« 楽しみだなー ジャパンカップ | トップページ | ジャパンカップ 2010 »

競馬とは

競馬とはなんでしょう 馬券を買うことはなんのためでしょう

やはり金儲けのためでしょうね

馬が好きだという人も 馬券を買います やはりお金儲けをしたいんでしょうね

私もやはりお金を儲けたいから買っているのでしょう

実はお金を儲けれると思っています なぜなら 負けすぎている人が多いから

1000円のお金はレースが終われば750円になります 250円は胴元が取りますから

でも1000円張って250円損している人は 非常に少ない ほとんどの人が7割から10割(全額)損をしてます

この差額は どこに行くのでしょう 儲けている人がいるはずです

でも こういう考え方もあります

1000円が1レース後750円になる 2レース後には750円が562円になる 3レース後には421円になる 4レース後には315円になる 5レースもすれば 実に1000円が236円しか残らなくなる

だから5レースする人は 23パーセントの回収率に収束するはずです

ようするに胴元しか儲からない仕組みです

だから 私はG1しかしないのです レース数を少なくするのです

それに G1は情報が多いですし また調教師も目一杯馬を仕上げます

予想を当てる可能性が大きい

でも 各レースごとに財布から1000円出すとすれば 何レースしても回収率は75パーセントに収束するようにも思えます

どちらが正しいのでしょうか

さて 今度のジャパンカップは難しい 勝ってもおかしくない馬が7~8頭います

そこから1頭選ぶのにも苦労します しかしそこは推理を楽しむゲームでもあるわけですから 考える値打ちはあります

でも どの馬券が儲けやすいのか

3連単は3連複の6倍以上の配当がなければ値打ちがありません 

しかも3連単は点数がものすごく大きくなります 

たとえば30通りの3連単を100円で買って 配当が10000円(万馬券)とします そうすれば4倍の枠連を3000円で買ったほうが率はよい

どちらが当たりやすいのか これは個人の感覚によりますが

この どの馬券で勝負するか これはレースの色合いによるのでしょうね

さて ジャパンカップはどの馬券で勝負すべきでしょうか

|

« 楽しみだなー ジャパンカップ | トップページ | ジャパンカップ 2010 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

前に「競馬は統計学」だ、といっている人がいました。
統計学ならば、当てられるのでは?と考えるのは素人の浅はかさ。
本当は割のいい儲けを、他人にさせないための方便だと思います。
「のだめ」の件、パクリではなくて、「コラボ」です。「のだめ」は講談社の「モーニング」、「もやしもん」は「イブニング」という兄弟誌に連載があったからです。
ところでJC、予想が離れると当たるのか?
当方は、全く当たる気がしません。

投稿: かねとしがばなー | 2010年11月26日 (金) 22時13分

かねとしがばなー様
もやしもん 3まで読みました
日本酒の話になってからは面白く読ませてもらっています
<ところでJC、予想が離れると当たるのか?
どうでしょうね 楽しみです

投稿: 夢人 | 2010年11月28日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみだなー ジャパンカップ | トップページ | ジャパンカップ 2010 »