« あしたのジョーとリアル鬼ごっことプロメテウス | トップページ | 風邪 »

シュハリ(守破離)

武士道エイティーンを読んで頭に残っていた言葉 シュハリ

シュは守る ハは破る リは離れる で守破離となる

シュはお師匠さんとか流派の教えを守るということ

それが身に付いたら 今度はその教えを破るというか 外れてみること (ハ)

それで形になったらオリジナルを創出する (リ) といったように修行の過程を示した言葉だ

これを私の囲碁について考えてみると 定石を一生懸命覚えていた頃 これが守であった

その後 定石のことを考えずに碁を打つようになった これが破か

この後 オリジナルを作り出せれば 離に至ったのであろうが 所詮素人 そんな段階には進めていない

それどころか攻めっ気の多い私は 常に戦いを求めて 悪い碁に成り下がった

ところが コンピューター囲碁が強くなり 十分に楽しめるレベルに上がってくれたので 最近パソコンとよく対戦する私は 碁の打ち方が変わってきた

というか パソコン相手によく負けるのである 私より弱い友人が簡単に勝てるというレベルでの対戦でも 取りこぼしというか 負けることが多々あった

でも最近 勝手に跳んだり跳ねたりする 私の悪い癖 この癖が修正されてきた

(コンピューター相手だと 悪い癖が出れば負ける 出なければ勝てる と敗因を突きつけられる)

もちろん勝率は上がってくる

ここに来て またまたシュ(守)に戻ってしまった

しかし初段や二段の頃とは違って 定石の美しさ というものを感じ取れるようになってきたのだ

初心に戻ってシュからのやり直しである

|

« あしたのジョーとリアル鬼ごっことプロメテウス | トップページ | 風邪 »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

守破離…頭では分かっていても、なかなか実行には移しにくいですね。
剣道には「守破離」があるようですが、柔道にはなかったようですね…。

投稿: かねとしがばなー | 2013年2月 7日 (木) 22時11分

かねとしがばなー様
剣術が剣道に 柔術が柔道になったのですが いつの頃からか 柔道は道を外れたみたいですね coldsweats01

投稿: 夢人 | 2013年2月 8日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしたのジョーとリアル鬼ごっことプロメテウス | トップページ | 風邪 »