« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

神戸マラソン当選

メールが来ました

神戸マラソン クオーター 当選です 万歳 万歳 万歳

第1回 本当は落選だったのですが 事務局の間違いで当選メールが送られ 結局は走れた

第2回 第3回は落選 

今回始めてきちっと当選しました

どうしましょう 第1回のように またピカードのコスチュームで走ろうかな

いままで運を使っていなかったので (競馬) 当選したのだろうか

追伸 いつも立ち飲みでランニング談義をする うどん屋の社長と彼の友人も当選したらしい(彼らはフルマラソンにエントリー) こんなことがあるんだなー

祝杯をあげたいが痛風が出ているため飲めない と連絡があった 仕方がない 一人で大ジョッキでも傾けるか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯨統一郎

土曜日昼ご飯にカレーライスを食べた レトルトカレーである

御飯を多くしたのがいけなかったのか 胃の具合が悪い

大好物のカレーも注意しなければいけなくなったのか?

夜は更科でざるそばと熱燗1本だけにした

日曜朝の体重が62.6キロ 測定後ケーキと牛乳で朝食とした

その後図書館へ行き予約していた本を2冊借りて 阿波座の喫茶店へ

胃が悪いのでコーヒーはやめて抹茶ラテを注文

借りた本は鯨統一郎の 新・日本の七不思議 と すべての美人は名探偵である の2冊

この すべての美人は名探偵である が面白かった

鯨統一郎は 邪馬台国殺人紀行 から読み始めた

登場人物として 早乙女静香 桜川東子 翁ひとみ が出てくるのであるが これらのキャラクターが面白く 早乙女静香シリーズの 邪馬台国はどこですか? と 新・世界の七不思議 を読んだ

桜川東子シリーズの 笑う娘道成寺 を読むももう一つだったので 原点の 九つの殺人メルヘン と 浦島太郎の真相 を読む

今日借りた すべての美人は名探偵である はこの三人が出会う物語だ

推理小説とすれば 鯨統一郎作品の中でもピカイチかもしれない (邪馬台国はどこですか?のような 歴史を覆すというようなインパクトはないが)

彼の作品は 仏陀や織田信長 秦の始皇帝 果てはキリストまで いままでの常識を覆すパンチ力があるが 登場人物のキャラクターも面白い

1日で読んでしまった

その後夕方からジョギングに出る 晩御飯を食べて体重計に乗ると 62.3キロ

朝の体重より減っている 体重をつけ始めて2ヶ月になるが 夜の体重が朝の体重より軽かったのは初めての出来事だ

今朝は61.6キロ (金曜の夜には64キロあったのに) この二日間の体重の落ち込みは異常だ 病気なのかなー

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空梅雨

大阪は今年空梅雨でしたね

関東や四国九州南紀あたりは結構な雨が降ったようだが 大阪はほとんど雨が降っていない

朝のジョギングも雨で出れないということがなかった

琵琶湖の水は大丈夫であろうか

もうすぐ7月 今年の夏は暑いのであろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ

ワールドカップ 日本が負けて予選突破ができなかったようだ

自慢じゃないが1回もテレビを見なかった

新聞には毎日たくさんのページが割かれていた ラジオやテレビでも連日放送されていた

ヒネクレ者の夢人はかえって見る気をなくしていた

何をしていたかというと 体調が悪かったこともあるが静かに本(鯨統一郎)を読んでいた

浦島太郎の真相 (恐ろしい八つの昔話) 

というのは 九つの殺人メルヘン の最後の物語で登場人物が宝石強盗の犯人と見破られ 捕まるか自首するかしてしまうのだ

ところがそのあとの本(笑う娘道成寺)では 普通に登場している

これはどうなったのであろうかと 続きの本を図書館から借りた

浦島太郎の真相の最初の物語で 無事刑期を終え出所したらしく書かれていた なるほど

桜川東子シリーズも舞台はバーで いろんな事件を解決していくストーリーだが もうひとつ自分にはあわなかったので 早乙女静香シリーズの続編 新・世界の七不思議 を図書館から借りる

