりと泳いでいる たぶんこいつが竿を奪った犯人だろう

さて 内側に移っても何も釣れない 不思議なことに1家族連れだけがポツリポツリアジをあげている その付近は私を含め 誰一人釣れていない

小学生の女の子が釣り上げるのをみんなうらやましく見ていた おじいさん お父さん お母さん 女の子二人 男の子一人 私はその家族の横だが 見事に釣れない

よく観察すると 鯛の釣堀のそばで釣れている ようするに回遊してきたアジではない 釣堀のエサのおこぼれに預かる居付きのアジみたいだ

また珍しく潮の流れはほとんどなかったから(須磨でこんな状態にぶつかるのは本当に珍しい) 回遊はしていないようだ

それでもまわりでサビキのエサをまき続けるものだから アジも徐々にこちらのほうへ出てくる そんなアジを狙って なんとか15~6匹あげた それで精一杯だ

そばで釣っていた親子3人連れはなんとか3匹あげて一人1匹のおかずになったようだ

私はサオを1本失った(もちろんリールも)が これも経験かと思っている

もうそろそろ 須磨でのサビキは終わりだろう   

| | コメント (2)

鯵(アジ)釣

昨日の日曜日 朝からジムで水中歩行をしながら なにをしようか考える

普段なら第1日曜は囲碁の勉強会があるのだが 先週合宿をしたため今月は第2週になっている

森信雄杯を見に行こうかと一瞬考えたが 須磨行きの回数券がまだ三枚残っているので (期限は今月いっぱい) 釣りに決定

昼ごはんを済ませ用意をする 2時半九条駅から電車に乗り 3時半に須磨浦公園に到着 今日は乗り継ぎがすんなりいけた

前回の第4釣台に場所をとるも まわりでは鯵があがっている気配はない ゆっくりビールを飲みながら周りを観察をする なぜか今日はゆったりとした気分だ 海のにおいをかぎながらゆっくりとした時間をもてた

さて 竿を出すも 最初の1匹はいさぎであった となりではふぐを釣っている やはり鯵はいないようだ

係員が回ってきたので 今日は鯵はいないねと声をかけると 内側に群れているよとのこと みんな外向きに竿をだしていたのだ 

さっそく 竿だけもって内側で釣るとすぐに鯵がかかった すぐさま荷物を移動 釣り始めるとどんどん釣り人が移動してきた

となりにはおばあさん二人連れが陣取る このおばあさん達 最初の場所でも隣で竿を出していたのだ 今日は釣れないねーと言葉を交わしている

ならんで竿を出す よく観察すると とても手際がよい 釣り上げた魚を取り込むのも早い

私と同じようなペースで釣り上げていく 年を聞くとひとりは75歳 もう一人は60歳だった

月に数回ここに来ているようだ なるほど 私が鯵を釣り上げているのを見て すっと横に陣取ったのもうなずける

最初ビールをもって周りをぶらついた時 親子連れが釣っていたのだが 竿を全然動かさないでいたので サビキ釣の仕方を教えてあげたのだが このおばあさん達には教えることはなにもなかった

6時過ぎ あー疲れたといって帰っていった (二人で40匹はあげていただろう) 私も6時半頃納竿 周りが明るいうちに帰り支度が出来た なぜか今日は最初から最後までゆったりできた

帰りも電車の連絡がよくて1時間で帰れた 帰り道 島下酒店(立飲み)で1杯やる

近所の友人二人にボールを持っておいでと呼び出し鯵をわける もちろん島下酒店にも分ける するとさっそく料理をして出してくれた

だいぶクーラーが軽くなったので 残りを風呂上りにさばいた 料理は明日以降だがなににしよう やはり小麦粉をまぶしてからあげかなー 前回とてつもなく美味かったから

R0010389 夢人のお料理教室

アジの腹を上にしてムナビレのあたりをつまむ 引っ張るとエラと内臓がとれます きれいに水洗いをして 頭の部分を手に持ち後頭部のあたりから皮をはぎます きれいにぜいごの部分もとれます 包丁は一切使わず

