« 9月の体調 | トップページ | スポコン展 »

口笛と指笛

昨日走ったので今朝は靱公園までウオーキング

街中は大阪や神戸マラソン出場者と思えるランナーが結構走っていました

まだまだランニングフォームが出来ていない人もそこそこいるぞ

さて指笛全然吹けません 口笛は吹けるのになぜだろう

口笛は小学生の頃から吹けていた 吹けるようになるまで苦労した記憶もない

今口笛を吹く 吹く息の量を多くすると音が出なくなるということに気づく

口笛を吹くときは別に舌の位置なぞ気にしない 唇の形だけ気にかける

音程を変えるとき唇の形や舌の位置が少し変化するが そんなことを頭で考えてやっていない

ただ一つはっきりしているのは 吹く空気の量を多くすると音がでなくなるということだ

指笛は大音量である 大きく息を出しているのに音が出るのはなぜだろう

口に左右1本づつの指を突っ込む (ネットでこちらのほうが簡単と出ていた)

口笛を吹いても音が出ない 大量に息を吐いても音は出ない

なぜできないのだろう 不思議だ

|

« 9月の体調 | トップページ | スポコン展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/62310437

この記事へのトラックバック一覧です: 口笛と指笛:

« 9月の体調 | トップページ | スポコン展 »