« 囲碁の神様 | トップページ | 年末年始事情 »

コンピューターに対する感覚の違い 囲碁 将棋

コンピューターがチェスを制覇して 残る知的ゲームは将棋と囲碁になった
しかし将棋がコンピューターに負け あと10年は安泰と思われていた囲碁も今年世界トップクラスの韓国棋士がコンピューターに1勝4敗で負けてしまった
しかし 囲碁と将棋では コンピューターに対する考え方がだいぶ違う
将棋は閉ざされた世界のような感じ 自分が一番強いと思っている将棋指しが大勢いる
プロ相手でも勝てると思っていた地方のアマ将棋指しが多く見受けられた
だから 自分が負けると解った時に受けるダメージは非常に大きい
コンピューターとの対戦もなんとか勝負になるように 人間有利にされていたのに それにも気が付いていない将棋指しがほとんどだった
とっくに追い抜かれているのに まだ互角だ 互角だとほとんどのプロは思っていた
コンピューター関係者だけが とっくに人間を超えたことを認識していた
ところがもう誰もがコンピューターのほうが上だと認識した
その後に起こったことが 三浦事件である 対局中にコンピューターの差す手を参考にするという疑惑が起きた
トッププロでもコンピューターの方が上だと考えたのだ 連盟も対応に苦慮 コンピューターに対する恐怖感がありありと感じられる
一方囲碁の方だが 囲碁の世界ではコンピューターは歓迎されている雰囲気だ
趙治勲などはコンピューターがもっと強くなれば 教えを乞うて自分ももっと高みに登れると思っている
囲碁棋士はコンピューターが人間より強くなることに拒否感や恐怖感を持っていない
新しい先生が現れた と感謝しているように思える
しかし昨日も書いたように 果たして God Moves がAIか人間かはまだ分かっていない
コンピューターはしらみつぶしに読むということはできるが 感じるということができるようになったのであろうか
どちらにしても興味深い 

|

« 囲碁の神様 | トップページ | 年末年始事情 »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/64682017

この記事へのトラックバック一覧です: コンピューターに対する感覚の違い 囲碁 将棋:

« 囲碁の神様 | トップページ | 年末年始事情 »