病院に検診を申し込む

退院以来いまが一番調子が悪い
たぶん先週寒さがぶり返したことに原因があるのだろう
明日午前中に関西電力病院に行くことになった
今日アイフォーンに入力してある 血圧 脈拍 体重をエクセルに打ち込んだ
退院して3ヶ月近くなるが 1日たりとも体が良くなっているとは感じたことがない
毎日6種類もの薬を飲んでいるのに
血圧の数値はそんなに悪くないぞ 脈拍は去年まで60そこそこだったのに今は80そこそこだから少し不満があるが まあこんなものだろう
体重は運動が何も出来ていないから62キロを維持するのが難しい
私は息ができないと言って病院に行った 呼吸器科で診察を受けたがすぐに循環器内科に移された
肺に血が溜まって息がしにくいが 原因は心臓のヘタリに原因があるとみなされたのだ
飲んでいる薬は全て心臓用の薬だ 肺や気管支の薬は出してもらっていない
明日は気管支の診断を受けるつもりだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通院2回目

退院してから2回目の検診があった
前回 体重が増えて またまた肺に水が溜まっていたが 今回のレントゲンではきれいに消えていた
利尿剤様様だ 体重も今日は63.9キロ パジャマを着て測っているから 本当は63キロほどだろう もう1キロ、2キロ減らしたいものだ
しかし 検診1回目も2回目も寒い日だった そういえば入院した日も寒かったし 退院した日も寒かった
次回は2ヶ月先(70日先)に決定 4900円支払って 薬局に行く
薬が多いので夕方取りに行くことになった
夕方取りに行くと 薬代16000円ちょっとの請求 あいにく手持ちが15000円しかなかったので明日取りに行くことに
高いなー診察代も薬代も こんなに高い薬を一生飲まされるのか 
なんとか薬に頼らない生活を目指したいものだが 医者の言うとおりにしていては脱却できないのだろうな 向こうも商売だものなー
体に無理をかけない スロージョギングを復活させようと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰でした

ブログ ご無沙汰をしております
実は1月20日より 入院をしておりました
夜寝ていてもハアハアと息が苦しくなり 眠れませんでした
19日 弟が近所の病院に診察に来ているので行きました
レントゲンを撮り CTを受け 翌日大きな病院で再検査となりました
肺に水が溜まっているそうです 水の中にいて息ができないのであれば顔を水から出せば息ができます しかし陸上にいて息ができなくなればどうすれば良いのか分かりません
翌20日 紹介状を持って 関西電力病院へ 
即入院が決まる 脈拍が140を超えていたし 血圧も下が120を超えている
弟は肺ガンを心配したがそうではなかった 呼吸器科で問診を受けたが すぐに循環器内科へ回された 肺に原因があるのではなくて心臓に問題があった
心臓が弱って 血液が循環しなくなり 肺やら足に血が溜まるそうである
うっ血性心不全 心電図を撮りに行くのも エコーを撮りに行くのも 車椅子に乗っての移動である
いつ コテっといってもおかしくない状態だったらしい
2週間入院する カテーテル検査で心筋梗塞はないというのがわかったし 肺の水も抜けたので退院したが 退院後2週間ほどで4キロも体重が増えた
これは良くない兆候だ やはりまた肺に水が溜まってきたらしい
利尿剤の薬が増えた 今は利尿剤のお陰で体重をコントロールできている
血圧もコントロールできているが 脈拍だけが80以上だ 
以前はいつでも60以下だったのが どうしても下がらない
まだまだ私の心臓はへばっているらしい
 
Img_0747_800x800
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インフルエンザ?2

今日は昨日以上に暖かく さすがの私も寒さを感じなく楽であった
しかし今年の天候は超異常だ
神戸マラソンの日は急に暑くなった 2~3日で元の冬日にもどる
また昨日今日は9月のような暖かさだ
皆さん体にはご注意を
私は二日に1度の早朝ジョギングのお陰でかなり抵抗力がついているのであろう
1日寝ればかなり回復している
しかも今日の暖かさのお陰でどうやら発病は免れたらしい
ジョギング様様だなー まあ今週はおとなしくしておこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ?

朝 布団の中にいるときから寒かった
体のふしぶしも痛くて ジョギングに出るのを止める
午前中 店にいても寒くて仕方がない
暖房を入れる
息子に聞いても お客さんに聞いても 今日は暖かいと言う
昼ごはんはコタツに電源を入れてそこで食べる
息子の昼食が終わって 店を任せて病院に行く
幸い今日木曜は弟の診察日だ
さっそくインフルエンザの検査
幸いにも陽性は出なかったが 今朝の発病ではまだ検査に引っかからないらしい
病状は限りなく黒に近い 鼻水も出ないし咳も出ていない ただただ寒くて 体のふしぶしが痛い
夜店を閉めると 熱燗を1杯 おじやを1膳食べて布団に潜り込んだ
12月11日には奈良マラソンの10キロの部に参加しなければならない
治るだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気?

