« 大阪マラソン 昨日は立ち飲みで盛り上がる | トップページ | 初雪 »

インセプションとてっぱん

インセプション 居酒屋でDVDを借りて見てみた

難解と評判の映画 4回ほど(4日)に分けて見た (いっぺんに見れる映画ではなかった)

最初からわけがわからない 意味不明な展開 最後まで見て なーんだ という感想になった

別にSF的でない 難解なSFとしては 惑星ソラリスが有名だが (アバターで有名な ジェームス キャメロンが作った ソラリス ではないですよ) あれは映画監督のアンドレイ タルコフスキーが 難しくしただけで スタニスワフ レムの小説は そんなに難解ではない

明確なテーマとロマンがあった 人類が宇宙で起こることを総て理解できると言うことは 非常におこがましいことで 人類には理解不能なことがたくさんある そんな簡単な命題に 映画監督は ロシヤ特有の 罪と罰をほうり込んでしまったから 難解になってしまっただけだ

さて インセプション  最後の最後にコマが回るシーンが出てくる 主人公は 結局夢から出れていないのだ 一人の人間が 自分の内面世界に入り込んでしまい 出ることが出来なくなった それだけの物語

だいたい 他人の夢に入り込んで うんぬんということが理解できないし 潜在意識がピストルを撃ちまくるなんて わけが解らない 

ディカプリオも 渡辺 謙もあまり好きではないが 最初にコンピューターグラフィックのお城が出てきた時に 見る意欲をなくした

別にたいした映画とは思わないが 無重力の映し方は秀逸だった

それよりも 昨日のてっぱん いっぺんに雰囲気がかわる映像と音楽になっていた

昔見た テレビドラマ バラ色の人生 を思い出す

寺尾 聡 と 仁科亜季子 が出ていて ジョルジュ ムスタキ の音楽が流れていたドラマだった

大昔に見たドラマだが そのテイストそのままだ 懐かしい

てっぱんは 最近の朝の連続ドラマの最高傑作だと思う

|

« 大阪マラソン 昨日は立ち飲みで盛り上がる | トップページ | 初雪 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

やはり、夢人さんにとっても途中までは
難解な作品でしたか・・・
SFに精通されてる貴殿がこれはSFでは
無いとおっしゃられたので、小生ますます???状態です

最後のコマのシーンは、あのコマが止まるか
そのまままわり続けるかは、観客の判断に
ゆだねたのではないかと思ったのですが?

投稿: 団塊おやじ | 2011年1月30日 (日) 07時12分

団塊おやじ様
この映画のファン マトリックスを好きな人とかぶってるみたいですね
もっと古くはブレードランナー
どちらも私は好きではありません
SFファンにもいろんなタイプがあるみたいです
楽天的と悲観的 これで分かれているのかもしれません それとアクション映画かどうか かな
しかし この映画 最初から何の説明もなく どんどん筋を進めていく 映画館で見た人は ほとんどついていけなかったでしょう
アクション映画としてかろうじて見れる作品?
テーマはなに?
ネットで解説している意見を見ると 最期のコマが回り続けるのか 止まるのか? なんてよく書かれていますが まわり続けるからこの映画はなりたっているのでありませんか
たしかに無重力の映写は見るものがありましたが それが売りではSF映画とみたくありません
なにを考えさせるか それが見当たらない
ファンの皆さんは 重箱の隅をつついているだけで 料理の味には言及していない気がします

投稿: 夢人 | 2011年1月30日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪マラソン 昨日は立ち飲みで盛り上がる | トップページ | 初雪 »