« 昨日はなにした? | トップページ | ダービー2009 »

スタートレック トレッキーの考察

R0010220 行ってきました 公開初日のレイトショー あっ スタトレに興味のない皆さんは ここで他のブログにワープしてください かなりマニアックなネタばれの話が続きますので

8時40分から11時まで 遅い時間だなー ラーメン食べて帰ったら12時半だった それにしても普段のレイトショーより観客は多かった

ずばり よかったです スタートレックのラインからずれていませんでした これならスタートレックと名乗っても許します

R0010218_2 スタートレック 特に宇宙大作戦の見事なオマージュになっています

カーク スポック ウーラ スールー ドクターマッコイ チェコフ スコット 総出演 涙 涙

しかし この番組が放送されていたのは40年前 私の子供でさえ 伝説で名前を知っているだけです 次男が小学校低学年のとき ジェネレーションズの映画に連れて行った (字幕なのでどうかと思ったが楽しんで見ていた ちなみに初回スタートレックの映画に嫁さんと見に行った時は 横で居眠りされた) この映画でカークからピカードにバトンタッチされるのだ

最初からリアルタイムのファンにとっても またスタトレを知らない人にとっても楽しめる映画になっている エイブラムス監督の作意は当たった

もちろんファンだった人のほうが楽しめると思うが

登場人物像 ぜんぜんずれていません びっくりするほど忠実に描かれています ちりばめられているいろんなエピソードも よほどのトレッキーが製作にたちさわったのでしょう

最初からエンタープライズに乗れるのは スポックとドクターとチェコフだけ? あとはズルですか でもいろんな理由で集まってきて まるで梁山泊のようですね これだけ能力がある人間が集まれば 宇宙で無敵でしょうね

ワープはピストルを発射するような感じになって迫力が増えましたが 転送は渦巻きみたいでかっこよくなかったなー

と普通の人のような感想の後に 真のトレッキーとしての感想を

エンタープライズ号の登場シーン これは初回スタートレックにゆずります 勝てていません あの映画の時は何十年ぶりかで見るエンタープライズA型 製作者もファンもそのブランクを存分に懐かしみました

でも直近の作品がCGで撮影するようになって 宇宙船自体はなんとなくうすっぺらになっていました まあ その感じはぬぐえるようになっていました

スポックが昔の俳優に似ているとは あまり思えません あのかつらと耳をつければだれがやってもそこそこ似てくると思います それよりもマッコイが似ていましたねー

コバヤシ丸のテスト問題 アーチャーの犬をスコットが転送で行方不明にした話 など 普通の人にはわからないが トレッキーをくすぐるエピソードが色々

ロミュランは どうもネメシスの影響を受けていますね どちらかといえばシンゾンです 宇宙船もロミュランウオーバードとは違い ネメシスに出てくる船に近い 船員もそうだし 採掘船というところもシンゾンらしい

スポックが乗っていたバルカンの船 あれも見覚えが バルカンの船はどのシリーズで出てきたのだったかなー ネクストジェネレーションでない気がするし もちろんボイジャーでもなかったような エンタープライズのシリーズだったかなー

エンドロールで 宇宙それは最後のフロンティア のきめゼリフが出てきて 宇宙大作戦のエンドミュージックが流れてくれば それこそ立ち上がっての拍手ものでした

まあ 100点満点にちかい95点はあげても良いでしょう あとの5点はなにか

理性100パーセントの登場人物が出ていない スポックはハーフとしてはかぎりなくバルカン人であったのに この映画ではかぎりなく人間に近い まあ若い頃のスポックを表現するためにこのような設定になったのだろうが

データやセブンオブナインに代表されるあこがれの人間像がいない 我々が彼らにあこがれても 彼らは人間にあこがれ 人間に近づこうとする そしてどちらも成長する この命題が欠落している

それと科学的な最先端の理論がない タイムパラドックスのとらえかたも平凡だ ブラックホールにとらわれても またこちらの世界へ戻ってこれるのであろうか (時間がずれて)

カークが船長になって宇宙を探検する前に バルカン星やロミュラン星をぶっこわして 話の筋の整合性はあうのだろうか

なんて思ったりしたのであるが この話自体が スポックがある事件を解決できなかったことにより タイムワープしたロミュラン人が起こした アナザーワールドであったのだ

本当の世界ではカークの父は死んでいないし スポックが船長につく事もなくカークが船長になっている (ちいさなこだわりだが カークの時代は船長と呼ばれていた ピカードから艦長と呼ぶようになる)

なるほど こんな逃げ道を作っているとは かなりのスタトレ通がスタッフにいるみたいだ

しかし映画会社 予告編の作り方が下手すぎるぞ それに宣伝のカーク スポック ウーラの顔写真もいただけない (まるで極悪人だ) これで当たらなかったら宣伝が下手すぎるということだ

|

« 昨日はなにした? | トップページ | ダービー2009 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日はなにした? | トップページ | ダービー2009 »