« 大阪の桜 | トップページ | 桜花賞の枠順決まる »

最近の囲碁事情

3月末でロイヤルホテルの囲碁サロン橘中楽が閉鎖した

20年以上在籍していたので(オープン以来)寂しい感がする

次はどこをホームグランドにしようか悩んだが ネット碁に入ることにする

ネットでタイトル戦を観戦していて アンケートに答えたら 当選 1ヶ月無料で参加できるようになった 1年ほど前 他の棋戦を観戦したときにも当たったことがあったが ちょうど12月の忙しい時だったので 権利を使えなかった

5~6局打ったのだが レベルが高い 総て負けてしまった それも取られそうにないと思っている石を攻められ 召捕られた 持ち時間の規定が慣れていないせいもあると思うのだが

今 本気で将棋や囲碁をする人間は ネットに流れているのだろう 橘中楽での段位は 社長クラスばかりの旦那碁だったので たいしたことがないと感じていた しかし今 月一回通っている教室はレベルが高いと思っていたのだが それよりもレベルが高い

段位の基準はこれからはネットが主流になるのだろう 年配の4~5段クラスはネットの初段でも打てないかも知れない

囲碁のコンピューターもやっと有段になってきたらしい 日曜日に川村プロに聞いた話では 天頂の囲碁は ゆうに二段はあるそうな 三~四段でも下手をすると負かされてしまうそうだ

コンピュータの進歩は1年で2倍から4倍になるようなので 楽しみである

やっと将棋のソフトに追いつきそうだ (将棋ソフトはもうプロの域に達しているらしいので そのレベルにはまだ4~5年かかりそうだが)

このソフトに勝てれば初段とかいうように きっちりした基準が出来れば 段位も権威のあるものになるだろう

|

« 大阪の桜 | トップページ | 桜花賞の枠順決まる »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪の桜 | トップページ | 桜花賞の枠順決まる »