« 7キロのジョギングコース | トップページ | 残念でした »

エイリアン

日曜日映画プロメテウスを見て エイリアンをもう一度見たくなった

家にはDVDで第1巻から第4巻までのエイリアンと外伝ともいえるエイリアン対プレデターもある

エイリアンはさすがに素晴らしい というか第1巻から第4巻まではリプリーの物語である

エイリアンが出てくるが あくまで主役はリプリー

眠りから始まり 眠りで終わる というふうに哲学的にも作られている この物語は現実ではなくリプリーの見た夢である なんて評論もあった

すごい監督が1作ごとに映画を作り上げ いろんな切口で魅せてくれたが 主人公は常に人間であり エイリアンではなかった

プロテメウスではじめてエイリアンが主役になった エイリアンというキャラクターを作り上げた監督とすればもっとエイリアンに愛を と思ったのだろう ピントは常にエイリアン

時間軸でいえば エイリアン対プレデターが最初で 次にプロメテウス エイリアンシリーズへと続いていく

プロメテウスのクチコミを見ても評価はかなり悪い エイリアンの映画ならエイリアンの映画と紹介すべきだった そうすればこんなに悪評価はつかなかっただろう

しかし2~3割の人間はエイリアンシリーズと知っていて見ているみたいだが その人たちの評価も良くない 元の映画のように人物がきちんと描かれていないから

しかし これだけ評価が悪ければ怖いもの見たさで映画を見ようとする人間が出てくるかもしれない それが映画会社のねらいか

|

« 7キロのジョギングコース | トップページ | 残念でした »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7キロのジョギングコース | トップページ | 残念でした »