« 今日はなにを書こうか? | トップページ | さよなら かぐや »

スタートレック 少し厳しい批判

今日子供をつれて スタートレックを見に行きました

公開初日に見て 2度目の観賞です 初日は一番大きなスクリーンでしたが 今日は140人ほどが入る小さなスクリーンでした (スクリーン自体の大きさが一緒なのかどうかはわかりませんが 客席数が少ない場所になっていました)

で 素直な感想 もうひとつという気分です 前回は登場人物がどのように変わっているのかという興味が大でした そして 以前のキャラクターがそのまま残されていて 感動すると言うか ほっとしていました

今回感じたのは この映画 科学的(知的)好奇心をくすぐっていない ということに気がつきました 本当にスターウオーズになってしまっています まあ登場人物がスタートレックでしたから前回は気がつきませんでしたがね

スタートレックを知らない人々に 登場人物を紹介する というだけの映画だなーと思った次第です

トレッキーにとっては 登場人物は完全に把握していて その人物がどう考えるか どう行動するか が楽しみな映画なのです

まあ 特撮はよく出来ていて ジェットコースター映画にはなっていましたが もうひとつ科学的なところがない 知的なところがない映画でした 40年前を振り返る 懐かしむ それだけで 未来に目が向けていない 残念なところです

宇宙大作戦(TOS)はもともと 知的なところが少ない (今となってはと言う意味です 40年前にこんなことを考えていたのか というすごさは認めます) 映画です しかし ネクストジェネレーション ボイジャーと進化しています 一貫して知的好奇心を満足させてきました

今回のスタートレック 過去をなつかしむオールドファンにも受けたようですが この未来に目を向ける というポリシーが欠如しているだけ 認めたくない映画になっていましたね

たった2回見ただけで 評価ががらりと変わりましたが トレッキーの皆様も2回見れば 簡単に看破できるはずです

初回のスタートレックはまぎれもなくスタートレックでした 今回のスタートレックは2回見ただけでもういいやという感じです 以前のシリーズでは何回でも見ようという気になりました

まあ 大勢の方が この映画がきっかけで スタートレックの世界に入ってくださればと思います

|

« 今日はなにを書こうか? | トップページ | さよなら かぐや »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はなにを書こうか? | トップページ | さよなら かぐや »