« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

シチュエーションパズルの攻防

今日は天気が悪いという予報だったので 昨日土曜の夜7時半からジョギングに出た

だから今朝はなにもすることがない

朝の7時からラジオを聞きながら本を読む

シチュエーションパズルの攻防  

銀座のバーを舞台とした推理小説 面白かった

バーを舞台とした小説は 鯨統一郎の邪馬台国はどこですか や 新世界の七不思議 以来だ この2冊はどちらかが出かける時のカバンの中に入れている

コーヒーを飲みながら読んでいたのだが 途中からウイスキー片手に読み進む

日曜朝からのアルコールも良いものだ

かねとしがばなーさん お薦めですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

血圧管理

1ヶ月が経ったので弟の検診を受ける (病院に行った)

今朝の血圧は118-75だ まあ普段は上が140ぐらいだからなぜこの数値かわからないが

でもこの3日ほど薬は飲んでいない

2月14日から血圧管理手帳をつけているが 最初の頃は上が160から180だったから 血圧は順調に下げれている

最初オルメテック20mgを処方された これを13日間飲んだ 平均血圧(上)が168.5

あまり効果が見られないのでアムロジビン5mgを追加される

この2錠飲みが7日間 平均血圧(上)が162.7 まあ後半効果が見えてきたので医者に無断でアムロジビンだけにする こうしないと増量したから効果が出たのかアムロジビンが効いたのかわからない 8日間平均血圧(上)151

弟にはアムロジビンだけ処方してくれと言ったのだが レザルタスLDを処方される

二つの薬の複合剤らしい これを46日間飲んだが平均血圧は153.5

アムロジビンだけを飲んでいる時が一番平均値が低い

それ以降はアムロジビンだけを処方してもらい飲んでいる

この頃は滅多に140を超えないし 夜に血圧を測ると下が50台から60台だ (上は150前後あるし脈拍が80を超える 朝は脈拍は60ぐらいだ)

これいいのか 低血圧でないのか 体が一生懸命血圧を上げようと頑張っているのでないのか

何回も書いているが ずっと薬を飲むつもりはない

なにが変わったのだろう

酒は毎日赤ワインを飲むようになった (昼の食前と夜の食前)

 

ジョギングはスピードを追求せずに走るようになった

 

72パーセントココアのチョコレートを食べるようになった

高血圧でネット検索すると 薬に頼らず血圧を下げる方法がたくさん出てくる (別におかしげな宣伝ページではない)

高血圧の薬は高血圧を治す薬ではなく ただ単に血圧を下げるだけの薬で 治療する薬はいまだ発見されていない

1日も早くこんな薬とおさらばするぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストロベリーナイト

テレビで録画を撮っていたストロベリーナイトを見た

もう一つだった 竹内結子がもう一つだった

しかし原作は誉田哲也の警察小説 結構有名

誉田哲也は武士道シックスティーン等 武士道シリーズが大好きで愛読していたが それ以前にこのストロベリーナイトシリーズの警察小説でブレイクしている作家だ

本を図書館から借りて読んだが こちらもしっくりこない 何回も ここまで読んだからもう先は読まなくて図書館に返そうと思った 結局最後まで読んだが

主人公の姫川玲子がもう一つしっくりこないのだ

女性刑事とすればアンフェアーの篠原涼子演じる雪平夏見が素晴らしい

それと比べると竹内結子がもう一つなのである そして小説の姫川玲子がもう一つなのだ

竹内結子は ジェネラルルージュの凱旋 のちょっと抜けた女医役がぴったりだった

しかし小説の姫川玲子もそんなにスーパーな女性ではないのでミスキャストとも思えない

やはり主人公がもう一つ私に合わない

普段なら読んで気に入った本は買うのだが この本は買わない 続編も図書館に予約をしないだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢者はベンチで思索する

