« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

星を継ぐもの

GWに読んだ本

ジェイムズ P ホーガン が書いた本格的SF 星を継ぐもの

図書館で借りたが二日で読んでしまった

月で宇宙服を着込んだ死体が発見された しかし彼は5万年前に死んでいたのだ

こんな場面で始まる物語 最後は人間はどこから来たのかまで謎解いていく

かと言って映画プロメテウスのようなキリスト教がらみの陳腐な謎ではない

まったくハードなSFでした

最近週刊誌の漫画でも書かれているようですね

SF好きには超オススメです

でも 振り返ると 巨人が謎のままである

星を継ぐもの の続編としてガニメデの優しい巨人 と 巨人たちの星 という続編があるようだ さっそく借りなければ

| | コメント (2)

西トレーニングルーム

土曜日夜 西トレーニングルームに行く

昔 大阪市が各区に1箇所 温水プールの施設を作った

その施設の中に 運動マシンを置いたトレーニングルームがある

オープンしてすぐに会員登録をして通っていたが ここ4~5年は行っていなかった

整形外科で頚椎の異常が確認され 骨は治療の仕方がないので 筋力を鍛えなければと思った次第

会員ナンバー77 気に入っていたので番号だけは覚えていた

データーは今も残っていたので 会員カードを再発行してもらう

今は会員ナンバーは5桁になっているそうだ

久しぶりなので マシンの使い方などを教える初回講習を受けなおす

持久力はハーフマラソンや10キロマラソンを走っているだけあって かなりあるほうだが 背骨 首関係の柔軟性が全然ない

若い頃から体は硬いほうだったが それに拍車がかかっている

筋力強化もだが ストレッチで筋肉や関節をやわらかくしなければ これからも故障を起こしそうだ

若い頃 体育会系の運動部に入っていたから こういう施設は大好きだ

しかも65歳のため 1回の使用料が300円 シャワーも浴びれる

当分病み付きになりそうだ

| | コメント (0)

中村太樹男展

昼過ぎから 団塊おやじさんから案内を貰っていた中村太樹男展を見に梅田へ出る

バスを降りて阪急百貨店へ向かう間 えらい人 人 人

グランフロント大阪はこちら と案内板を持ったガードマンまで出ている

人の流れに逆らい阪急百貨店へ 7階へあがり美術コーナーへ

このあたりは 人はほとんどいない 静かな雰囲気

早速 団塊おやじさんが買った 花摘み を見る この画は案内状の一番前に出ている画だ

なるほど

私が気に入ったのは 彼女の仕事 という画 まん丸の月と女の人が描かれている

残念ながら天皇賞が外れてしまったので買えない (たとえ当たったとしても 買える金額ではないか 笑)

阪神百貨店の地下で 嫁さんの誕生祝いのケーキを買って帰りました

| | コメント (2)

NHKのど自慢の7不思議

今日の日曜 朝から良い天気 気持ちがいい

自転車でゆっくり一休温泉へ行く

家に帰って ひやむぎで昼食 やっといつものペース

のど自慢を見ながらの昼食

ところで のど自慢 『ノラ』を歌うとたいてい 鐘三つ 不思議だなー

| | コメント (0)

G1 22番勝負 天皇賞春

世間はGW(ゴールデンウイーク)ですか

G(頑張れ) W(わたし)

さて天皇賞 オッズを見ると いっぺんに買う気が失せる

昨日の前々日前売り ゴールドシップの単勝が長いあいだ1倍だった

周りの穴買いの人間もゴールドシップで仕方がないようなことを言っている

でも本命派の私はそんな感じがしていないという不思議な現象

それでもこの結果を見せられると やはりゴールドシップで仕方がないのかと思ってきた

しかしゴールドシップ流しの馬連は食指が動かない

滅多に買わない3連単でいくことにする

1着固定ゴールドシップ 相手トーセンラー デスペラード ジャガーメイル フェノーメノ アドマイヤラクティ の5頭

それとゴールドシップ2着固定で同じ相手

40種類 各100円 これで遊びます

さあ 楽しいGWが迎えられるのかなー

結果

金の船 沈みました 私の予感は当たっていた 

最初はジャガーメイルを除いた5頭の馬連ボックスを買うつもりだったのですが ゴールドシップの単勝があまりに買われていたので ゴールドシップから馬連で流すしかないかと思った

