禁煙はむつかしい

昨日 大学時代からの友人から 電話をもらいました

無事 退院したそうです 2週間ほど前 見舞いに行って 禁煙セラピーの本を渡しておいた彼です

禁煙できたかどうか 興味があったもので聞いたんですが 禁煙してません というか 本を読んでいません

本を読めば 禁煙できるのはわかっているんでしょうが 禁煙する気がないみたいです

ちょうど 見舞いに行った日 彼の奥さんと娘さんが来ており 娘さんも 知り合いがこの本で禁煙したというようなことを言っておりました

彼は 癌の放射線治療のため 2週間の入院でした 治療に要する時間は 毎日15分ほどです あとは有り余るほどの退屈な時間 読もうと思えばいくらでも読めたはずです

そうです 彼はやさしい病気の患者さんです 人は自分の残り時間はわかりませんが この病気は あとどれくらいです と教えてくれます

そんな人間には 健康のため タバコをやめようなんて考えもつかないのかも知れません

彼は 放射線治療は2度目です 去年の初め 3ヶ月ほど入院して治療を受けています

それまでは ホルモン注射の治療を受けていました

実は 私としては 無頓着を装って 彼が健康のためにタバコをやめる気になるかどうか 試したのです

タバコをすって 穏やかな人生を過ごすことを願ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに禁煙セラピー

本を整理していたら 禁煙セラピーが出てきました

もう この本のお世話にはなっていませんが 久しぶりに読み直しました

第30章 禁煙すると太るって本当? という章があったのでじっくり読みました

禁煙するとニコチンの欠乏感をまぎらわすために 食べ過ぎたり 飲みすぎたりするとあります

しかしニコチンの禁断症状が消えれば 嫌な不安感はなくなり 自尊心という素晴らしい感覚と勇気が戻ってくる そうすると食生活はもちろんのこと すべての生活習慣を つまり自分の人生を自信を持ってコントロールできるようになる

まったく私にあてはまります 確かに飲みすぎです でも今は生活習慣を理性をもってコントロールしようと頑張っております これができれば100パーセントタバコから卒業ですね

そして メタボ戦争に勝利です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙 最終章

禁煙 明日で1ヶ月になります 無事すべてをクリアーしました もうこれ以上ブログで書くことはありません

3週間が過ぎて 少しゆらぎましたが もう大丈夫です というのは 昨日の出来事

お客様でタバコをすう人がいました すっと灰皿を差し出しました 対面で 目の前ですわれました 私は咳きごむのを耐えるので精一杯でした お客が帰った後 扉全開で空気を入れ替えました

私の体 タバコをすえなくなっていました 頭はすっている時のイメージを追いかけてますが 体は変わってしまいました もしこれでタバコをすうには 人生で最初にタバコをすった時のように とてつもない試練を受けなければなりません

くらくらめまいがする はきけを我慢する それらの関門をくぐりぬけて タバコをすえるようにならなければなりません

そんなことをもう一度経験するつもりはありません

人生やりなおせて それをもう一度つぶす気にはなれません

ということで 禁煙のコラム 本日で終了です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

禁煙ブログ

昨日 禁煙がつらくなってきた と書き込みましたら 早速応援のコメントをいただきました

特に 将棋の 森信雄プロ わざわざコメントをいただきありがとうございます

禁煙 お酒を飲む場所での禁煙 これが一番むつかしいと思っていたのに 一番苦労しませんでした

次に 考え事をするとき 仕事でも 碁を打つときでも これは最初苦労をしましたね

でも 慣れました インターネットで碁を打つときは タバコのすえない部屋でしたので タバコすわずに打ててました その分囲碁サロンではぷかぷかすっていましたがね

いま 一番苦労しているのは 一人でいるとき 何もすることがないときです たとえば一人で喫茶店に休憩に行った時です 禁煙する前だったら 30分ぐらいの間に 5~6本タバコをすってました まさにチェーンスモーカーです

禁煙してからは 自分はどうするんだろうという興味をもって 客観的に見ていましたので そんなにも退屈はしなかったんですがね 3週間もたつと面白味もなくなって 退屈です

ニコチンの禁断症状ではないんですよね もう3週間以上たっていますから

だから禁煙というのは とどのつまり頭の中の問題なんですね でもこれだけ見守ってくださる人がいるということを頭にたたきこんで 頑張ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙 苦しいです

ここにきて おかしな感じです この2~3日 タバコをすいたい すいたい

禁煙ブログ 何回もお邪魔しました 

3週間で ニコチンの禁断症状はおさまると書いてあります

私の場合 この3週間 禁断症状は全然おとずれておりません ものすごく楽でした

でも 3週間が過ぎた頃から タバコをすいたいという欲望にかられます

ようするに 私の場合 ニコチン中毒は関係なかった 心理的中毒だけのようでした

喫茶店にいっても手持ち無沙汰です 仕事をしていても 手持ち無沙汰です なにしろ1日に3~4時間 タバコをすうことに消費してきた人間ですから

この手持ち無沙汰の解消法 なにか見つけなければ 

今までは 私はどのような対応をするのだろうという 客観的な視点で時間をつぶせていましたが 3週間も経つと新鮮味がありません

ようするに暇が悪いのですね タバコの事を考えるなんて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今朝の夢

今朝見た夢 夜中起きたときには はっきり覚えていたんですが 朝 時間が経つとあやふやに

タバコをすっていました 夢の中で!

