« 東京オリンピック? | トップページ | 嫁さんの運動能力 »

ライバルはコンピューターの中にいた

コンピューターが人間より強くなったとかどうかとか話題になっていますが もう碁会所とかネット囲碁にも行かなくなりましたね

故 宮本直毅先生がよく言ってました ライバルを持ちなさい それが一番楽しむコツですと

ライバルはコンピューターの中にいました

ソフトにレーティング戦というのがあって 真剣勝負ができます (石の置き直しも出来ませんよ)

ちょうど勝ったり負けたりの相手がいるのです

ネットのように礼儀がなっていない人とかいません

しかもプロ級の実力を持っていながら 自分とちょうど同じ棋力で対戦してくれます

慣れれば これが一番楽しい 時間もこちらが打ちたい時に打てます

しかも昔のソフトのように同じ手を打ってきません

どんどん変化します

まるで機械の中に人がいるようです

囲碁や将棋 コンピューターによって廃れることはないでしょう

しかし碁会所や将棋道場やプロは廃れていくのでしょうね

|

« 東京オリンピック? | トップページ | 嫁さんの運動能力 »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京オリンピック? | トップページ | 嫁さんの運動能力 »