しかし配当を見ると ものすごく安い配当しかついていない それで3連単で勝負ということになったのですが

今回の反省 3連単 3連複は二度と買わない 

他人は私より予想が下手だ まどわされるな の2点

1着 フェノーメノ 2番人気

2着 トーセンラー 3番人気

3着 レッドカドー 6番人気

4着アドマイヤラクティ 4番人気

5着 ゴールドシップ 一番人気

馬連 3190円

通算 2勝3敗  ー11660円

| | コメント (2)

グランフロント大阪

グランフロント大阪のまちびらきが新聞をにぎわせている

馬鹿だねー 大衆はまた行政やマスコミに踊らされている

大阪駅北側の再開発

大阪駅南側の再開発はどうなりました

大阪駅前第1ビル 第2ビル 第3ビル 第4ビル その地下のディアモール

あれだけ立派なビル群 地下群

それだけでもオーバーストアーなのに またまた北側に同じものを作るとは

まあ1~2年経つと 駅前ビルと同じようにおやじの憩いの場所になるのでしょうな

B級グルメや飲み屋の街に

あれだけの場所 緑の公園にすれば 世界から注目される素晴らしい大阪になっていたのに

スラム街を作ったことにならなければいいのだが

| | コメント (0)

整形外科

整形外科に通って3日目

毎度のことであるが 痛みを我慢して 我慢して 我慢しきれなくなって接骨医へ行く そして3回ほど通えば ぴたっと治り 我慢せずにもっと早く行けばよかったといつも思う

今回は接骨医ではなくて整形外科に通っているのだが 初日にレントゲンを撮って原因がわかっている分楽であるし リハビリが10分電気をあてて10分手でマッサージをしてくれるというのも気に入っている

しかも320円 接骨医へ行くより安い

触ってもらう場所が首だけに 素人の接骨院のアルバイトに揉まれるのは危険だ

よい整形外科と巡り合ったものだ これでジョギングをして不調になったとき さっさと治療に行けるし 安心してトレーニングに励める

西屋内プールのトレーニングルームにも週一ぐらい行き 筋力トレーニングもするつもりだ

骨は治らないから 筋力でカバーするより他に手はない

スロージョギングにスロートレーニング この二つで健康的な老後を迎えようと思う

| | コメント (0)

将棋 電脳戦

将棋のプロ5人と5種のコンピューターソフトが戦った 将棋電脳戦

ネットのマイナビのページで詳しく解説されていました

将棋は門外漢なので私の感想とは違った見方が多々見られ面白かった

とくに大将戦の第5局 プロが一方的に負けた勝負としか 私の目には映らなかったのですが 前半 三浦の望む通りの進行だったのですね

三浦の もっと危機感を持つべきだった の意味がよく理解できていなかったのですが マイナビの解説で理解できました

三浦も他のプロもほぼ勝ったと思って将棋を指していたのか?

コンピューターがこれほど強くなっていたとは 思っていなかったのですね

生中継を見ていて 第2局から第4局 プロの苦しんでいる画像ばっかりだった

第5局の三浦はそんな苦しんでいるようには見えなかったが あっさり土俵を割った

そうか 自信満々の展開から 一気に負かされたのか (苦しむ間もなく)

神がコンピューターの中から生まれた瞬間だったのですね

来年は コンピューターという神に 人間が挑戦するという構図ですか

| | コメント (0)

体の現状

芦屋ファンランのあと 首に痛みが出ていた

昨日一休温泉で じっくり温め少し楽になっていたのですが 念のため整形外科に行く

首のレントゲンを撮る

案の定 20年前に見つかった背骨の異常が首にまで進んでいた

背骨や頚椎は骨のブロックがばらばらで 軟骨で繋がっている

その軟骨部分が 硬骨に置き換わるという病気 治療法はない

普通軟骨部分で前後左右に動けるのだが 硬骨になってしまうと 自由に動かない

竹細工の蛇が自在に動くが 竹そのものの状態になるとかろうじてしなる程度だ

20年前は 信号が黄色になっても横断歩道の残りを走れなかった

背骨をねじるゴルフも禁止された

それをテニスでなんとか回復させたが (骨は直せない 周りの筋肉で保全するのと テニスのフットワークはすり足で背中、首に負担が少ない) 今しているスロージョグでは筋力アップは望めない (LSDにはスピードと筋力を鍛える効果はない)