Photo
賢者はベンチで思索する

名前に惹かれて図書館に予約した

作家は近藤史恵

3章からなっていた 最初 近藤史恵の本とは思えない感じがしたが 第2章第3章と読み進めるうちに 紛れもなく近藤史恵ワールドにどっぷりと浸かっていた

21歳の多感な女の子と70歳前後のおじいさん 二人が主人公の物語だ

最初の方は小動物を虐待した過去を持つ引きこもりの弟や 進む方向が見えない主人公の女の子 なんとなく暗い感じがして近藤史恵らしくないと感じたのだが 第3章ではぐいぐい引っ張られてもろに近藤史恵ワールドに

さっそく続編の ふたつめの月 も図書館に予約を入れた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァン・ショーをあなたに 近藤史恵

今週2冊の本をネットオークションで買った

タルト・タタンの夢 と ヴァン・ショーをあなたに だ

どちらも作者は近藤史恵

タルト・タタンの夢は図書館で借りて読んだ

ヴァン・ショーをあなたには図書館に予約をいれたのだが30人待ちだったので ネットオークションで買うことにした

Photo
署名入りの単行本 820円で買えた 定価は1620円 まっさらな本だった

タルト・タタンの夢は文庫本で190円で買えた こちらは定価756円 こちらもまっさらな本だった

なるほどね 本屋が潰れるのも分かる気がする

近藤史恵は清掃人キリコシリーズを4冊読んだ

こんなに読んだあとほっこりさせる本たちに出会ったのは初めてだ

特に今回のフレンチレストラン パ・マルシリーズはパソコンを開きフランス料理の写真集を見ながら読むといったことをしている

食べたことのない料理名がたくさん出てくるので こうしなければわからないのだが これも結構楽しい

どんな味がするのだろうと想像しながら読みすすめている

しかし近藤史恵はどこまで善人なのだろう 生きるのが楽しくなる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

プロ野球観戦

昨日立ち飲み屋でプロ野球を見る

阪神巨人戦 

いまテレビの野球放送はすばらしいものになっていますね

ピッチャーが投げる球 高い低いから外角内角まで総てはっきり見れます

また昨日初めて見たのだがバッター後ろからの打球の画像 ものすごく迫力がある

今までこんな方向からの画像は見たことがなかった

プロ野球を見るのは もうテレビしかないですね

しかしサッカーのテレビ放送は まだまだ改革することがたくさんあるような気がする

上空から全選手を写す画像は絶対必要だと思う

そうすればサッカーというゲームをもっと楽しめる

テニスも上からの画像が欲しい

どちらもゲームにビリヤード的なところがある そんな戦術的なことまでテレビでは見せることが出来るはずだ

もうプロ野球は居酒屋でテレビで見るに限ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商店街から本屋が消えた

ナインモール商店街から本屋が消えてしまった

大きな本屋はもう何年も前に潰れた

残った小さな本屋も先月で閉店してしまった

みんな本を読まなくなってしまったのだろうか

私が小さかった頃 本屋の子供が羨ましくてならなかった

いくらでも本が読める 宝の山に埋もれているようなものと羨ましくて羨ましくて

大きな本屋は同級生だったが本を読むような人間ではなかった (知的な人間ではなかった)

ちいさな本屋の息子も本を読むような人間ではなかった (こちらも知的な人間ではなかった)

もったいない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパン三世

ツタヤでDVDを借りた

ルパン三世の実写版

ネットのコメントはボロカスに書かれているのが多いが 所詮ネットで書き込みをしているのはガキばかりなのだろう

大人の雰囲気がよく出せれていた

黒木メイサの不二子が絶品 ルパンもその他もそこそこ雰囲気を出せれていたと思うのだが

ネットに書き込みをしている諸君 もう少し年を取らなければ この映画の良さはわからないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都構想負ける

