« 芦屋ファンラン | トップページ | パソコン故障 »

走るということの本質

昨日出場した芦屋ファンラン 3キロファミリーラン

意外な発見をする

走るということ この本質は鬼ごっこであった

3キロにわたり子供と一緒に走る しかもほとんどが小学校低学年以下

子供は前に隙間を見つけると 周りを見ずに(そこを抜けきれるかどうか計算もせず)突っ込む

後ろからビュンビュン飛び出すのである

こちらは子供の足を引っ掛けないかドキドキものだ

疲れたらスピードダウン そしてまたダッシュ この繰り返しをしている

非常に楽しそうに走っている

スロージョギングなんていかにもつまらなく思えてくる

乳酸を出さないスピードでだらだらと なんて関係ない 気の向くまま全力疾走

そうだよな 全力疾走しなくてなにが楽しい

私もこれから全力疾走しよう 息が切れれば歩けば良い さよならスロージョギング

|

« 芦屋ファンラン | トップページ | パソコン故障 »

ジョギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芦屋ファンラン | トップページ | パソコン故障 »