このシリーズの第1作が 邪馬台国はどこですか? である

これも舞台はずっとバーである

バーの椅子に座りながら いろんな謎解きが進められる

今回も宮田六郎が 素晴らしい推理で世界の不思議を解決していく

しかも情報はバーで早乙女静香から聞く情報のみで いままで不思議とされていた事柄を読み解いてしまうのだ

このシリーズは面白い もうあと2~3冊 早乙女静香シリーズを読みそうだ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

病院に行きました

胃の具合がなかなか良くならないので 結局病院へ行きました

これなら我慢しないでもっと早く行けばよかった

まあ不調の原因は私なりにわかっている

月火水木と朝雨が降っていなかったのでジョギングに出た

梅雨だからいつ雨で走れなくなるか という思いが頭にあったからだ

しかも火水木とスピード練習をしてしまった ウインドスプリントといって最後を風のようにビュッと走る練習

松島公園を9周までゆっくり(1周4分を超えないように)走る そして最後の1周を全力疾走

2分30秒ぐらいで走った

これが体では感じなかったが 結構きつかったのであろう

胃が動かなくなった いつまでも食べたものが胃にとどまっている感じだ

今日病院へ行き ガスター(胃酸を抑える薬)とガスモチン(胃を活発にする薬)を出してもらった

胃はかなり荒れているのだろう 舌も真っ白だ 2年ほど前逆流性食道炎と診断された時と同じように 朝の空腹時が辛い

病院から帰り 即ガスターを飲む スーとする もっと早く病院へ行けば良かった

| | コメント (2)

4匹の子猫

日曜日 朝から雨です

今週は月火水木と4日連続でジョギングをした その結果木曜昼から胃の具合がおかしくなった

金土とジョギングはパス 今日はどうしようかと思ったが 悩むことなくジョギングをパス

朝から傘をさして図書館へ本を返しに行く 新しい本を借りて阿波座の喫茶店へ行き1時間ほど本を読む

昼から仕事を片付け夕方堂島川まで散歩

003
ノラちゃんに子供が生まれていた 4匹の子猫 可愛い 綺麗 

4匹とも毛並みが違う 1匹はシャム系だ

002
004
005
帰りかけると釣りをしに若者が一人来た

見ているとルアーで1匹釣り上げる

006_800x600
40センチのせいご 彼はメジャーで寸法を測り写真を撮って川に戻してしまった

ノラにあげればいいのにと思ったが 彼には彼の思想があるのだろう

私にはルアー釣り(スポーツフィッシング)は無理と思った 

食べない魚は釣らない 私が食べなければノラちゃんが食べればよい ノラちゃんも食べなければ釣らなければ良いと思う

しかし いい竿とリールを持っていたなー 竿は10000円ぐらいだがリールが50000円と言っていた

軽く振ってもルアーは対岸近くまで飛んでいた

次は私がノラちゃんのために釣り上げよう

| | コメント (0)

1日2食

まだ胃の具合が悪い夢人です

昨日ネットでダイエットに1日3食は必要か? という記事を見つけました

結局は1日に何食食べようが 食べた総カロリーがいくらになるかが問題らしい

2食でも3食でも5食でも はては12食でも関係ないらしい

ということは3食分を2食で食べるということをしなければ 2食にするということ(1食分抜くということ)は効果があるということ

私がしている夜の体重が64キロを超えれば翌日1食(朝食)を抜くというのは 正解だったのだ

別に朝食を抜いたからといって 昼に2食分を食べるということはしない

昼も夜も普段の食事と変わらない ということは朝食の分のカロリーだけ少なくなるということだ

私の今の体は2食分のカロリーで十分といえる

3食食べるのであれば 2食分を3回に分けるということが必要なのだろう

ということは毎回の食事の量を減らさなければいけないということか

| | コメント (0)

胃が重い

昨日食べた昼ご飯 夜になってもまだ胃に残っている

普通3時間で胃を通過するはずなのに 晩ご飯の時間になっても胃に溜まっている感じだ

胃薬を飲んで 晩御飯は雑炊にしてもらった

疲れが溜まったか 今週ずっと朝のジョギングをおこなった(4日連続で)

