« この頃のニュース | トップページ | 風が強く吹いている 三浦しをん »

トランセンデンス

友達から借りたDVDでトランセンデンスを見た

ジョニー・デップ主演のSF映画 評判がすこぶる悪い

しかし私には久しぶりの本格SFに思える

人工知能の第1人者 ウィル(ジョニー・デップ)とその妻で女性科学者エヴリン

人工知能の発達を恐怖に思うテロリストにより ウィルは凶弾に倒れる

命はとりとめたが 弾丸が放射能汚染されていてやがて死に至ることが判明

妻は彼の頭脳をコンピューターにインストールする

やがてコンピューターは機能し始める 意思を持ったコンピューターの誕生だ

新しい神が誕生したのだ

しかし周りの人間は(人類は)未知のものに恐れを抱き始め 彼をシャットダウンすべきテロリスト FBI 軍部が手を組み行動を起こす

妻の科学者も説き伏せられ シャットダウンに手を貸す

ウイルスを注入すべく 彼女にウイルス注射を施す (ここが一番分からないところです)

ウイルスというのはコンピューターウイルスでしょう 注射器で人体に打って効果が出るのか (そもそも注射器で打つコンピューターウイルスというものがあるのか)

なぜ人体の細胞まで攻撃するのか

ここらへんが私の科学的知識では受け入れられないところです

まあ 妻である科学者はこの時点で死を覚悟したのですが(夫とともに滅びることを覚悟する) 人間側はウイルスをAIにアップロードさすために 彼女まで砲撃するという愚挙にでる

結局AIも滅びを受け入れ彼女の情報をアップロードする

死に面して彼女は夫が人類を滅ぼそうという考えが全然ないことを理解する

それよりもよりよい地球を再生さそうと考えていたことを

神はAIの中に生まれたが 人類は未知のものを恐れ 神を殺してしまう

その結果 AIと繋がっていた世界中のコンピューターがウイルスのため破壊され 文明が失われる (コンピューターが一切使えられなくなり 停電したり通信が使えない世界に後戻りする) 

まあたいした映像もなく ドンパチもなく 不評をかこっているが 話の筋は素晴らしいSFである

|

« この頃のニュース | トップページ | 風が強く吹いている 三浦しをん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

マエストロ!観てきました。
良かったです、予想以上に。
感想は後程。

投稿: かねとしがばなー | 2015年2月 7日 (土) 00時47分

かねとしがばなー様
クラシック音楽に関連した映画は 音楽の素晴らしさに負うところがあります
のだめカンタービレもそうだったし フランス映画のオーケストラも素晴らしかったです
どれも出演者は見事に楽器を奏でていました
俳優ってすごいですね

投稿: 夢人 | 2015年2月10日 (火) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/61093175

この記事へのトラックバック一覧です: トランセンデンス:

« この頃のニュース | トップページ | 風が強く吹いている 三浦しをん »