« ブログとフェイスブックの差 | トップページ | 通院2回目 »

マラソンの辛さ 怖さ

びわ湖毎日マラソンを見る
マラソンの過酷さがよくわかる
35キロぐらいまで日本人トップを走っていた 村沢選手 残り7~8キロで28位まで落ちてしまい 病院へ搬送された
学生の雄 青学大の一色も途中棄権で病院へ搬送
やはり初マラソンや2回目ぐらいではキャリア不足か
私も去年神戸マラソンに当選して6ヶ月 満足な練習をして これ以上ないという状態で出たはずなのに 9キロ地点で関門通過できなかった
過去 3回走ったクオーターマラソンで そんな関門など問題にしていなかったのに不思議だった
2週間後の奈良マラソン10キロの部は練習もしないで 自己ベストで走っている わからないものだ
しかし年以上の頑張りをしたせいか 今年になって心不全で入院するハメとなった
マラソンは体に悪いというのは よくわかる こんな競技はないほうが良いのだろう
それでもランナーの美しさには憧れてしまう
 

|

« ブログとフェイスブックの差 | トップページ | 通院2回目 »

ジョギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/64979034

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンの辛さ 怖さ:

« ブログとフェイスブックの差 | トップページ | 通院2回目 »