« 携帯電話を紛失 | トップページ | 今日の高校野球が楽しみ »

スター・トレック イントゥ・ダークネス トレッカーの批判

001スター・トレック イントゥ・ダークネス のお盆先行公開を見に行ってきました

(・_・;) うーん 微妙

スターウォーズになっていないか心配しましたが それはなんとか守られていたかな

この映画 普通の人に受けるかどうか わかりません

前作から監督しているJJエイブラムス やはりスタートレックをつかみきれていないみたいです

前作は宇宙大作戦のオマージュとして評価はしますけど 今回はカークの船長としての成長物語

一応トレッカーを名乗っていますので 一番最初に出た予告編から カーンの物語だろうと予想はつけていました

見事予想的中 まあ 死ぬ人間が入れ替わっているのは 少しはひねったのだろうが

前作といい 今回の作品といい 知的好奇心にひとつも応えていない

SFらしさがない スタートレックと言い難い二作品です

前作はスタートレックという物語の設定の説明 登場人物の紹介だったと思います

しかも登場人物が元の物語どおり 忠実に登場させており感動もした

さすがに宇宙大作戦の映像は 撮影機器やCGのない時代ということで今見れば古臭い

それを最新技術を駆使して復活させた功績は認めます

今回もカークの船長としての成長にピントが合わされており スターウォーズとは別物になっている雰囲気は感じ取れるんですが 話の筋として新しいものはなにもない

トレッキーをカーク時代からのファン トレッカーをピカード以降のファンとして捉えれば (これもちゃんとした区切りではない 私もカーク時代をリアルタイムで見ていた口だが ピカードやジェンウエインの方により傾倒するタイプだ)

トレッキーがかろうじて見れる作品でしかない

トレッカーとしては不満の残る作品だ ましてやスター・トレックファンでない人々には面白くもなんともないだろう

最近TNGの全作品のDVDを買い揃えたが 今見直しても古さを感じない 

1時間のドラマの中で 毎回毎回 知的興味を満足させてくれています

そもそもスタートレックは時代を遡って過去を描くと ドラマの中の未知なものはファンには知り尽くした事柄なのだ

エンタープライズのシリーズもこれを脱却できず4シーズンで打ち切られた

同じようなことが エイブラムスの映画からも感じ取れる

彼は次回からスターウォーズの映画を撮るらしい そのほうが良いのかもしれない

スター・トレックに過去もの(エピソード0)はむかない

採点 70点 (ちなみにパシフィックリムは95点です)

|

« 携帯電話を紛失 | トップページ | 今日の高校野球が楽しみ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
私も観てきました~♪

> 前作といい 今回の作品といい 知的好奇心にひとつも応えていない

その通りだと思います。
アクション映画なら他で足りますからね。
嘘でもいいから装置の動作原理や開発過程を見せてくれたりしたら面白いのですが。
市街地を宙に浮いた車が走っているのを見たりするのが好きな私です。

投稿: しま | 2013年8月19日 (月) 10時41分

しま様
久しぶりです お元気でしたか
もう見てきたんですね 
今NHKで大人気の朝ドラで一人の海女さんが言います
わかるものだけ わかればいい
スター・トレックというテレビや映画はこのコンセプトで作られていたように思います
そして熱狂的なファンだけが映画館に押し寄せる
ところがエイブラムス監督は万人にうける映画を目指しました
そのためスター・トレックのハードルをずいぶん下げましたね
まあ映像の迫力には感心しますが 肝心のストリーにスター・トレックらしさがなくなりました
でもファンはどんなスター・トレックでも見に行きますがね(笑)

投稿: 夢人 | 2013年8月20日 (火) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯電話を紛失 | トップページ | 今日の高校野球が楽しみ »