« 邪馬台国はどこですか? | トップページ | 宇治散策 »

中国との泥試合

どちらの飛行機が近づいたのか 日本と中国との発表が食い違っていますね

泥試合の様相です 戦争に向かわないことを祈ります

事実はわかりません

というか この間読んだ 邪馬台国はどこですか? という本のため 歴史のなにが本当なのかがわからなくなりました

歴史上のヒーローの 織田信長 史実に残っている出来事を羅列するだけで ヒットラー以上の残虐者になる 世紀の悪役だ

ひとつのものごとをどの方向から見るか 自分はどの方から見ているのか を自覚できなければ 大きな間違いを起こします

マスコミ発表を鵜呑みにしないことです

中国発表が本当とは思いませんが 日本の政治家も仮想敵国を作って世論を味方に付けようとしているのかもしれません

 

|

« 邪馬台国はどこですか? | トップページ | 宇治散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歴史認識…どこまでさかのぼればいいのでしょうか?
まさか「日の出国から…」?
もしかしてウン万年前からなのでしょうか?
見かた、考え方のよってはなんとでもなるので、難しいですね。

投稿: かねとしがばなー | 2014年6月14日 (土) 16時56分

かねとしがばなー様
所詮歴史というのは勝者が作ったものでしょう
邪馬台国にしても日本には文字がなかったから 何の証拠もありません
魏の本に載っているだけです 今の中国が信用できますか 昔の中国ならなおさらです
それを何百年も検証している日本が楽天的なのでしょう
しかし 邪馬台国はどこでしょう? の本にはショックを受けました

投稿: 夢人 | 2014年6月14日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邪馬台国はどこですか? | トップページ | 宇治散策 »