都構想 負けちゃいましたね

共産党 頑張りました こんなに力の入っている共産党見たことがなかった

共産党というか 共産党員が自主的に頑張ったようだ

ともかくすごい人海戦術 これだけの人間が休みを返上してよくぞ動いたものだ

それだけ橋下が 公務員に嫌われていたということでしょう

また 稚拙な戦術がぴったりはまった

今日本は4人に1人が65歳以上の高齢者社会だ

年寄りに 怖いぞ 怖いぞ と訴えるだけで高齢者は恐怖を感じ萎縮してしまった

内容は関係ない 怖いぞ 怖いぞ と連発しただけだ

これでまた 大阪は後戻りだ

大阪市と国の出先機関の大阪府が同じような力を持っているということが元凶なのだが

なぜ大阪府のいうことを大阪市が聞かなければならないという縄張り意識が常にある

同じような力だけに 方向が違えば前に進まない この状態が何十年も続いてきた

たとえ維新が府の与党をとっても 市の与党をとっても 府と市は仲良くならなかった

それだけ 議員だけでなく職員の溝も深かったのだが 

維新も急ぎすぎたか たった2~3年で溝が埋まると思ったのが間違いだった

もっと気長に待つべきだった

そんな大阪の現状を見極めていない学者が今回たくさんしゃしゃり出てきましたね

偉そうに的外れな意見を述べていました

まあ 橋本は見事に引き舞台を演出しましたねー 満足でしょう

彼が今思っていることは なぜ僕はこんな馬鹿な人間達を救おうと身を粉にしていたのだろう のはずである

まあ 馬鹿の人間を見捨ててはいけないのが政治家なんですがね 今は馬鹿を利用しようとする政治家ばかりだ

彼は歴史上の人物に例えれば 信長といったところか 転ぶべくして転んでいった

さあ 維新の正念場だ 橋下がいなくても 君たちの理念は維持していくのだろう

よい大阪を作ろうという理念を

そういえば 松井知事は家康タイプに見えなくもない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヽ(^^)(^^)ノ神戸まつり

朝から晴天 なぜか神戸に向かう阪神電車からはいつも青空がのぞいている気がする

まずは九条東小学校(母校である)で都構想の投票を済ます

西九条まで歩き阪神電車に 三宮を通り越し元町で降りる

なぜって 馬券を買うためである 元町にはJRAがある

買った馬券はヌーヴォレコルトの単勝馬券 (外れたが)

そこから中華街に入る 写真はクリックすると大きくなります

001_800x530
003_800x514
神戸はあの天下無敵の大阪のオバチャンまでも畏敬の念を払う特別の場所だ

なにいう夢人も神戸大好き人間である 神戸マラソンは毎年参加したいし 神戸まつりも毎年見に行っている

004_800x530
036_800x530
街には準備をする踊り子たちで溢れている まさに街中が祭りである

まずは花舞台へ

007_800x530
031_800x530
総踊りの時間になったので フラワーロードに出る

011_800x493
016_605x800
おばちゃんばかりだが人数が多いので(1300人)壮観だ 3人ほど美人がいた (笑)

その後はお約束ディズニーパレード

022_800x530
025_800x530
ディズニーパレードの後は街中のイベントスペースを見て回る

035_800x530
038_800x530
その後パレードをいくたロードあたりで見る

043_800x530
044_800x530
048_800x530
054_800x530
055_800x530
058_800x530
059_800x530
065_800x530
068_800x530
072_800x530
076_800x530
084_800x530
089_800x530
092_800x530
楽しかったですね どうして踊り子たちはあんなに良い顔をしているのでしょう

みんな一生懸命練習をしたのでしょうね

帰途に着く さあ 都構想はどうなったのであろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敵の敵は味方