ここまで私がします(させられます) あとはさしみでも 塩焼きでもどうぞ 今回は頭を落とし 開いて 小麦粉をまぶし塩コショウをしてからあげにするつもり (この過程は嫁さんがします) しかしきれいなアジです 尻尾も真っ黄色です これぐらいの大きさになると骨もぜいごも堅いので南蛮漬けはちょっと無理のようです  

| | コメント (2)

8月15日釣りに行く

夜 8月にすればメチャクチャ涼しい夜だったが なぜか眠りは浅かった

今日は釣りに行くよう決めていたのだが お盆に魚釣りをして良いものだろうか

海から何本も手が出て海に引っ張り込まれる夢を見た

嫁さんと次男は 嫁さんの実家へ行く 次男に私の名代だからよろしくと言っておいた

実は嫁さんの実家へ行くのがイヤなのだ 下戸の一家 碁も将棋もしない一家 行っても楽しくない 時間のつぶしようがない しかも昼は全員でマグロのように昼寝

なんで自動車を運転したり 電車を乗り継いで行って 昼寝をしなければならないのだ

だから 今年は初めて嫁さんと次男(嫁さんのコピー)だけに行かせた

私は昼過ぎから須磨に釣に行く

今日はクーラーに冷蔵庫の氷を全部入れていった 3時過ぎ海釣公園に入る

エサはサビキ用と ウキ釣用のアオイソメを購入 一番陸よりの第4釣台で釣りをする

アジを釣るには沖に出るより陸地に近いほうが立地が良い

でも最初は隣で釣っている家族連れのほうが成績が良い 私はあまり連れていない

若潮で潮はあまりきつくないはずなのに午後6時が満潮で そこそこ厳しかった

私の撒き餌はすべて家族連れのほうに流れて行き そこがベストの釣り場になっていた

5時過ぎに家族連れは帰る それからのんびり釣っていたのだが 満潮の6時にかけて入れ食いになってきた

海面下すぐでアジがかかるようになった サビキのエサは切れかかったが エサなしでもアジは釣れた

7時に納竿 ウキ釣用のエサは丸残り これは明日夕方にでも淀川へ行って釣りに使おう

さあ 明日は釣った魚と格闘だ 今からユーチューブで魚のさばき方の勉強をしよう 

| | コメント (2)

競馬の祭典

競馬の祭典 ダービーが近づいてきたが どうもテンションがあがらない

バイオリズムの下降期であろうか 頭の中は金曜公開のスタートレックでいっぱいだ

今シーズン どうも これだという1頭が選び出せない 神の目を失ってしまったようだ

今年の3歳牡馬は レベルが高そうだが どれか抜けているという馬が見当たらない

ここは祭典だ 好きな馬からいってみようか

昔ジャングルポケットという馬がいた レースで勝つと 俺が1番だといななくのだ こんな自己主張の強い馬は見たことがなかった やはり競走馬は 勝ったか負けたかが解るみたいだ

今年この馬の子供が出る 血統がどうのこうのは普段言わないのだが 今回 この馬を応援してみよう

昨日 釣具を片付けながら 日曜の釣の反省をする なにが悪かったのか

風が強かったし 潮もきつかった ウキがなじまなかった というかウキ止めを1箇所しかつけていない ある程度遊動するようにしていたのだが ウキが流されると どんどんタナが浅くなる

道具の手入れをしながら もう1箇所ウキ止めをつける これならタナを固定できる

釣りはこのように道具の手入れをしているときも楽しい どのようにすれば魚を釣り上げれるか 家でも楽しめる

いかんいかん どうも競馬に集中できない

追伸 今潮目を見ると この前の日曜は新月の大潮だった 普通なら釣りに絶好なのだが 須磨では流れがきつく釣には不向きな日だ こんなこともチェックできていなかった

やはりバイオリズムは下降気味なのか   

| | コメント (0)

オークスの反省

朝 9時15分 ラジオみんなの競馬を聞く

東京競馬場は雨 えっ 雨か!

