« 10月も終わりです | トップページ | 大阪淀川市民マラソン »

帯状疱疹 その後2

顔の状態がどう考えても退院時より悪くなっている気がする

午前中日生病院に駆け込む 外来の予定は5日だったが 連休があるので症状が悪くならないか心配だった

待ち時間ともで1時間かかった (しまった また本を持ってくるのを忘れた)

主治医は顔を見て 大丈夫です 治ってきている兆候です と言われる

痛みはどうですか と聞かれたので まあ少しは良くなっているのかなー と答えた

顔は部分的に黒ずんできて 少し腫れているし触れば痛い

寝ていて枕や上布團が触れれば かゆみや痛みを感じる

そうか これが帯状疱疹の普通の痛みか?

こんな痛みなら大したことがないぞ でも肩やら腹に帯状疱疹がでれば衣服が当たるたびに痛みを感じるのか それはそれで大変だが

なぜ私の痛みはもっとひどいのか 考えた

入院時から 食事を口にすると 最初の一口で口の右半分でほっぺたが落ちるという感覚がする (今も食事のたびにこの感覚におそわれる) ヘルペスのおかげで顔の右半分の神経が普通の5倍から10倍ぐらい過敏になっているのだ

こういう状態で歯痛があると その5倍から10倍の痛みを感じることになる そうすれば夜も眠れないという痛みも当然だと思える

来週になれば歯医者にもう一度通おう

しかし帯状疱疹自体は回復に向かっているなら 今度の日曜どうしよう 走ろうか やめようか それが問題だ

|

« 10月も終わりです | トップページ | 大阪淀川市民マラソン »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月も終わりです | トップページ | 大阪淀川市民マラソン »