ジムに通うか 松島公園のとなりにある屋内プール そこのジムに行こうか

たしか65歳以上は1回300円で使用できたはずだ

| | コメント (0)

申込みました 大阪マラソンと神戸マラソン

春の大会が終わり 次の季節は秋の大会です

大阪マラソンはこの間 8.8キロのチャレンジランに申込みました

今日 神戸マラソンのクオーターに申し込む

まあ どちらも当選するとは思いませんが 申し込まなければノーチャンスですからね

まあ 申し込んだらさっぱり忘れることにしましょう

万が一通ったら GPSウオッチでも買うか

| | コメント (0)

超満員 ドラゴンボール

日曜朝 嫁さんと鶴見アウトレットへ行く

嫁さん 健康診断でコレステロール値が高く治療が必要とされた

コレステロールを下げるなら スロージョギングでしょうということで 嫁さんのジョギング用品を買いに行ったのでした

アディダスで靴とパンツを選ぶ 午前中値札から4割引ということで売り場は超満員

次はリーボックで上着を買い揃える こちらも値札から4割引 これでやる気が揃えばスロージョグが出来る

私もアディダスでジャージの上着と モンベルでシャツを買う

二人共満足して一旦家に帰る 荷物を置いて昼ごはんを食べて 今度は大阪歴史博物館へ

ここに入るのは初めて (外は大阪城を訪れるときよく通っていた)

幽霊 妖怪画大全集という特別展が開かれている 新聞屋から招待券を貰っていたのだが ここも結構満員 しかも外国人が多い (アジア以外の外国人です)

外国人が日本の幽霊や妖怪に興味を持っていることに驚きました

003_640x480伊藤若冲の妖怪やら円山応挙の幽霊 見ごたえがありましたよ 初めて幽霊の掛け軸を見ました

6階から見る大阪城の景色もよかったです

004_600x800そこから造幣局の通り抜けへ行く こちらは桜の花見というより 桜の葉っぱ見の感じ

まあ上を見るより下を見るほうが綺麗かったりしましたが

今年の桜の花見は非常に難しかったですね

でも川べりは屋台がいっぱい出ていて人出もそこそこ

天満橋で嫁さんは家へ 私は梅田へ

阪神百貨店でドラゴンボールの展示会をしているのだ 入場料は500円だが百貨店のカードを持っていれば無料ということで行ったのですが 午後6時 空いているだろうと思っていたら 超満員

他の売り場まで入場待ちの列が出来ておりました

列の後ろに並んで入るも 中も超満員 すごい人気ですね

パラパラっと見て外に出る グッズ売り場で子供のお土産にクリアファイルを買うも 会計するのにまた行列

支払いを済ませ アバンザ地下のお気に入りの喫茶店でお茶して帰りました

今日はあちこちたくさん動きました

| | コメント (4)

ついに負けた人間

将棋の電脳戦 5番勝負が終わりました

最初はコンピューターが人間のプロに挑戦するという感じでしたが 3局終わった時点で人間がコンピューターに挑戦するという感じになってきましたね

第4局ではプロが見栄も外聞も捨てなりふり構わず戦いました そしてやっと引き分けにもっていくという状態

第5局であっさり土俵をわりました

でも面白かったですね 見ごたえがありました

ご苦労さんでした プロの皆様

| | コメント (0)

野田藤を見に行く

004_800x530昨日の新聞に野田藤がそろそろ見頃だと書いてあったので 野田の春日神社に 今朝7時からリュックを背負って自転車で見に行く

場所はもう何回も行っているのでよくわかっている

去年はゴールデンウイークの最後に行ったので もう刈られた後だった

今年はあと2~3日過ぎかな 見頃は

002_800x514しかし綺麗な色だなー 野田藤

下福島公園や聖天さんはまだ咲き始めって感じでした

今度の日曜日お天気が良ければもう一度見に行こう

| | コメント (0)

GPSウオッチ

ジョギング用のストップウオッチを二つ持っています

最初に買ったやつ 心拍数も測れるやつですが ラップがとれない

その次に買ったのが100ラップまでとれるやつ (心拍数はとれない)

