« 30キロウオークって どう | トップページ | やっとテレビが見れた »

プロメテウスをもう一度考える

映画プロメテウスをもう一度考える

人類の起源 これがテーマと思って どれだけすごい映画なんだろうと思ったのだが

この人類の起源 西洋人と日本人では受け取り方が全然違うということに気が付く

日本人は 人類の起源と聞いて単純に科学的なものと考える

ところが 西洋人には 非科学的なもので 宗教的なイメージが優先するのだ

キリスト教が解らなければ この雰囲気は理解できないのであろう

日本人はほとんどの人が 人類は猿と共通の祖先から枝分かれしたと理解している (まさかイザナギ イザナミが生んだとは 誰も信じていない)

しかし西洋人は3割ぐらいしか そうとは思っていない 実は進化論を受け入れていないのだ

人類は神が作った キリスト教はそう教えているのだ

映画 天使と悪魔 で見たように キリスト教と科学は敵同士なのである

神が人類を作り では神とはなになんだというふうには日本人は考えない

出発点からプロメテウスは日本人向きではないのだ

映画エイリアンには一切宗教的なものは入っていなかった それどころか非常に現実的な考えにのっとっている

人類は何十年も宇宙を旅行出来るようになっていたのに 宇宙で生物とは出会えていないのである

初めて出会ったのが 宇宙人の化石と生きたエイリアンなのだ

スターウオーズやスタートレックとは一線を画している 非常に科学的に作られていた

プロメテウスは科学を描かずに 宇宙と言う場所を借りて 宗教を描いた映画なのだ

キリスト教を理解していない日本人は この面でもこの映画を理解できないと思う

|

« 30キロウオークって どう | トップページ | やっとテレビが見れた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
プロメテウスですが、私も観てきました。
人類の起源というテーマに期待してたのですが、途中で頭を切り替えざるをえませんでしたよ。
エイリアンの前作と聞いていたので、そういう面で楽しみました。
映画の宣伝文句は良くないですね。
2001年宇宙の旅くらいの設定なら人類の起源というコピーが許されるように思います。

投稿: しま | 2012年9月 4日 (火) 07時58分

しま様
お久しぶりです
見ましたか プロメテウス
これほど悪評を書き込まれる映画も珍しいですね
それだけ考えさせられるところもあるのでしょう
映画版スタートレックの第1作も ビジャー(ヴォイジャー)が神であるクリエイター(実は人間)を探し求めて地球に戻るという話でした
ネクストジェネレーション(ピカードの話)でも第6シーズンで人間もクリンゴンもロミュランもカーデシアも40億年前に栄えた種族があちらこちらにDNAをばらまいた末に生まれた兄弟である だから2本の足で立ち2本の腕をもった似通った姿をしている というように語られています
神は土からアダムを作りその骨からイヴを作ったとされ 姿かたちは神に似せて作られた とあります この考えは我々が思う以上に西洋人の根底にあるのでしょう
だから なぜという疑問をぶつけたくなるんでしょうね

投稿: 夢人 | 2012年9月 5日 (水) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30キロウオークって どう | トップページ | やっとテレビが見れた »