昨日立ち飲みやへ行った時 私の禁煙が話題に上りました それが頭にひっかっかていたんですかね 夢の中でタバコをすいました

しまったと思って目が覚めたんですね 1本の恐怖 禁煙セラピーの本に何回も出てきます 禁煙をして もう3週間になります そろそろ禁煙をしているんだということを忘れかけます

禁煙が無意識になった頃 無意識のうちにすってたタバコに手がでそうになります これが3週間から1ヶ月のうちにおとずれる罠ですか

でも今回 この罠も無事通り過ごせたと思います めでたし めでたし

(しかし おまえはもう喫煙をコントロールできたんだ という悪魔のささやき やはり禁煙は奥が深い 難しいものです)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喫煙の後遺症

昨日のG1 見事はずれました 私布団の中でラジオで聴いていました

ちょっと この4~5日 体調が悪くて 土曜日は半日 日曜日はほぼ1日寝ていました

というのは この1週間 タンがきれにくくなり (非常にねばったタンになった) のどや気管がやけたような感覚が出てきました

今朝 知り合いのお医者さんに予約をいれておき 胸のレントゲンをとってきました

やはり 人間は (というか地球上の生物は) 煙をすいこむようなつくりにはなっていません 煙をすいこむということは 体に強烈なダメージをあたえています

ふつうなら 体からの悲鳴が聞こえるのですが (現在の私のように) その悲鳴が頭に届かないようにニコチンが働きます

喫煙が体に悪いのは ニコチンそのものではなく 煙をすいこむことによる口中や気管の炎症 肺にたまるタールでしょう ニコチンはその悲鳴が耳にとどかなくしているだけです

もちろん 私は医者ではありませんので 私の実感がそのまま正しいとは申しませんが1日60本ものタバコをすってきた者の感じです

このあと1週間 いや1ヶ月 いや1年 どれくらいの間 体を痛めつけた つけを払わなければいけないんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくりしました!!

びっくりしました 昨日禁酒セラピーって本ないでしょうか と書いたんですが 今ためしにネットで調べてみると あるんですねー

しかも 禁煙セラピーと同じ著者と訳者で

ここまで来ると ちょっとうさんくさく思えてきました せっかくタバコがやめれたのに

この本は 読むのをやめておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁酒セラピーってないですか?

お酒 いつでもやめられると思っていたんですが すこしおかしな雲行き

昨日 3軒はしごをしたら 3軒目後半から記憶がありません

どのように家に帰ったのか? どのようにふとんにもぐりこんだのか?

この頃 よくお酒に飲まれます 

禁煙セラピーって良い本があるのに 禁酒セラピーという本はないのでしょうか

今日の昼 大学時代の友人と お茶をしてたら すぐに灰皿はタバコの山 いつもだったら彼が火をつけると 私も負けじと タバコのすいあいをしていたのですが 今日は 彼一人だけ

見ていると なにかこっけいでかわいそう 私もついにこの境地に達したかとうれしくなりました

お酒 やめられるんでしょうか やめなくてもよいのですが もう少し量をへらさなければ

それとも タバコのように オール オア ナッシングで きっぱりやめなくてはいけないんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業試験も合格

昨日 月に1回の囲碁の勉強会でした

これで本当にタバコから 卒業できたかどうかわかります

12時半頃から6時過ぎまで 以前ならこの間に2箱(40本)はすっていました

思い起こせば 最後のタバコ 囲碁を打っているときでした 禁煙セラピーの本を横におき タバコをくゆらしておりました この本 不満が1点だけ 中ごろまで読んで いいかげんタバコをすうのがいやになってきても タバコをすってもかまいませんと書いてあるのです

私の胸ポケットには すいさしのタバコの箱がはいっておりました 10何本か入っていましたね 捨てるのはもったいないという気持ちと すいなさいと書いてある本にあと押しされて すべてすってしまいました

いまから考えると 私の最後のタバコ 囲碁を打ちながらなんて とても私らしい 思い出すだけでも感動的ですね

で 昨日 当然のように 1本もすっていません 100点満点の卒業試験でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)