今大阪が暑い メチャメチャ盛り上がっています

明日 都構想に対する投票 これがあるからだ

大阪では今まで日本で見られなかったことが起こっています

実は夕方5時すぎより家の前で自民党の議員による反対運動が行われていた

そこに大きな共産党の車が到着 車の上では共産党による反対演説が

その周りでビラを配る自民党員

こんな自民党と共産党の蜜月状態は未だかって見たことがない

共産党がなぜ都構想に反対するのかがよくわからない

今回の反対の旗手は自民より共産と思えるような力の入れようだ

しかも反対派の意見がよくわからない

大阪市がなくなります 一旦なくなれば元に戻せません これが一番よく聞く意見だ

大阪市がなくなっても良いのですか と不安をたきつける

東京市は何年も前になくなっている それで不都合が起こったのだろうか

昔 大阪は大大阪と言われ東京に匹敵していた 決して大大阪市とは言われていない 

そこから大阪府と大阪市の二重行政が敷かれ東京に差をつけられていった

府会議員と市会議員の仲がいかに悪いか(同じ自民党であっても) 府職員と市職員の仲がいかに悪いかご存知ですか

もちろん個人的に仲が良かっても 組織としてはいつも敵対していた

この二重行政を断ち切らなければいけない

今回の戦いの構図は 既得権を持ったものがそれを手放したくない と 既得権そのものをなくそうとするものの戦いとみればよくわかる

まず市会議員 せっかくこの間の選挙で勝ち残ったのに 職がなくなる こんなことが許せれるものか となる

反対派の党はまずこう考えている 与党も野党も(自民も共産も)

それでも改革をすべきだ は維新だけである

それとは別にもう一つ大きな団体が職を失う

大阪市職員である

今の労働組合 民間はほとんど力がなくなってきている 残っているのは公務員の団体ぐらいだ

これが猛反発しているので 共産党は力が入っているのである

もちろん全員が失職するわけではない

なぜ橋下がこれだけ大鉈を振り下ろさなければならなかったのか

彼は知事になる時も市長になる時も常に府職員市職員から目の敵にされた

職員の既得権を脅かしたからである

年収1000万以上のバスの運転手 年収1000万以上の給食のおばちゃん

こんな話を聞いたことがないですか これに腹を立てたのが橋下だ

職員でも交通局の人間が一番反対した

私が思うに彼が市長になったからと言って 1000万の給料を翌年から400万や500万にできたであろうか 否と思う

だから交通関係の民営化なのだ これでいっぺんに不条理は解消する

水道関係も 彼が知事になってその後市長になっても解決されない

もう二重行政の解消しかないと彼が思っても不思議ではない

なんら理論だった反対意見にお目にかかれない でも不安をあおり今大阪は激戦である

どちらに転ぶのであろう

まあ私は久米の仙人であるから 上空から様子を見るだけだが

おっ あそこで女の人が洗濯をしている こちらのほうが見てて楽しいぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体調を壊す

昨日1日胃の具合が悪かった

ジョギングに出る日だったのに気分がのらず走らなかった

その代わりに喫茶店へ行きモーニングを食べる

9時過ぎから胃がしびれる感じ

昼はうどんにしたが 夕方になるにつれ胃が痛み出す

体調は今週おかしかった あれだけ暑い暑いとテレビで騒いでいたのに 私は寒さを感じていた

原因はたぶん先週末 ふとんを真夏用の薄い掛け布団にしたせいかもしれない

夜中に体を冷やしてしまったのだろう

でも熱も出さず咳も出なかったのは ジョギングで鍛えていたお陰か しかし体の一番弱いところに異変が起きた

下痢もしていないし吐き気もしない ただただ胃が痛い

夕方から床に就く 布団も少し分厚いのを出してもらった

先週冬の掛け布団はもう暑いから夏の掛け布団を出して と言ったらいきなり真夏用のペラペラに薄いふとんを出された

私は今晩出してもらった布団をイメージしていたのだが 我が家の嫁さんは天然である

いきなり真夏用の布団を出した 本当に天然の人だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タルト・タタンの夢

42704
近藤史恵の タルト・タタンの夢 を読んだ

ブログ友達のかねとしがばなーさんに薦められた本だ

近藤史恵らしく優しい雰囲気に満ちた内容だった

最初は読みづらかった ビストロ・パ・マルというフレンチレストランが舞台の小説なので フランス料理がバンバン出てくる

自慢じゃないがフランス料理には詳しくない ワインもあまり知らない

料理の名前を見てもどんな料理か全然わからない

フランス料理にはワインが普通でビールも邪道らしい そんなことも知らなかった

しかし読み終わったあとでは フランス料理を食べたくなっていた

(赤ワインなら毎日昼食夕食に食前酒として飲んでいるが 国産の安いやつだ)

