« リコーGXR | トップページ | ジャパンカップ 2009 »

天使と悪魔

居酒屋ばんびに行く DVDの悪魔と天使を借りる

ダヴィンチコードが面白かったもので ぜひ見たい映画であった 図書館に小説の予約を入れて大分経つがまだ連絡はない

なにせ へそ曲がりなもので ダヴィンチコードの評判が良かったものだから ダヴィンチコードのビデオを見たのは 映画が出てから大分経った頃だった (同じ感じで おくりびともまだ見ていない)

こんな面白い映画をなぜもっと早く見なかったのだろうと後悔した

そんな期待でビデオを見る 面白かった 11時ごろから見たのだが 一気に見てしまった

反物質 (よくスタートレックで出てくる おなじみの言葉だが) なんて出てきたので おやっと思ったのだが スピード感は前回以上だ 

ただし 前作のような重みはなかった 謎解きに時間を割いていない ただただスリルとサスペンスの映画だ

でも 最後の大どんでん返しで 題名の意味がよくわかった

点数 4.5  見て損のない映画だ

|

« リコーGXR | トップページ | ジャパンカップ 2009 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リコーGXR | トップページ | ジャパンカップ 2009 »