暑い日が続きます
こんだけ暑ければ空いているだろうと思って 一休温泉へ行ったが結構混んでいた
送迎バスの中でポケモンをしていたのだが これがけっこう出来るのでびっくり
信号でとまった時にポケモンにボールを投げたりする 市バスなら停留所が多いのでもっと上手く出来るだろう
もっとびっくりしたのは 一休の駐車場がポケモンのジムになっていることだ もうバスの待ち時間には困らない
それよりも もっとびっくりしたのは体重が66.7キロになっていたことだ
そもそも65キロを超えれば緊急事態なのだが それを大きく超えている
なぜ 二日に1度はジョギングをしているのに (神戸マラソン参加のため)
しかもこの暑さの中 こんなに激太りしてるとは 60キロに戻すにはどうすればよいのだろう
もう食事制限しかないのかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の根を抜く

ゴールデンウイーク後半の歯の痛みの元 割れた歯の根をやっと抜きました

麻酔を打ってペンチで (今の新しい歯医者だとペンチなんか使わないそうだが)

麻酔を打っていても抜かれる時は痛かった 帰りぎわに見ると根は長さ1センチ以上あった

11時からでしたが 昼ご飯になっても麻酔は抜けず 宍戸ジョー状態

なんとかレトルトのカレーを流し込みました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予約より早く行く

参りました 二日間流動食ばかり

たとえ うどんやそばも 噛むものは一切食べれません

何しろ上の歯と下の歯が触れれば 飛び上がるぐらい痛いのですから

それと化膿止めの薬が手元になかった 化膿止めの薬って薬局で売っているのだろうか?

痛み止めの薬は以前病院から出してもらって余っていたのがあったので飲んでいましたが

歯が触れ合わない時に感じてる痛みは止めれますが 触れた時の急な痛みには効かない

歯医者の予約は11時だったが オープンすぐの10時すぎ電話を入れて 即見てもらうことに

多分今日は治療は無理で飲み薬の処方だけだろうな と思っていたが麻酔をして歯をガリガリ削る

まあ顔が宍戸錠をもっと膨らませたような顔になっているものだから 歯医者もなんとかしなければと思ったのであろう

実は日曜日の朝 歯磨きをしていると (左方面の傷んでいるところは歯ブラシが触っても痛い) 右の上の奥歯がポロっと抜け落ちた

もちろん自分の歯ではなく 釘がささっている入れ歯だ

最近このケースが多い 年を取って骨がもろくなってきているのだろう

支えきれなくなって抜けるということの連続だ

加齢は止められないのだろうな それが自然の摂理か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強烈な歯痛です

金曜日 土曜日と歯が痛くてほとんど眠れません

痛み止めの薬は飲んでいるのだが あまり効かない

顔もあごの部分が倍ほど膨れています

以前の帯状疱疹を思い出すが あの時は歯痛だと思っていたが 歯医者に行くと歯を触ってもなんともない 歯ではないですよと言われて耳鼻科に行くと 帯状疱疹です 大きな病院の紹介状を書くからすぐ行ってくださいといわれる

そして即刻入院

今回は歯が痛いのは確実だ 治療している下の歯が 咬み合せで上の歯と接触すると 飛び上がるぐらいの痛みがある

普通に噛み合わせると接触することはないのだが なにかの拍子に触ってしまう 予期していないときに痛みが走るものだからたまらない

今回のゴールデンウイーク ジョギングは25キロほど走っている 体の調子が悪いことはない ただただ歯が痛いだけである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯が痛い

差し歯をしているところの根が割れてグラグラしていた

その根を抜くことにした

麻酔を注射で3箇所も打たれ ペンチで引っこ抜かれた

仮の差し歯を入れ その日の治療は終わったが 痛み止めの薬は出なかった

根を抜いたらもう痛みは出ないのであろうか

が 夜中2時頃目が覚めて それから眠れず

私は夜寝ているとき 歯を噛みしめていることが多い

その日も仮歯が大きかったらしい

眠ると力が入り上下に圧力がかかる

それが原因で根が割れたのであろう 下の歯も根が割れていて治療中だ

今日治療に行って かみ合わせが悪いのでもう少し削ってくださいと言う

歯の高さを低くすると 痛みはなくなりぐっすり寝ることができた

今度行けば 仮歯が少し出っ歯になっているのでそこを直してもらおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