小説のパ・マルは下町の商店街にある店だが うちの商店街には残念ながらフランス料理店はない

あればそこに通うんだが

今2回目を読み返している パソコンで料理を検索しての読み返しなので より楽しんで読めた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪マラソンの倍率が発表された

今日大阪マラソンの倍率が発表

フルマラソンは4.37倍

私のチャレンジランは 3.42倍

さあ 当選するでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血圧計が故障?

今朝の血圧測定 上が111しか出ない

血圧計は数字が140前後まで上がりそこから測定開始

もし血圧が150以上だったら測定されていない可能性もある

何回も測定しなおす

131-74-86  

116-71-73

109-73-70

115-70-84

最初に考えたのが血圧計の故障だ

昨日は144-80-62だった

最高血圧が低すぎるし脈拍が多すぎる (脈拍はいつも60前後だ)

弟に電話して今日の薬は飲んだほうが良いのか 飲まないほうが良いのか尋ねる

飲まなくて良いという返事をもらう

おー 脱高血圧の薬 第1歩か

追伸

念のためオムロンに電話をして聞いてみた

以前は数字が200以上上がりそこから計測を始めていたのだが このごろは160ぐらいまでしか上がらない

オムロンの返事は最高血圧+30ぐらいまで上がりそこから計測し始めるらしい

なるほど 以前は最高血圧が180前後だったから200以上まで上がっていたのか

今朝の140からの計測は110+30で140からの計測になったのか 納得

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風が来る

季節はずれの台風が来る

いよいよ天候は不順だ

朝 雨が降り出さないうちに走っておいた

この頃は1時間と時間を決めて走っているのだが これが意外と時間を作れない

走るのが1時間なら準備運動等 着替えやらシャワーの時間を入れれば2時間ほどかかるのだ

これを仕事前に作るには大変だ

夜ランに変えようかなー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いよいよ都構想投票が佳境に

日曜の今日 お天気はピーカンの晴れ

嫁さんと自転車で大阪城まで行き外周1周をジョギング

途中でキューズモールが見えたので 話題の屋上ランニングコースを走ってみた

1周300メートル(中途半端だなー どうして400メートルにしなかったのだろう)

人工芝は走りやすかったが なぜ立派な大阪城のジョギングコースがあるのに ここを走る意義がわからない

大阪城1周では物足りなかったが 嫁さんも一緒ということでアップして自転車で鶴橋に向かう

鶴橋は連休に寄ったのだが 近鉄JRとの位置関係はわかったのだが道路との位置関係がもう一つわからなかったので自転車で再訪した

商店街入口ではマイクで都構想反対を訴える人々(多分共産党)でいっぱいだった

いよいよあと1週間で投票だ

さあどうなるか 大阪は新しい舞台に立てれるのであろうか

二重行政を解消するには もうこの手段しかないように思える

長年商店街のリーダーをしてきたが たしかにこの無駄は感じていた

反対している党はなぜか保身の匂いがする 身を切る改革は望むべくもない

獲得した利権を手放したくないという雰囲気がプンプンする

そうでなくては 自民 民主 共産がこんなに連携できるはずがない

都構想派が勝利すれば 議員は全員解散となる しかも新しく選ばれる人数はかなり減る

議員とすれば身を切る改革だ

これができれば日本に誇れる出来事だ

国会議員や市会議員が多すぎると長年言われているが 一向に改革できていない

それを決めるのが議員であるから どうしても保身が先にたってしまう

これを改革できるのは維新ぐらいだろう

その維新が府会市会で最大派閥になっても 知事も市長を出しても大阪府と大阪市の二重行政は解消できなかった

これはもう大阪市を一度解体するしかないと思われる

自民 民主 共産を見ていると 赤信号みんなで渡れば怖くない を体現しているように見える

そして国政のように国民に多大な借金を背負わせて平気な国に成り下がっている日本政府のようだ

5月17日は大阪だけでなく日本にとって意外と大きな意味を持った日なのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前は変えるべきでしょう

