« 京都の桜 | トップページ | 面白いな 小林よしのり »

東洋医学

この間から体の調子が悪かった たぶん急に冬に戻ったため体を冷やしてしまったからだろう 掛け布団を羽毛布団1枚で過ごしたのが悪かったみたいだ

先週から心臓の具合が悪く 薬を倍飲んでいた 朝歩いていても急に動悸が激しくなるのだ

週末から首が凝って回らなくなる 日曜日京都から帰り 接骨医に行く

背中がバンバンに凝っていたそうだ 痛みのある部分から遠い部分から凝りをほぐしていく

最後に右の肩から首をほぐす

夜 もみ返しが来たみたいで 気分が悪くなるが 早く布団に入る

翌日 だいぶ楽になったが 連続して接骨医に行く 私の経験からすると だいたい2回から3回で治ってしまうのだ

凝りがひどくなると 凝っているという自覚がなくなる 昔から背中や首が懲りすぎると 心臓がおかしいような気になる もし内科に行けば血圧やら心臓の薬を出されて様子を見ましょうということになる

最近 接骨医の開業がメチャメチャ多いが それだけの需要があるのだろうな

東洋医学はすばらしい 体のバランスの狂いをとってくれる 血流をよくし治療する

いつもこんなに楽になれるのなら もっと早く行けばよかったと思うのだ  

|

« 京都の桜 | トップページ | 面白いな 小林よしのり »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の桜 | トップページ | 面白いな 小林よしのり »