« 虫歯 | トップページ | 加齢の加速度 »

聖徳太子の和の精神

紅白歌合戦を見て

聖徳太子の和の精神を思い出す

聖徳太子は実在したか しなかったか 歴史観が動いているが 大事なのは聖徳太子の精神である 

たとえ実在しなかったとしても 当時の人間が聖徳太子に描いたものに大切なものがあるのではなかろうか

和の精神 年寄りも若者もお互い好きな歌 好きでない歌(若者にとって演歌 年寄りにとってJポップス)も コタツに入り仲良く見る

アキバもナンバもハカタも見ましたよ 

私個人的には 薬師丸ひろ子やサザンに感動しました

それと椎名林檎 今読んでいる作家 誉田哲也 彼がバンドを諦めるきっかけとなった歌手らしいですね 

椎名林檎がいなければ 彼という小説家は存在しなかった なるほどいい面構えでした

(そこらへんの心境は 疾風ガールに描かれています)

若者も年寄りも一緒にテレビを見る 一緒に新年を迎える 良いことだと思います

|

« 虫歯 | トップページ | 加齢の加速度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/60926706

この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子の和の精神:

« 虫歯 | トップページ | 加齢の加速度 »