高崎山のおさるさん 名前を変えるべきでしょう

せっかく英国が穏やかに構いませんよと言ってくれたのに 言葉通り受け取り名前を変えないと発表したのはどうかと思います

「多くの方につけてもらった名前で、英国からの指摘(抗議)もないので、見直す必要はないと思う」と言った大分市長もおかしい

この人歳はいくつなのだろう

日本の恥だ 馬鹿だ 猿並だ 猿市長だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cacao72%

ネットで見て頭に残っていたので cacao72%というチョコレートを買った

このチョコレートを食べると血圧が下がるという結果が出たそうだ

チョコを食べて血圧が下がるのなら御の字だ

血圧は薬が効いていてずっと150を割っている (5月3日には127-73という数字も出た)

いつ薬を止めれるかが問題だが

チョコで効くのなら薬を止めようかな

この頃食前酒として赤ワインも飲んでいる

どちらもポリフェノールが多くて これが血圧に良いらしい

コーヒーも良いと書いてあったな

知らないうちに結構健康的な食生活をしているみたいだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女の秘密展

5月6日 連休最後の日

4日5日は仕事をしながら(20ページの印刷物の版下作り) 暇を潰せたが 今日はなにもやることがない

昼から新聞屋からもらった 魔女の秘密展 に行くことにした (1枚しかもらえなかったので一人で行く)

天保山にある大阪文化館だ (海遊館のとなり)

内容は外れ お金を払って入場していたなら文句を言いたいくらいだった

帰ってきても暇 とりあえず休日でも開いている居酒屋に行く

ここは正月にも行ったが おばあさんが一人で暇つぶしに連休でも休まず営業している店だ

2時間ほど飲んで帰宅 これでゴールデンウイーク終了だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴橋散策

奈良からの帰り 乗った急行がなんば止まりであったので 鶴橋で乗り換えようと下車する

駅で九条まで行く電車を待ったが3本ほど続けてなんば終点であったので 駅を出ることにした

前から一度鶴橋を散策したいと嫁さんと言っていたので この機会に鶴橋を見て回ることにした

駅を出るとそこは昭和の世界 しかも終戦直後の雰囲気だ

空はアーケードのため見えない 大迷路 幅1メートルほどの路地が縦横無尽にある

いっぺんに方向感覚を失う

なんとか幅が2~3メートルある商店街に出る しかし日曜日のためか それとも廃れているのか半分以上の店が閉まっている

なにか期待しているものと違っていたが端まで歩く 駅に帰りつこうとしたが方向がわからない もう一度商店街にもどる

途中で観光マップを発見

こことは違うところに有名なコリアタウンがあるのが分かる せっかくだからそこまで歩く

ここはまあ期待通りか キムチを売っている店がたくさん並んでいたので1軒寄ってキムチを買った

端まで歩き駅を目指そうとしても方向がわからない

鶴橋を歩くには方向磁石がいるようだ

人に聞きながら歩くと 先ほどの寂しい商店街に戻った

そこから先ほどの迷路のような路地に進む

近鉄の駅までたどり着き そこからJRの駅を目指す

これも迷路のようだが店は総て開いており賑やかなこと賑やかなこと

食べ物屋やら韓国の婦人服を売っている店がたっぷりあった

なるほど これが鶴橋か 

でも鶴橋を歩くにはマップと磁石がいるなあ

環状線で大正まで戻り 家に向かう 

雨が降り出してきたがなんとか家まで帰り着く

面白かった 鶴橋 また奈良の帰りに寄ってみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春日大社の藤 2015

