« なにわ淀川ハーフマラソンのゼッケンが届いた | トップページ | オーバーワーク »

DVD 円卓

200
DVDで 円卓 こっこ、ひと夏のイマジン を見た

良かったです 主演は芦田愛菜 脇も良かった

おじいさん役の 平 幹二朗 が素晴らしいし 相手役の少年も素晴らしかった

芦田愛菜は昔から好きだし おじいさん役は最初だれだかわからなかったが 嫁さんが平 幹二朗だと教えてくれた 私の好きな剣客商売の田沼意次をやっていた人だとも教えてくれた

素敵なおじいさんだ 小学生の孫とこのように接することができるおじいさんになりたいものだ

おばあさん役はいしだあゆみ 姿かたちとも立派なおばあさんだった

おかあさんは羽野晶紀 上手にこなしている 

出てくる全員が芸達者の映画でした

小学校3年生のひと夏 この感性についていける私も誇らしく思える

追伸

しかし この映画の良さを100パーセント理解するには大阪人でなければならないのだろうな

私は3丁目の夕日を見ても100パーセントのノスタルジーは感じなかった

そもそも うっさい ボケ なんて連発する女の子は他府県ではいないだろう

でも大阪では普通に想像できる 普通の女の子なのだ

在日韓国人が大阪に多く住んでいるのも 大阪のもつ心の広さ(よく言えばフランス人的なところ)によるものであろうし そんな題材も含まれているこの映画は地域限定版かもしれない

現代を描いているのに なぜかノスタルジーを感じる不思議な映画だ

|

« なにわ淀川ハーフマラソンのゼッケンが届いた | トップページ | オーバーワーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/61336328

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 円卓:

« なにわ淀川ハーフマラソンのゼッケンが届いた | トップページ | オーバーワーク »