« 人間が勝ちました 囲碁 | トップページ | 京都散策 »

人工知能人間に4勝1敗

囲碁対局 結局 人工知能の4勝1敗に終わってしまった

ネットの生中継ずっと見ていました

前半2箇所の切りに対して人工知能がミスを連発

アマチュア初段の必須手筋 石塔絞り がわからず石を持ち込み

オワだなー と思った 実際生中継も前半のリプレーを流している

右下四分の一が黒地になった 後の部分も危ないところは無し

残った陣地を半々に分け合えば楽勝と目を離したのだが 2時間たっても3時間たっても碁が終わっていない

人工知能は投了ができないのか と不審に思った

解説の王 銘琬も ここから白が勝ったらそれはそれですごいことです なんて言っていた

なのに結果は黒の負け ありえないことが起こった

急にイ セドルの手が縮こまる 石塔絞りの時も 王はプロなら1秒もかけずに打つところです と言っていた場面 イ セドルは何分もかけた

その後も何かにおびえているような手しかでない

左下なんぞ素人が考えても無条件生きがある形 大ヨセで寄せていけば楽勝と見ていたのに

イ セドルは厚みに弱いのか そういえば画面の右に出るコメントに 武宮がでれば勝てますか なんてコメントが

昔 武宮が3連星を引き連れて それまでの棋理を打ち破る快進撃を見せたことがある

人工知能の打つ碁を見て 武宮を思い出す人間が他にもいたのか

せっかく 2勝3敗に持ち込んで アルファー碁はもう見切った と言って欲しかったのだが

また 後2~3手で終局なのに投了するとは 日本の碁では考えられない 無作法である

今回 人間が負けたとは思えない イ セドルが負けただけである

|

« 人間が勝ちました 囲碁 | トップページ | 京都散策 »

ジョギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/63353079

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能人間に4勝1敗:

« 人間が勝ちました 囲碁 | トップページ | 京都散策 »