奈良へ藤を見に行く

去年は4月27日に行ったのだが 今年は5月3日 去年も感動したが今年の方が満開の時期に当たったようでより素晴らしかった

早咲きの藤も遅咲きの藤もすべて満開だった

連休ということでいろんなイベントも催されていた

001_800x530
萬葉植物園の池では太鼓のイベントがあった

005_800x530
011_800x530
012_530x800
こんなに長い藤も 砂ずりの藤だ

018_800x530
嫁さんと二人で撮ってもらう

020_800x530
038_800x530
お約束の奈良の鹿

039_800x530
植物園を出て春日大社にお参り 裏の末社も全て回る

041_800x530

巫女さんの頭には藤の花がささっている (痛そー!)

奈良公園でお弁当を食べていると 年寄りの3人組がなにか鹿にまいていたので 見に行くとどんぐりをまいていた

鹿は10頭ほど集まっていたが 子供たちが鹿せんべいをやろうと追い掛け回したので鹿は散ってしまった

残っていたどんぐりを10個ほど拾い集め帰り道につく

帰り道の途中氷室神社で声楽のイベントがあったので覗く

045_800x530
1時間ほどのイベントを見て帰路に着く

手にはまだ10個のどんぐりが

道の鹿たちは 鹿せんべいを持った大勢の観光客にとり囲まれ食傷気味

近鉄奈良の近くまで進み 歩道からは柵で隔離されているところに1匹の鹿がいたのでどんぐりを投げると バリバリと硬い皮を噛み砕き実を食べる 

持っていたどんぐりを全て投げ入れる

やっと手軽になり近鉄電車に乗り込む (このあとはまた明日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高血圧 やっと薬が見つかった

持病の高血圧 私の高血圧に効く薬がやっと見つかった

2ヶ月いろんな薬を試したが やっと私に効く薬が見つかったようだ

高血圧の薬はなにに作用するかで四つの種類がある

最初に処方された薬 オルメテック20mg 13日間飲んで平均血圧が168.5

全然効果が無かった

その時に追加で出された薬 アムロジビン5 Ca拮抗剤

効いてきたが増量で効いたのか 新しい薬が効いたのかわからない

そこで 新しい薬のみを8日間飲む 平均血圧151

飲み終えたところで アムロジビン5を処方してくれと申し出たが 新しい薬二つの複合剤であるレザルタスLDを処方された

これを46日間飲む 平均血圧153.5

Aという薬は私には全然効かない Bという薬はよく効く

AとBの複合剤は B単体を飲むより少し効果が薄い

こんなことが医師はわからないのか

医師よりも頭が良いというのも困ったものだが 相手は弟だ 

無理に薬をBに戻さした

今朝の血圧 132ー73

やっと私に合う薬を見つけた

もう一つの持病 高尿酸はナーカリシンという薬が私に合うということがわかっている

これは尿酸排出促進剤 普通に弟に診察さすと 多分違う薬を処方する

尿酸の発生を抑える薬だ これは私には合わない 尿酸値は下がらない

これで二つの持病の数値が悪くなった時の対処は ほぼ万全だが 私は薬で治すつもりはない

あくまでジョギングで治すつもり

これもスピードを望むあまり体調を崩すこともあったが ゆっくり1時間ほど走るというのが健康に一番良いということがわかった

たとえば松島公園を10周するのに 速く走って30分で終わるより ゆっくり走って40分かける方が体は健康だ

今は距離を伸ばし1時間ゆっくり走るよう心がけている あくまで目標は1時間走るということだ (ゆっくりと)

私はマラソン大会を走るためにジョギングをしているのではなく 健康になるためにジョギングをしているというのを肝に銘じる

これで当分様子を見よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄生獣

テレビ放送の寄生獣をビデオにとっていた

なかなか面白かったですね 

橋本愛は相変わらず下手だったが 彼女 声が悪いんですかね ヒステリーを起こしているように感じます

今映画館で完結編を上映しているのですか

見に行きたいなー でもDVDが出るまで待つとしようか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »