« 時速8キロの壁を突破 | トップページ | 胃が痛い »

将棋 人間対コンピューター

3月23日 将棋の人間対コンピューター戦の第1局があった

コンピュータソフト習甦 対 阿部光瑠四段

見事人間がコンピューターを打ち負かした

対局は5局戦われる その初戦を勝利で収め 米長前会長の仇をうった

彼はこのソフト相手に20局以上練習対局をして臨んだらしい

こうされると コンピューター側には不利だろうな

コンピューターはプログラムされた動きしか出来ない

プログラムの欠点を戦いの前に暴き出されたようなものだから

次は ponanza 対 佐藤慎一四段

ソフトの開発者は事前のソフトの貸出を拒否したらしい

こうなるとプロ側が不利か

それとも人間の底力がコンピューターを凌駕するのか

目が離せない

|

« 時速8キロの壁を突破 | トップページ | 胃が痛い »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時速8キロの壁を突破 | トップページ | 胃が痛い »