大会などはあとで買ったやつが便利なんですが LSDをするときには前者の方が便利です

交差点で止まったとき 心拍数を測れば どれぐらいの強度で走っているかわかります

でも昨日 心拍数が測れなかった 電池の残量が少なくなって ストップウオッチは使えても心拍数は測れなかった

今日ネットでGPSウオッチを検索する

日曜 芦屋に向かっている電車のなかで 向かいに座っている若い女の子がそれらしき時計をしていた いかにも走りそうな子であった

彼女は待ち合わせをしていたのか西宮で下車したので声をかけれなかった

GPSウオッチがどんなものか 実物をさわったことがないので全然解らなかったのだが ネットを見ると とても進んだものらしい

何キロ走ったのかもわかるし 時速何キロかもわかる 心拍数もわかる ラップも取れる

それよりも交差点が赤信号で止まると 計測をストップする 青信号に変わり走り始めると計測を始める

コンピューターの進歩には驚かされる 将棋のプロがコンピューターに負けるのもよくわかる

至れり尽せりだなー でも30000円ほどするのか 買えそうにないなー

| | コメント (0)

LSD

日曜日芦屋10キロマラソンを走る 

夜 淀川ハーフを走った時より疲れを感じた アリナミンのドリンク剤を飲んで寝る

月曜朝は6時半のラジオ体操に参加して 喫茶店で休養 不思議なことに疲れはもう感じていない

今朝は靭までスロージョギング 佐々木 功さんのLSD理論の実践だ 

本に書いてあるとおり 疲れが浮かび上がる 頭では疲れを感じてなかったが ゆっくり走っているうちに 太ももの前側に筋肉痛が出る 普段はこれぐらいでその部分に筋肉痛なんて出ない

体に潜んだ疲れをゆっくり走ることで 汗とともに体外に出さなくてはならない

本ではフルマラソンの後ということで書かれていたが (3週間はLSDで疲労を抜くことに専念しなければならない) 私レベルでは10キロマラソンでも 1週間はLSDで疲れを抜こうと思う

ただただ姿勢に気をつけ ゆっくり走る 

そういえば 新聞に新しいLSDの効果が書かれていた 競泳の日本選手権 萩野選手が5冠を取ったが 一つの決勝レースのすぐ後で二つ目の決勝レースが行われた

その間 50分もなかったのだが 彼はプールでゆっくり泳ぎLSDを行ったのだ

遅筋だけを動かせば 速筋を動かすことによって生成された乳酸をエネルギーに転換させられるそうだ (筋肉の動きを阻害する乳酸をエネルギーとして消費するのだ)

ただしLSDが万全ではない LSDではスピードと筋力は鍛えられない これも佐々木氏の本にちゃんと書いてある(41頁)

まさに復刻版『ゆっくり走れば速くなる』はランニングのバイブルだ

私のランニング生活に光明が射してきたぞ

| | コメント (0)

芦屋国際ファンラン2013

昨日の地震はこわかったですね 時間も阪神大震災とほぼ同じ時間

あわててラジオをつけました

大会は芦屋の海岸線を走るものだから 余震で津波が来れば危ないなーと思ったが 結局参加

昨日まで寒くて 今日は暑くなるという天気予報 でも家を出るときはまだ寒かった

芦屋駅に着き会場まで歩いているうちにどんどん暑くなる

服装は長袖と半袖の重ね着 それとちょと厚めの長袖を用意していたのですが 結局はもらったばかりの記念Tシャツ(半袖)1枚で走りました

それでも暑くて汗びっしょり

004_800x499この大会距離表示は5キロと9キロ(後1キロ)の2箇所しかない

5キロ地点で42’03” あれっ 去年より2分ほど遅い

ゴールは1:25’40” これも去年より3分ほど遅かった

時速で言うと7キロ/時間 (これが今の私の力です)

でも制限時間は1:30 それはクリアしているので これでいいのだ 

しかも今年は1回も歩かず ずっと走り続けました

009_800x533桜はソメイヨシノと違う種類の桜が満開でした

あっ それから記念Tシャツは寸法が小さめなので 男の人はL寸が普通のM寸ぐらいですよ

帰りは西九条で下車し 一休温泉へ 体重計は60.6キロを表示していました

| | コメント (0)

G1  22番勝負 皐月賞

皐月賞ですか 予想に力が入りません

馬よりも明日の私のレースで頭がいっぱい 芦屋国際ファンラン 10キロマラソンです

最近寒い日が続いています 明日は暖かくなるようですが どれくらい暖かくなるのでしょう

服装に悩んでいます 長袖? 半袖? それとも重ね着?

