« 暖かくなりました | トップページ | 腕時計行方不明事件 »

竹の水仙

昨日 ツタヤから誕生月の半額セールのメールが来ました

夜9時からのウオーキングコースをドームにとりました

なぜか 人人人

セリーヌディオンのコンサートが終わったらしく 人だらけ 前に進みません

信号が青でも通行止め まいりました

ツタヤに着き CDのコーナーへ

落語のCDで 柳家小さんの竹の水仙をみつけました

桂歌丸の 竹の水仙はMDでもっています 小さんはどのような落語を聞かせるのか 楽しみに借りました

結果から言えば 歌丸のほうが上ですね 小さんは常に80点は取れますが 竹の水仙に関しては 歌丸が100点を取っています

しかし 東京と 上方落語は やはり違いを感じます 東京の落語は聞かせるという感じ

客に主体性がなく 演者ひとりが演じている感じですか

今は上方落語のブーム 上方落語は積極的に笑を取りに行きます

落語は 客の知的センスをもとめる芸です 客のレベル 大阪の方が上なんでしょう

上方落語 定着することを望みます

|

« 暖かくなりました | トップページ | 腕時計行方不明事件 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かくなりました | トップページ | 腕時計行方不明事件 »