« のだめカンタービレ#23 最終号 | トップページ | ジャパンカップダート 2009 »

胃カメラ

今朝胃カメラ検査を受ける

先週初め3日ほど胃が痛かった このところ周りでガンがはやっている

囲碁仲間のO医師は胃がんで手術を受けた 高校の同学年の近所の酒屋は肺がんで見つかった時は末期で手術を受けれない

いよいよ私の番かと思った

昨夜は8時に晩ご飯を食べる 9時以降は何も食べれない もちろん酒もダメ

長い一夜だった 朝も5時頃から退屈な時間だ

9時過ぎ 図書館で借りた古事記の本を持って掖済会病院へ

まず エコーを受ける お腹をぐいぐい押される 痛みがあるぞ

それが終われば胃カメラ 鼻からにしますか 口からにしますか と聞かれる

4~5年前 1回口からしていたので 口からお願いしますと言う

のどの麻酔薬を飲む 次は胃の動きを抑える注射だ 看護婦さんは 前の患者に打つとき 痛いですよ 痛いですよと言っていた 私のときも同じように言っていた でもそんなに耐えられない痛みではなかった

いよいよカメラを飲み込む 最初から最後までえずく おかしいぞ 前回他の病院でしたときは えー もう終わりかと思うほど楽だったのに 今回はゲーゲー はきそうになる

看護婦さんが背中をさすってくれるが そんなものへのツッパリにもならない

思うに麻酔が全然効いていない感じだ 涙が流れる

終わると 1時まで食べも飲んでもだめですと言われる なぜならのどに麻酔をしたかららしい よっぽど麻酔は効いていないと言おうと思ったが止めておいた

とりあえず終わり その足で担当医の医院まで行く 封筒に入れられた結果を二人で見る

胃の写真が何点かあったが たいした事はなかった ただ横隔膜の筋肉が弱って 胃液が食道のほうに逆流しているようだ ガンはなかった

ただ エコーの結果を書いた報告書がない 家に帰り病院に電話を入れておいた

午後5時過ぎ 担当医から電話がはいる FAXが送られてきたそうだ 胆嚢にポリープ 腎臓にのう胞が見られるが たいしたことはないと言われた まあ信じておこう

今日は飲むぞ

|

« のだめカンタービレ#23 最終号 | トップページ | ジャパンカップダート 2009 »

健康」カテゴリの記事

コメント

まずは、検査結果が◎で安心しました。

それにしても、今回はずいぶん苦しい思いをされたようですね。
読みながら、「せっかく聞かれたのなら‘鼻から’にして貰えばよかったのに・・・」 と思ってしまいました

ちなみに、胃カメラが楽か楽でないかは医師によって違います(「方法の違い」ではなく、100パーセント「技術」らしいです)
前回とはちがうお医者様だったのではないでしょうか?

投稿: ルン | 2009年12月 4日 (金) 23時20分

すみません。

前回とちがう病院だったのですね。

投稿: ルン | 2009年12月 4日 (金) 23時21分

毎年の健康診断(特定検診+α)を受けましょう。早期発見で軽い段階での処置で済みますよ。胃カメラは、鼻からがお勧めです。咽喉の違和感が無く、楽ですよ。勿論、ゲーゲーもありません。のう胞は私も数年前から言われていますが、心配ないようです。

投稿: 奈良の同級生 | 2009年12月 5日 (土) 00時28分

ルン様
鼻からというのは どうもイメージがわきません
大きな病院は麻酔事故を怖がって あまり麻酔を効かさないのかな 最悪でした
奈良の同級生様(多分K君)
酒屋の同級生は前年ドッグを受けていました
それなのに見つかった時は末期がんで手術を受けれません
医師のほうは 彼みたいに ドッグなんて受けていない人間のほうが多いみたいです 医師はドックを信用していないのです
まあ年に2回程度の血液検査 これで充分みたいですよ

投稿: 夢人 | 2009年12月 5日 (土) 17時33分

無事でなによりです。
私も先日胃カメラを飲みましたが、あれは医師によって上手下手が多いようです(胃カメラ自体にも太いとか細いとかあるようで)。
何にしても、致命的なものが見つからなければ結果オーライですよね。

投稿: Ben | 2009年12月 6日 (日) 20時31分

当然ですが、定期健診が万能とは思っていませんよ。毎年検診を受けていても、ある日突然病魔に侵されていた例を良く耳にします。病気との関わり、医者との連携の中で、症状に合わせて何を選択するかは、自己責任にて判断するしかないですね。私は定期健診のデータを基に、日常の体調変化に留意するようにしています。

投稿: 奈良の同級生 | 2009年12月 7日 (月) 00時24分

Ben様
胃カメラを飲んだということは 鼻からではなく口からということですね
鼻に割り箸を突っ込んでグッと押すと脳みそを突き破り即死するということを聞いたことがあります
鼻からなんて考えられませんよね
しかし 本当に上手い下手があるんですね
K君
いかに健康に留意していても 所詮寿命は神様に握られている気がします
我々はあとどれくらいあるのでしょうか

投稿: 夢人 | 2009年12月 8日 (火) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のだめカンタービレ#23 最終号 | トップページ | ジャパンカップダート 2009 »