皐月賞はロゴタイム コディーノ エピファネイア の馬連ボックス 

各1000円 計3000円で

結果

1着 ロゴタイム  1番人気

2着 エピファネイア  2番人気

3着 コディーノ  3番人気

馬連 840円

通算 2勝2敗  ー7660円

| | コメント (2)

復刻版「ゆっくり走れば速くなる」

この間ブックオフで探したが やはりなかった佐々木 功著 「ゆっくり走れば速くなる」

アマゾンで中古本が3000円以上している でもネットを見ていれば ランナーズ社から復刻版が出されていた 1575円 しかも新品

早速ネット注文 今日やっと届く

素晴らしい 少し読み進むだけで この人は頭の良い人だといっぺんに感じる

この人の言うことは1行1行 共感できる

彼が亡くなったあと 意志を継いだ浅井えり子が本を出したが 内容を見て買う気はしなかった

でも この本は違う 座右の銘になる本だ

今度の日曜 芦屋国際ファンランを走るが その前に読めてよかった

芦屋が終われば 私のランニング生活のプラン立て直しだ

話変わって ネットでCWXの長袖シャツも買ってしまった

タイツは10年以上前にテニス用に買ったCWXを持っている

スポタカに買いに行こうと思い電話で問い合せたが 気に入った色の在庫がなかった

これもネットで2割引で見つけ注文する でも芦屋に間に合うかどうかは微妙

たぶん間に合わないだろうな そうすると着るのは秋以降の大会か

追伸 13日の土曜日ツタヤに行ったらスロージョギングというCDがあったので借りた

BPM180というリズムをきざんでいる音楽CD このBPM180というのはよくネットで目にする田中教授の教え

この教授の教えにはなぜか反感を覚える (以前ブログにも書いているが)

このCDにも反感を覚える 音楽とリズムがあっていないのだ リズムはバックにザッザッと流れているだけ 聞こえる音楽は全然違うリズム これじゃ走りにくいだろう

エクサミュージックというランニング用音楽があるが これは聞こえる音楽がそのテンポになっているので 非常に走りやすい

きっとこの田中教授という人はスポーツをしてこなかった人種に違いない

頭は教授になっているぐらいだからいいのかもしれないが (私には頭がいいとは思えないというか感じ取れないが) 

彼の言うスロージョグは彼の周りにいる学生(20歳前後の人間)に対するものでしかない

50歳台や60歳台の人たちに しかも普段運動をしていない人たちに BPM180で始めろとは無理でしょう BPM180というのはジョギングではなくランニングのテンポです

しかも歩くスピードで 歩くよりも倍ぐらいの速さで足を動かすなんて見ていてカッコ悪いでしょう

佐々木 功さんが言うLSDや 今言われているスロージョギングとは別物であると思う

私はスポーツをしてこなかった人間がスポーツを教えている言葉に興味はない

(彼はスポーツをしていたかもしれないが 言動からその匂いは嗅ぎ取れない)

| | コメント (0)

花冷え

桜の花はとうに散ってしまいましたが 花冷えが続いています (寒い!!)

今年の桜の花見は3月30日31日の土日で終わり ワンチャンスしかありませんでした

去年の芦屋国際ファンランでは 桜がまだ満開になっていなかったのですが 今年(今度の日曜日)は もう散ってしまって桜の花は見れません

例年今日の4月10日ぐらいは花見の真っ最中でしたのにね

今年の気候はどうなっているのでしょう

| | コメント (0)

面白いぞ あまちゃん

先週から始まったあまちゃんが面白い

いつもは新しいシリーズが始まっても 前のシリーズの見疲れからすんなりと見なかったのだが 前のシリーズがずっこけてあまり見なかったものだから すんなりと見れている

キョンキョンが出ているし 宮本信子も出ている ちょっとずるいほど豪華な配役陣だ

新しいヒロインのアキも初期の広末みたいでかわいい

キョンキョンの昔の映像(18歳の頃)も 上手く聖子ちゃんカットをしていた頃のキョンキョンそっくりな俳優が出ていて びっくりだ

いままで東京制作の朝ドラはもうひとつだったが 今回はいいぞ

| | コメント (0)