昨晩 追加を考えていた馬券はやめにした

最初に頭に浮かんだ馬券 ブエナビスタの単勝 これで投票していれば 3000円購入で4200円の払い戻しだ

次に変更した買い方 ブエナから3頭へ馬連 これならば 3000円が3200円になる まだ黒字だ

最後に買った馬券 4頭ボックス 3000円が1600円 取って赤字だった

でも 追加馬券を買わずにすんだ もし買っていたら5000円が1600円になるところだった

このように 変更がだんだん悪い結果にむかってしまった まだ本調子ではない 

さて 昨日の行動 昼 のど自慢を見ながらひやしうどんとてんぷらで昼食 和歌山はみんな歌が上手だ なんてわいわい言いながら食べる もちろんお酒を飲みながらである

食事が済んで 釣具を持って阪神九条駅へ 待望の阪神新線を使っての釣行きだ

1時59分の区間急行に乗る 尼崎で特急に乗り換え 高速須磨で普通列車に乗り換える

いつもなら反対ホームに電車が止まっているのだが 今日はどの乗り換えもホームで待たされた 須磨浦公園につくと3時を10分ほどまわっていた (いつもなら2時の梅田発に乗ると50分ほどで着いていたのに 意外と時間がかかっている)

釣公園で今年度の友の会の入会手続きを済ませる 釣公園はガラガラであった

時期がまだ早かったのであろうか それともインフルエンザのせいだろうか

とりあえず荷物を置いて 休憩塔へ ビールを飲みながらオークスを聞く 

とりあえず取ったが赤字だ

釣りをはじめて少しすると携帯電話が鳴る 大阪は雨が降っているらしい 須磨は私が晴れ男のせいか 雨は降っていない しかし前線が通っているのだろう 時々突風が吹く

常時風がきつく釣には不向きな天気であった 釣りはなかなか釣れない そんな時にあたりが リールを巻くとピクピク手ごたえがあるが鯵のような小魚の手ごたえだ 簡単に釣り上げれた チャリコだった (夜塩焼きでいただく)

その後あたりもなく 突風でエサをとばされる かろうじて海に落ちなかったエサ(半分以下)で釣りを続行するも 6時過ぎにポツリポツリ雨が落ちてきたので納竿

帰りに乗った電車 阪急の三宮行きだった 新開地であわてて飛び降りる こんなことも初経験だ (去年乗った電車はすべて阪神とつながっていた) 三宮で乗り換え 尼崎で乗り換え 帰りもそこそこ時間がかかった

新線 便利かどうかよくわからない

家に着いてビデオでオークスを見る あぶないなーブエナビスタ 単勝を買っていた人は肝を冷やしただろうな しかし何度見ても彼女に瞬発力は感じない

100キロのスピードで走れるスポーツカーには違いがないのだが ギヤチェンジをして一気に50キロから100キロのスピードに替えれない パワーはあるがトルクがない そんな感じだ

しかし 鼻差勝ちですか さすが3歳のウオッカですね

ひそかに見つけていた馬 デリキッドピース 忘れな草賞のビデオを見て ダイワスカーレットのにおいを感じ取っていたが 期待に応えるレースをしてくれた 内枠だったらもっとおもしろかったのに

ブエナビスタの留守の間は レッドディザイアとこの馬が2強で頑張ってくれるものと思う

| | コメント (0)