梅雨時なのでいつ走れなくなるかかわからないので 朝雨が降っていなければジョギングに出た

年を取ると疲れているかどうか感じ取れなくなるのか

そういえば年寄りの熱中症が多いらしい 自分で暑いということを感じ取れなくなるからだ

オーバーワークには気をつけなければいけないと思う今日この頃だ

| | コメント (0)

信長公記(しんちょうこうき)

最近読んだ本で 武士道シックスティーン 以来のお気に入りになった 邪馬台国はどこですか?

この影響で 鯨統一郎を結構読んでいる 

まあ 最初に読んだのが 邪馬台国殺人紀行 これを読んだあとデビュー作の邪馬台国はどこですか? を読んだのですが

主人公 早乙女静香 殺人紀行では完全無欠のように描かれているが デビュー作では ただ単なる頭の良さを武器とするタカピーな女

このタカピーな女がボロクソに打ち破られる この落差が私のハートを射止めた

もう一人の主人公 桜川東子 こちらにも興味が湧き 笑う娘道成寺 を読んだが これは外れ

桜川東子が最初に出てくる 九つの殺人メルヘン を読む これはそこそこかな

でも 邪馬台国はどこですか? のようなインパクトはない

その後 私の興味は 信長公記 に移る

これは邪馬台国はどこですか? の信長の部に出てくる歴史書である

Morningi777img337x6001402795435zsssネットサーフィンをしていて オークションのこの本がヒットした

上下巻で5000円 革表紙の豪華本 定価は36000円とある (ひょっとすると上下巻で倍の72000円か?) 23年前発行の本である

信長はかなりファンだったのだが 邪馬台国はどこですか?のおかげで気持ちが揺らいできた

これはもう 信長公記を読まなければと思っていた矢先に このオークションを見つけた次第

豪華本だから たとえ積ん読になってもいいかの気持ちである

追伸 今オークション 落札できました 終了時間が8時 2分前にパソコンの電源を入れる 高値更新されていた あわてて再入札 5500円で私が最高値に

あと1分の間 何回も画面更新をかける やがて無事に落札しましたの画面に変わる

相手は多分オークション初心者(いやパソコン初心者と見た) 私の落札を上回ったのは終了3分前 これはオークションをかなり経験している人間か?

多分相手はその後の画面更新を怠ったと思われる 彼の画面には彼が高値更新者と出ていたと思われる

昔 私もこのミスを犯した 私が最高値のまま終了時間をカウントダウンした 

時間が過ぎて私が落札したものと思っていたら他人に値段をこされていた 画面の更新をしなければいけないということを知らなかったのだ

まあ彼がミスを犯さなければ天井知らずに値が上がっただろう

オークションは最後の5分ほどで もしふたりの人間が競争し始めるといくらでも値段は釣り上がる これには常に画面更新が必要なのだ

| | コメント (0)

宇治散策

日曜日 宇治に行きました

067_800x530
目的は紫陽花だったのですが

関西の二大紫陽花鑑賞地の一つ 三室戸寺の紫陽花を見に行きました

残念ながら去年行った矢田寺とは比べ物になりません まことに残念の一言

003_800x530
まあ庭園としては立派でしたが 紫陽花は全然でした 種類が少ない 花も少ない

それはそれは 矢田寺のほうが立派です

まあそれでも紫陽花の写真は撮りましたが

三室戸寺評判のハートの紫陽花

021_800x573
こちらも
029_800x530
これは色があざやかだった普通の紫陽花
035_800x530
030_800x530

三室戸寺を出て 源氏物語ミュージアムを通り 宇治上神社 宇治神社へ

前にも書いたように 私は紫式部より清少納言派ですので ミュージアムはパス

急に目の前に急流が現れました 宇治川です

042_800x530
橋を渡り 中の島をブラブラして平等院へ

066_800x530
しかし宇治はお年寄りの観光客がいっぱいですね

茶団子を買って 帰途につきました 宇治橋のほとりの紫式部です

068_800x513
来年の紫陽花は 矢田寺に戻ります

| | コメント (0)

