« 宇治散策 | トップページ | 胃が重い »

信長公記(しんちょうこうき)

最近読んだ本で 武士道シックスティーン 以来のお気に入りになった 邪馬台国はどこですか?

この影響で 鯨統一郎を結構読んでいる 

まあ 最初に読んだのが 邪馬台国殺人紀行 これを読んだあとデビュー作の邪馬台国はどこですか? を読んだのですが

主人公 早乙女静香 殺人紀行では完全無欠のように描かれているが デビュー作では ただ単なる頭の良さを武器とするタカピーな女

このタカピーな女がボロクソに打ち破られる この落差が私のハートを射止めた

もう一人の主人公 桜川東子 こちらにも興味が湧き 笑う娘道成寺 を読んだが これは外れ

桜川東子が最初に出てくる 九つの殺人メルヘン を読む これはそこそこかな

でも 邪馬台国はどこですか? のようなインパクトはない

その後 私の興味は 信長公記 に移る

これは邪馬台国はどこですか? の信長の部に出てくる歴史書である

Morningi777img337x6001402795435zsssネットサーフィンをしていて オークションのこの本がヒットした

上下巻で5000円 革表紙の豪華本 定価は36000円とある (ひょっとすると上下巻で倍の72000円か?) 23年前発行の本である

信長はかなりファンだったのだが 邪馬台国はどこですか?のおかげで気持ちが揺らいできた

これはもう 信長公記を読まなければと思っていた矢先に このオークションを見つけた次第

豪華本だから たとえ積ん読になってもいいかの気持ちである

追伸 今オークション 落札できました 終了時間が8時 2分前にパソコンの電源を入れる 高値更新されていた あわてて再入札 5500円で私が最高値に

あと1分の間 何回も画面更新をかける やがて無事に落札しましたの画面に変わる

相手は多分オークション初心者(いやパソコン初心者と見た) 私の落札を上回ったのは終了3分前 これはオークションをかなり経験している人間か?

多分相手はその後の画面更新を怠ったと思われる 彼の画面には彼が高値更新者と出ていたと思われる

昔 私もこのミスを犯した 私が最高値のまま終了時間をカウントダウンした 

時間が過ぎて私が落札したものと思っていたら他人に値段をこされていた 画面の更新をしなければいけないということを知らなかったのだ

まあ彼がミスを犯さなければ天井知らずに値が上がっただろう

オークションは最後の5分ほどで もしふたりの人間が競争し始めるといくらでも値段は釣り上がる これには常に画面更新が必要なのだ

|

« 宇治散策 | トップページ | 胃が重い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治散策 | トップページ | 胃が重い »