« 芦屋国際ファンラン2013 | トップページ | GPSウオッチ »

LSD

日曜日芦屋10キロマラソンを走る 

夜 淀川ハーフを走った時より疲れを感じた アリナミンのドリンク剤を飲んで寝る

月曜朝は6時半のラジオ体操に参加して 喫茶店で休養 不思議なことに疲れはもう感じていない

今朝は靭までスロージョギング 佐々木 功さんのLSD理論の実践だ 

本に書いてあるとおり 疲れが浮かび上がる 頭では疲れを感じてなかったが ゆっくり走っているうちに 太ももの前側に筋肉痛が出る 普段はこれぐらいでその部分に筋肉痛なんて出ない

体に潜んだ疲れをゆっくり走ることで 汗とともに体外に出さなくてはならない

本ではフルマラソンの後ということで書かれていたが (3週間はLSDで疲労を抜くことに専念しなければならない) 私レベルでは10キロマラソンでも 1週間はLSDで疲れを抜こうと思う

ただただ姿勢に気をつけ ゆっくり走る 

そういえば 新聞に新しいLSDの効果が書かれていた 競泳の日本選手権 萩野選手が5冠を取ったが 一つの決勝レースのすぐ後で二つ目の決勝レースが行われた

その間 50分もなかったのだが 彼はプールでゆっくり泳ぎLSDを行ったのだ

遅筋だけを動かせば 速筋を動かすことによって生成された乳酸をエネルギーに転換させられるそうだ (筋肉の動きを阻害する乳酸をエネルギーとして消費するのだ)

ただしLSDが万全ではない LSDではスピードと筋力は鍛えられない これも佐々木氏の本にちゃんと書いてある(41頁)

まさに復刻版『ゆっくり走れば速くなる』はランニングのバイブルだ

私のランニング生活に光明が射してきたぞ

|

« 芦屋国際ファンラン2013 | トップページ | GPSウオッチ »

ジョギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芦屋国際ファンラン2013 | トップページ | GPSウオッチ »