楽しかったオフ会

土曜日は意外とテンションが下がっていて 団塊おやじさんやルンさんから心配をされた

私らしくないブログであったらしい

日曜日 朝6時前から起きだす 若い頃のように日曜日だけゆっくり眠るというのが出来なくなってきた いやがうえにも年はとっていくものだ

7時過ぎに 一番細い竿と水汲みバケツ (中に仕掛けやエサやタオルを入れる) だけを持ってバス停へ

な なんと 7時台にはバスは1本しかない しかももう出ていた 大阪駅と大阪港を結ぶ路線がこんな状態とは思ってもいなかった 

一旦家に帰り 次は立ち食いうどん屋に行き腹ごしらえをする

8時16分のバスに乗って天保山へ 終点で降り 天保山公園をウロウロ 海遊館のあたりで釣りをしていて けっこうなアジがあがっているという情報を人づてに聞いていたが 場所がどのあたりかわからない

20081109876 安治川の渡しが見えてきた 対岸のユニバーサルスタジオのあたりまで船で渡してくれるらしい

しかし釣り人の姿は 0

少し戻り 関西汽船?の乗り場跡に行ってみると釣り人の姿があった

それよりも 黒塗りの自動車が何十台も止まっている 韓国やらカナダやらいっぱい国旗のシールをつけている 何事だろうと見ていると 目の前に大きな船が着岸した

20081109877 20081109879

ふーん 世界旅行をする船だろう でも乗客はあまり降りてこなかった これから乗船して出発するのだろうか

釣の準備をする 今日は場所の下見が目的だ

だから クーラーも持ってきていない 釣ってもリリースするつもりだし 場所柄 釣った魚は食べれないだろう

20081109880家族連れがイワシを釣り上げていた 初めてのような若い女の子もアジを釣り上げていたが 釣り方が下手だったらしく 仕掛けはぐるぐるにからんで使い物にはならないようになってしまっていた

私はサビキの仕掛けを持ってきていなかったし エサも冷凍庫に入れてあったアミエビだけだったので 釣果は 0 でも想定内だ 今日は下見

1時間もすると雨も降ってきたし納竿して戻る

昼ごはんを家族と食べ サウナに寄り魚のにおいを落とし いざ売布神社へ

今日はモリノブさん ルンさん夫婦とオフ会だ

4時ごろ教室へ モリノブさんに3局教えていただいた 手合いは貧乏将棋といって (週刊将棋の漫画にそう出ている) 王さんと金さん銀さん それと一列に並んだ歩

こんな将棋は初めてなので 手薄な両端から攻めてみようかなと思った でも攻めは1点に集中する方がよかったらしい 2局目3局目はうる覚えの棒銀で指してみたが うまくいかなかった さすがプロだ

でも将棋とはこう指すものだという雰囲気はわかった

200811098816時過ぎにルンさんと3人で居酒屋へ

駅のそばで 創作料理の店 わたしはこの創作料理というのは あまり得意でないのだが どの料理もおいしかった やるな宝塚も

お酒もたくさんいただいた 4合注文し大半は私が飲んだ

将棋に 競馬に 楽しい時間を過ごせた

20081109883 20081109882 20081110887

モリノブさんからは将棋の駒をプレゼントされた

2種類から選んだのだが 一方は大ぶりの元気のいい駒だった いただいたのは 小ぶりの上品な駒のほう 

駒袋も初めてなので気に入っていた それと王将の王という文字が 縦棒が太くて力強かったのでこちらを選んだ 全体に均整が取れていて 上品と言う以外ない

書体は水無瀬流らしい 金将と銀将の将という字が違うくずし方である (月山作) 

さあ 今日から将棋の勉強だ

競馬は 今年の私の成績は的中率5割で 回収率が300パーセントほどであるが その秘訣を伝えたのだが うまく伝わったかどうか 解らない

2年ほど前は 競馬必勝法を見つけるぞ と意気込んでいたのだが その時と今では違う買い方をしている 当時は自分の予想をいれずに 客観的に儲かる方法を探していたのだが 今は自分の推理が100パーセントだ

なにを元に推理するかを伝えたつもりだが 今後の二人の馬券に注目だ

しかし 久しぶりに楽しい一時であった モリノブ様 ルン様 ありがとうございました

| | コメント (4)