中国との泥試合

どちらの飛行機が近づいたのか 日本と中国との発表が食い違っていますね

泥試合の様相です 戦争に向かわないことを祈ります

事実はわかりません

というか この間読んだ 邪馬台国はどこですか? という本のため 歴史のなにが本当なのかがわからなくなりました

歴史上のヒーローの 織田信長 史実に残っている出来事を羅列するだけで ヒットラー以上の残虐者になる 世紀の悪役だ

ひとつのものごとをどの方向から見るか 自分はどの方から見ているのか を自覚できなければ 大きな間違いを起こします

マスコミ発表を鵜呑みにしないことです

中国発表が本当とは思いませんが 日本の政治家も仮想敵国を作って世論を味方に付けようとしているのかもしれません

 

| | コメント (2)

邪馬台国はどこですか?

100000009001764384_10205_2週初め図書館からメールが来た

予約の本がご用意できました と

邪馬台国殺人紀行

ブログ仲間のかねとしがばなーさんが推薦していた本だ

3人の美女があちこちウオーキングの旅に出て 事件と遭遇する

まあ内容はコナンレベルか 面白く読めた

作者に興味がわいたのでデビュー作 邪馬台国はどこですか? も図書館に予約した

42201この作者のデビュー作にも 先ほどの本の主人公が登場する

とあるバーで夜な夜な交わされる歴史談義

歴史家を自称する宮田六郎がタカピーな早乙女静香をコテンパンにやっつける

静香は日本古代史の教授 三谷の助手をしている 美人で頭が良いが 性格がきつい女性である

この3人がバーで繰り広げる歴史談義が面白い

三谷と静香は日本史が専門であるだけに 深い知識を見せびらかすが ことごとく宮田のディベートに打ち負かされる

仏陀は悟りを開かなかったとか 邪馬台国は東北にあるだとか 聖徳太子がだれなのか 織田信長は自作自演の自殺であるとか 明治維新って何だったのか キリストの起こした奇跡の謎解きとか 

いままでの歴史を全部ひっくり返す 見事なディベート

読んでいて こんな見方もあるのかと感心させられる

この本は何回でもじっくり読みたいので 発注をかけた

バーの片隅で聞き耳をたてている常連客になった気分を味わえる

追伸 しかし この作者 歴史は驚く程調べ上げているが 酒(カクテル)に関しては無頓着

3ページ目で馬脚をあらわしている ドライマティーニを注文する場面で

「シェイクじゃなくステアで」 これはジェームスボンドのセリフである

とある 普通マティーニはステアして作る ジェームスボンドはわざわざシェイクさせるのであって 作者は逆さまに記憶している

本の舞台は最初から最後までバーであるのに これはいただけなかった

追伸 その2

新しく買った本には ちゃっかり 「ステアじゃなくシェイクで」 と直してありました

図書館で借りて読んだ本は初版本でした 買ったのは32版 (32版も出しているとはびっくりです よく売れているんですね この本)

何版に直したのか 興味がありますね ご存知の方教えてください

 

| | コメント (2)

体重記録ダイエットの良いところ

昨晩 久しぶりに64.5キロに戻ってしまった

朝昼晩と三食お腹いっぱい食べたらこうなった

今朝朝食を抜きジョギングをしたら 62.6キロに戻る

体重記録ダイエットのよいところは リバウンドしそうになったら 1日で戻せれるところだ

夜の体重が何キロを超えれば 翌日は一食抜く こう決めておけば リバウンドしない

だらだら増える状態を維持するからリバウンドするのだ

体重が増え始めれば 食べ過ぎているといっぺんに分かるから 食べる量を減らせば良い

一食抜くのが一番簡単 元に戻れば三食食べれば良い

だからもし3キロ体重を落としたければ 2~3日絶食をすればよい そうすると体重は3キロ必ず落ちる それから体重記録ダイエットを行えば 3キロ減を維持できる

体重が増え始めれば それは食べ過ぎでしかない

どれぐらい食べれば良いのかが 頭で分かるようになる

貝原益軒も養生訓の中で言っている

老人は食を少なめに 食べ過ぎ等で体調不良のときには 食事を抜くことも必要である 邪気を取り除くためである

| | コメント (0)

