« 曜日の感覚全然なし | トップページ | 今年の有馬記念を考える »

月亭方正

昨日8時過ぎ ラジオを聞いていると 落語をしていた

チャンネルを毎日放送にする たね蒔きジャーナル という硬派のラジオ放送があるのでそれにあわせたのだが 時間が早かったか ちょうど落語放送にあたった

手水廻し という落語だったが なかなか面白かった

話をただ覚え演ずるのではなく 自分で消化吸収出来ている 話の構成 進め方が新しい切り口だ

だれがやっているのだろうと新聞を広げると 月亭方正とあった 月亭八方の弟子らしい

立正大学心理学部卒とある 心理学部の落語家とは珍しい

月亭八方は遠い親戚に当たる 私のいとこが八方のお姉さんの旦那だった (もう死んでいるのだが)

とんびが鷹を産んだか? 出藍のほまれか?

この話は桂枝雀の弟子の桂雀々に習ったらしい だから一瞬雀々が演じているのかと思った

ということは 雀々がこの話を消化吸収して産みだしたのか はたまた方正が産みだしたのか?

桂文珍や他の落語家のこの落語は聞いたことがあるが 雀々の落語は聞いていないため 雀々 方正 どちらがすごいのかは解らないが よい出来であった

これからも注目してみよう

|

« 曜日の感覚全然なし | トップページ | 今年の有馬記念を考える »

落語」カテゴリの記事

コメント

ダウンタウンの番組でよくイジられている
「山崎邦正」サンではなかったですかね。
確か弟子入りして、月亭八方さんから芸名をいただいたと聞いたことがありますよ。

投稿: かねとしがばなー | 2010年12月21日 (火) 22時08分

かねとしがばなー様
そのようですね 私はダウンタウンうんぬんの番組は見たことがありませんが

投稿: 夢人 | 2010年12月22日 (水) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曜日の感覚全然なし | トップページ | 今年の有馬記念を考える »