« 北海道で37.8度 | トップページ | 今年も落ちた大阪マラソン »

体重が増える要因とは

昨日の体重の変化である

朝体重を計る 62.4キロ それから喫茶店に行きモーニングを食べる

コーヒー1杯 食パン1枚 バナナ半切れ

昼 デトルトカレー グリコリー10倍 結構辛いカレーだ 御飯はお茶碗に3杯分ぐらいか

夜 立ち飲みに行き ビール大瓶1本 焼酎水割り1杯 食べたものは冷奴(4分の1丁) つまみ用のナッツ

それだけだ 帰って体重計に乗ると 63.9キロあった 危険水域ぎりぎり (体重が64キロを越えると1食抜くことにしている)

晩御飯はパスした

昨日は3日続けてジョギングをしたあとだから 朝走っていない 運動はなし

でも1.5キロも増えるほど食べていないと思う

やはりビールと水割りの分の水分が体重にONされているとしか考えられない

幸い 今朝の体重は62.4キロ 昨日と同じだ

晩御飯をパスして正解か

朝体重計に乗るのは ジョギングに出る前だ ジョギングから帰ってくると1.5から2キロぐらい体重は減っている もちろん全部が脂肪で減ったとは考えにくい 汗をかいた分がほとんどだろう

ということはやはり体重は取った水分に影響されるのだろう

でも私は痛風持ちなので1日に2リットル以上の水分を取らなければいけない

これが問題だ

|

« 北海道で37.8度 | トップページ | 今年も落ちた大阪マラソン »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道で37.8度 | トップページ | 今年も落ちた大阪マラソン »