安田記念

安田記念を買っておいた

結果は今朝見る

私は8番ミッキーアイルから 10番ジャスタウェイを本線に あと2 3 12(私の誕生日)に馬連を買っておいた

結果はジャスタウェイと12のグランプリボス 

軸を本命のジャスタウェイにしていれば取れていたのに しかも18730円もついている

300円づつ買っていたので50000円以上当たったのに またしても幸運をつかみそこねた

大阪マラソン落選といい 最近ついていない

| | コメント (5)

入道雲

今日は月1の囲碁勉強会

友人の車で園田まで行く

電車を乗り継いて行くと1時間はかかるが 車だと30分でついてしまう

1局目から高林プロの指導碁 2時間の碁をうった 結構うまくうてていたが最後は力尽きてしまった

昼ごはんを食べ 生徒同士で1局を打ち 3局目は平野プロとの指導碁

となりは友人の医者 二人共平野プロについてもう20年になる

友人の終局後の説明は私にも向けた内容で勉強になった

私の碁の終局のあとの説明も大変勉強になる

これを頭に残すため 本日は終了して帰ることにした

梅田に向かう電車の窓からはソフトクリームのような立派な入道雲が見える

梅田に着き 久しぶりに鳥の巣でいっぱい飲んで 九条まで歩いて帰る

この頃は時間に余裕のあるときは 梅田からでも難波からでも歩いて帰ることにしている

堂島川をブラブラ歩いていると 朝日放送の前では フラダンスの稽古をしている女性達がいた

ロイヤルホテルホテル前の川べりにはバーベキューの店が開いている

それやこれやを覗きながら中央市場の方へ向かうと 先週釣りをした場所におじいさんと孫二人が釣りをしていた

しばらく見ていたが結局釣れていなかった 私の後ろには残念そうに眺める野良猫の姿も

空には入道雲はなくなり いわし雲がいっぱい浮かんでいた 

| | コメント (0)

今年も落ちた大阪マラソン

今朝メールを開く

昨晩に当落メールが入っていたらしい

またまた落選 これで4年連続で落選だ

まあ 今年通れば参加するかどうか考えものだったが

というのは5000円の参加費に12000円も出して申し込んだものだから これで通れば あっやっぱりという感じになってしまう

札束で横っ面をたたくような当選獲得はできないとわかって一安心

まあ気長に当選するまで待ちましょう

| | コメント (0)

体重が増える要因とは

昨日の体重の変化である

朝体重を計る 62.4キロ それから喫茶店に行きモーニングを食べる

コーヒー1杯 食パン1枚 バナナ半切れ

昼 デトルトカレー グリコリー10倍 結構辛いカレーだ 御飯はお茶碗に3杯分ぐらいか

夜 立ち飲みに行き ビール大瓶1本 焼酎水割り1杯 食べたものは冷奴(4分の1丁) つまみ用のナッツ

それだけだ 帰って体重計に乗ると 63.9キロあった 危険水域ぎりぎり (体重が64キロを越えると1食抜くことにしている)

晩御飯はパスした

昨日は3日続けてジョギングをしたあとだから 朝走っていない 運動はなし

でも1.5キロも増えるほど食べていないと思う

やはりビールと水割りの分の水分が体重にONされているとしか考えられない

幸い 今朝の体重は62.4キロ 昨日と同じだ

晩御飯をパスして正解か

朝体重計に乗るのは ジョギングに出る前だ ジョギングから帰ってくると1.5から2キロぐらい体重は減っている もちろん全部が脂肪で減ったとは考えにくい 汗をかいた分がほとんどだろう

ということはやはり体重は取った水分に影響されるのだろう

でも私は痛風持ちなので1日に2リットル以上の水分を取らなければいけない

これが問題だ

| | コメント (0)

