« 最後の熱帯夜 | トップページ | 磁力はなぜ体にいいの »

ランニングとジョギング

昨日呑み屋から誘いのメールがあったが 断り スロージョギングにでる

この後 天気が崩れそうなので 走っておきたかった

継続していると いろんなことが解ってくる

呼吸の仕方とか (2回吸って2回吐く とか 胸で吸わずに腹で吸うとか) ジョギングとランニングの違いとか

よく考えると 私は今までジョギングというものをしたことがなかったのに気づく

ランニングは幼稚園の頃からしていた だから歩くか ランニングをするか の二通りしかなかった

公園を走っていると 明らかに異質の走りをしている人たちに気づく

あっ ジョギングをしているな と思うのである どこかで習ったのかしら なんて思っていた

かっこいい マネをしたくなる

しかし 昨日わかった というか出来た

ランニング(ウオーキングも含めて)は前へ向かう 前方へ向かって足を蹴りだす ゴールは前だ

ところがジョギングは その場足ふみの感じだ 前へ進むという意欲を感じない

思い切り歩幅を短くする ランニングは歩幅は1メートル以上だ それを30センチぐらいにする

ウオーキングより短くするのだ ウオーキングでも80センチほどだが その半分ぐらいにするのだ

そうすると あこがれのジョギングになる 

しかも テンポも早くできる

BPM120で ウオーキングはかなりせわしない ランニングなんてよほど体力がなければ出来ない

それが 歩幅の短いジョギングでは BPM160でも可能か (ジョギングではBPM160が一般的らしい)

幸い私のウオークマンには このテンポのプログラムも入れてある 次はこのテンポでやってみよう

それと注意しなければいけないのは ランニングハイだ 途中からいくらでも走れる感覚になってくる 調子に乗ってやってしまうと あとで疲れが出る とりあえず30分で切り上げることを決めておこう

|

« 最後の熱帯夜 | トップページ | 磁力はなぜ体にいいの »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の熱帯夜 | トップページ | 磁力はなぜ体にいいの »