201X年 将棋最強戦

201X年 将棋最強戦

コンピューターソフトA対コンピューターソフトB

Aは東日本のコンピューターネットをつないで Bは西日本のコンピューターネットをつないでの対戦

A 初手 ○×歩 

後手 B 参りました

本日をもってコンピューターの将棋解析は終了

なんてことになりそうです (まるで落語の話のようですが)

所詮9×9の世界ですから コンピューターにとっては些細なこと

2013年 将棋の世界で コンピューターが人間を超えたことが証明されました

チェスの世界ではコンピューターが人間を超えてどうなったのでしょう

チェスというゲームはすたれたのでしょうか (よく知りませんが)

神様のようにすべてがわかれば 前記のような対局はありえますね

次にコンピューターソフト開発者の興味が向かうのは囲碁でしょうね

アマチュアにとっては喜ばしいことです

いつでも自分のレベルに合った相手がゲームをしてくれるのですから

まあプロは大変でしょうが

| | コメント (0)

桜散る

土曜夜から大雨 日曜日は風が強い1日

これで桜はほぼ終わり

須磨か吉野に花見に行こうと思っていたのだが あきらめる

やることがないので一休温泉に向かう

今日は牛乳風呂だった (取引先の人間に会ったなー)

帰って昼ごはんを食べても 暇だったので港区のブックオフに自転車で行く

もう古本でしかない ゆっくり走れば速くなる という本を探したがなかった

帰って桜花賞をテレビで見る ハズレ!!

また自転車で心斎橋のハンズへ写真のフレームを買いに行く

淀川ハーフの写真をA4に引き伸ばして焼いていたのだ

今回プリントでなくデータで買ったのだが あとあと使い勝手がよい

次からはデーターで買うことに決めた (でもマラソンの写真はそこそこ集まったからもういいか)

靭のツルマルに寄りうどんを食べて 喫茶店でお茶を飲んで帰る

ゆっくりできた日曜日だった

| | コメント (0)

G1 22番勝負 桜花賞

土曜日 大阪では朝から雨が降っています

明日は花見に出ようと思っていたのですが無理そうですね

今年の桜はあっと言う間に咲いて あっと言う間に散っていきました

盛り上がりませんでしたね

さて桜花賞 こちらは盛り上がっています

混戦ですか? 確かに1頭を除けばどれが来るかわかりませんね

馬券的に言えば 1頭選び全額複勝にブチ込むレースかも知れません

その1頭 クロフネサプライズ でもこの複勝ではつまらないので馬連でいきます

相手はウインプリメーラ トーセンソレイユ レッドオーヴァル コレクターアイテム メイショーマンボ の5頭へ  各1000円

クラウンロゼ ロープティサージュ アユサン プリンセスジャック の4頭に各500円

クロフネサプライズと心中します でもこれだけ網を広げれば当たってもあまり儲からないな

結果

1着 アユサン 7番人気

2着 レッドオーヴァル 2番人気

3着 プリンセスジャック 14番人気

4着 クロフネサプライズ 1番人気

5着 ロープティサージュ 8番人気

ここまですべて抑えてますが 軸にしたのが4着でしたから轟沈

今年のクラシックは混戦模様ですね

通算 1勝2敗 ー13060円

| | コメント (2)

やっぱり野球って (ラジオって)