北海道で37.8度

昨日北海道で37.8度が記録されたらしい

日本で一番暑かったのが北海道とは信じられない

今年も異常気象なのか どうなっているのだろう

今週は私は宴会が2度ある

昨日中華料理の宴会だったが 体重はなんとかセーフ

昨晩が63.4キロ 今朝が62.4キロ 最近の最低を記録した (朝晩の測定値)

この4~5日 順調に体重が減ってきた

1ヶ月の苦労がやっと報われてきたのか

しかし そろそろ梅雨入り 雨の降っていない朝は積極的に走ろうと思っている

大阪マラソンの当落発表はいつごろだろう

| | コメント (0)

体幹ランニング

2186781アマゾンでDVD付き体幹ランニングという本を買う

6年前に出た体幹ランニングのリニューアル版

DVDも付いている

6年前の本を図書館で借りて読んだが 今回は内容が違っている

丹田という言葉が極端に少なくなっていた

まあそうだろう ランニングに丹田なんて武術の言葉なんて似合わない

本もビジュアルが主体で目から入るようになっている

肩甲骨から動かす 骨盤を前傾さす 重心は着地した足の上に

この3点でランニングフォームを作る内容だ

まあ丹田を意識するということは 私なりに理解したつもりである

夏場プールから上がるとき 格好を気にしてお腹を凹ますでしょう

そう それが丹田を意識するということです

そうすると内蔵が上に上がる 腰の位置も高くなる 骨盤が前傾する すべてうまくいくのである

このお腹を凹ますということを続けるのは大変と思われますが 意外に簡単

例えば30分から1時間走っている間 簡単に継続できるのである しかも力もそんなにかけない

慣れれば日常生活のなかで いつでもお腹をへっこます状態を作れる

椅子に座っていても 姿勢がすごく良くなる 

歩くときも丹田に意識

まあこれができるようになっていっぺんにフォームが良くなった

この本の欠点はDVDも本も 後半悪いフォームの見本のオンパレード

悪い見本は見る必要がない(特にDVD)

昔サイバービジョンというフォームを教える手法があった

1時間あまり 綺麗なフォームをただただ見るだけ それを頭に焼き付けるのである

悪いフォームは見ないほうが良いのである

この本やDVDは悪いフォームを頭に残す恐れがある 

| | コメント (0)

ダイエット1ヶ月

5月の1日 一休温泉で体重を計り(晩ごはん前) 64.5キロと私の体重最高記録になってしまったのを期に ダイエットに励んだ

昨日6月1日 同じ一休温泉で体重を計る(昼ごはん前) 61.8キロ

まあ こんなものか

5月は17回 ジョギングに出ている 1回最低4.3キロは走っているし 最高は12キロほど

これだけ走っている割には 減り方が少ないか

ということはやはり食べ過ぎ 

この頃は夜の測定で(晩ご飯の後) 64キロを越えると 翌日1食抜くことにしている

年寄りになると3食きちんと食べるより 食べ過ぎないように気をつけなければいけない

3食きちんと食べるエネルギーは もう使いこなせないのかも知れませんねー

お腹周りは驚く程すっきりしてきたが 私の適正体重はいくらなのだろうか

60キロを目指すのはいけないことかな

| | コメント (0)

あと1日遅く生まれていたら ダービー

今日はダービー 二日ほど前に高校の同級生T君が訪ねてきた

定年退職をしたとのこと そして先週の競馬誕生日の出目で馬券を買ったら(三場で36レース各100円) 40万円儲かったという話を聞かされた

彼は何年か前 宝くじで4つの数字を選ぶ奴を西暦の生まれ年で買って100万円当てたことがある

まことに金運がある奴っているものだ

そこでダービー 私の誕生日で買ってみた

3月22日生まれ 3-2-12 (22という数字が競馬ではないので 二 十二とわけて買った) 

結果は 3-2-13 あと1日誕生日が遅ければ当たっていたのに

私は金運をあまり持っていない

 

| | コメント (1)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »