« 胃が痛い 2 | トップページ | おなかを引っ込ますってズルじゃなかったんだ »

囲碁 人間対コンピューター

この間 将棋の人間対コンピューターのブログを書いたが 同じような時期に 囲碁も人間対コンピューターの対戦が行われていた

3月20日 電聖戦というタイトルで 若かりし頃 コンピューターと異名をとった石田芳夫九段と 囲碁ソフト1位と2位の対局

これが将棋ほどニュースにならなかったのは 囲碁ではまだコンピューターが人間と対等に戦えていないから

勝負はコンピューターが4子置くハンディ戦だった

結果は1位のソフト クレージー・ストーンがプロに3目勝ち 2位のソフト Zenは中押し負け

結果的には 囲碁ソフトはプロに4子の実力を持ったということだ

アマチュアの六段クラスの力は充分つけてきたということだ (もう私では勝てない)

囲碁の場合 将棋と違って客観的にわかりやすいハンディ規格がある

4子の次は 3子というふうに置石を一つづつ減らせばよい

さあ コンピューターは年に1子づつ減らせるような進歩を見せるのだろうか

囲碁においても 将棋においても 今年から本格的な 人間対コンピューターの戦いが繰りひろげられることになる

|

« 胃が痛い 2 | トップページ | おなかを引っ込ますってズルじゃなかったんだ »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃が痛い 2 | トップページ | おなかを引っ込ますってズルじゃなかったんだ »