002_800x600大阪ドームに行きました

オリックスのドーム開幕戦

高校の同級生T君から誘われました

試合はオリックスのホームラン攻勢で勝利

でも野球ってテレビで見るほうが面白く感じませんか

ピッチャーがどこにどんな球を投げているのかよくわかるし 顔の表情もよくわかります アウトやセーフもテレビの方が見やすい

友達と騒ぎながら見るのなら スポーツバーや居酒屋で見れば良い

そもそも野球ってスポーツですか? 一般のスポーツ観戦のような緊張感がない

だからたくさんの友達と連れ立って行って ワイワイ騒がなければ面白くもなんともない

一人でじっくり手に汗を握り観戦する場面なんてほんの一部分だけ

003_800x120


まあこんなのや

006_640x480こんなのは 現場でしか見れませんが

でも面白いはずのテレビ放送も視聴率がとれなくて減っています

変化していないのはラジオ放送のみ あいも変わらずどこにチャンネルを合わせても聞こえるのは野球放送ばかり

この前も朝日放送のアナウンサーが何人も観戦に行ったと各放送番組で言っていました

まるで高度成長期時代のサラリーマンのよう 上司が野球キチガイだからそれにへつらう

大昔の会社みたいでつまらない会社ですね

そんな運営をしているから若い人はほとんどラジオを聞かないというアンケート結果が出るのでしょう

そもそもラジオは聴視率というものがない みんなに受け入れられているかどうか判断する定規を持っていません

世の中の1割程度の野球キチガイが聞いているからといって 残りの9割をないがしろにする そんな運営を平気でする ラジオに未来はありませんね

毎年春になればラジオ離れする夢人です

| | コメント (0)

トーセンソレイユ

今年の桜花賞 トーセンソレイユという馬が走る

お兄さんに日本競馬界至宝のディープインパクトがいる

競馬界における兄弟姉妹とは母親方からみた関係

トーセンソレイユのお母さんがディープインパクトを生んだということ

そのお父さんはサンデーサイレンス 言わずと知れた大物

そのお父さんが亡くなって 次にお父さんの連れ子と結婚をしたんですね お母さんは

そして生まれたのがトーセンソレイユ (まるで古事記に載っている天皇家の話みたい)

でも前のレースではお兄さんを彷彿させるような足を使いました

体重もお兄さんに似て軽量 かわいくて賢そうな子です

応援したくなりますね

さて桜花賞 クロフネサプライズが1枚抜けた存在 道悪になればウインプリメーラとのワンツーでしょう 道がよくなればトーセンソレイユの目があるか (あと体重が増えているかどうかですが)

クラウンロゼとアユサンの関東勢をどう評価するか これも問題ですね

レース直前まで馬券に迷いそうです

| | コメント (0)

眠れないほど面白い「古事記」

日曜アバンザのジュンク堂で平積みになっていた本 眠れないほど面白い「古事記」

パラパラっと目を通してみたら面白そうなので買った

古事記は2冊ほど持っている でもこの本は古事記を解説するのではなくて 物語として捉え 優しく読み解いている

いっぱい出てくる神様の名前も 物語に関係ないものは適当にはしょている

みんながつまずくところを見事に外しているが 本意はちゃんと伝えている

こんな古事記が欲しかったところだ 文庫本だしどこででも簡単に読むことができる

拍手喝采だ

| | コメント (2)

なにわ淀川ハーフマラソンの写真が届く

2263876411_182235155_datax1_2_533x8オールスポーツからなにわ淀川ハーフマラソンの写真が届く

データで買ったのだが 1枚2100円送料420円 計2520円

高いかなー でもこの写真ならいいか

ハーフマラソンは初めてだったが やはり経験不足の感じだった

最初の折り返し点7.5キロまでを1時間で走ろうと目論んでいたのだが 実際は1時間5分ほどかかってしまった

実はこの時速7.5キロというのは 1キロ8分のスピード

1キロづつのラップは ほとんど8分35秒をきざんでいた これは時速7キロのスピード

私の巡航速度のほぼ上限

つまり私は良いペースで走っていたのだが ストップウオッチを見て 遅いと感じてあせってしまった

時速6キロは 1キロ10分

時速7キロは 1キロ8分35秒

時速8キロは 1キロ7分30秒

このスピードの違いはほぼ体にしみている 体感でわかる

この前夜ランしたときも7キロを1時間で走っているし 時速8キロも経験している

時速7キロ これが苦しいと感じないで走れる上限だ (時速8キロは苦しい)

ところがレースに出ると 1キロ何分がスピードの基本 (1キロごとに標識が立っているから)

1キロ10分で走れば 時速6キロ

1キロ9分で走れば 時速6.6キロ

1キロ8分で走れば 時速7.5キロ

つまり私は時速7キロと 1キロ8分の違いを体感できていなかった

苦しいと思わずに走れるスピードを時速7.5キロにアップする必要があったのに それもわからず目標にしてしまった

これからの練習目標は 時速7.5キロ(1キロ8分) を苦しいと思わず走れるようにすることだ

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »