« のだめ 24巻 | トップページ | NHKマイル2010 »

DVDでアバターを見る

DVDでアバターを見た

やはり魅力は半減していた ストーリーも悪くはない 画もきれいだ

しかし 画面の奥行きが感じられない やはり映画館で3Dで見たほうが はるかに感動できる (とび出すだけが3Dではない)

どうして この映画がアカデミー賞で負けてしまったのであろう

実はアカデミー賞で投票するのは アクターとか小道具係り等 映画にたずさわる人々らしい

これらの人々が CGに恐怖感をもったらしい 自分らの存在感が失われる そんな雰囲気が蔓延して 落選したらしい 

裏返せば それだけこの映画のCG画面が抜きん出ていたのだろう (アクターやストーリーに目が行かなくなるぐらい)

DVDの2次元で見ても この映画の素晴らしさは抜きん出ている 

時代が少し早すぎたか? 大衆に理解してもらうには

今年のアカデミー賞受賞作は将来あまり評価されそうにない

次の映画はアリスを見に行こうと思う

|

« のだめ 24巻 | トップページ | NHKマイル2010 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

小生も、てっきり今年のアカデミーは
この「アバター」と思っていました、
自分のブログでも書いたのですが、
現在のアメリカの最大の関心事である
紛争国での活動を正当化するための
プロパガンダ作品を優先させて結果でしょう。

投稿: 団塊おやじ | 2010年5月 9日 (日) 09時34分

団塊おやじ様
映画好きでSFもこなす団塊さんなら 月に囚われた男を見に行きませんか
単館上映で空中庭園の4Fでしか上映していませんがとても上質なSF映画です

投稿: 夢人 | 2010年5月10日 (月) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめ 24巻 | トップページ | NHKマイル2010 »