« 非日常への旅立ち(本編) | トップページ | 桂 文珍 »

日常への帰還

20080224525 帰りの東名高速 浜名湖から見た夕焼け

いよいよ 現実への帰還である

岐阜羽島で S君と別れ 新幹線へ

G君は京都で下車 K君と私の二人が新大阪まで K君はこれから奈良まで帰らなければならない

Huji2 みんな 昔と変わっていなかった しかし 写真を見ると 一番年下の私が 一番年寄りに見える まあ誕生月だけの差ではあるが 私だけまだ59歳である

左から 夢人 G君 S君 K君

自宅に着いて お茶を飲みながら 嫁さんに旅行の話をする

その後 競馬の結果をインターネットで見て (買っていたら2レースとも取れていた) 布団にもぐりこむ

しかし 1時ごろまで眠れなかった 足がいつまで経っても温かくならないのだ

朝 ラジオから 今年一番の冷え込みであったと聞かされた なんだ そんなことか

7時から いつもどおりの 1時間のウオーキング

もう 普通の生活である

夢の時間は終了 さあ 頑張らなくっちゃ

富士山 素晴らしかった なにがすばらしいかというと 孤高の存在である

まわりになにもない 自分ひとりで すくっと立っている 

私も頑張らなくっちゃ そんなことを思った

追記 旅行に出発した2月23日は フジサンの日でした

|

« 非日常への旅立ち(本編) | トップページ | 桂 文珍 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

富士山の似あう?同級生の方との記念写真ですね。夢人さんがいちばん年寄りのようでいて、尚且ついちばん若さがみなぎっていますよ。
 すくっとたっている富士山は、やはり日本一の山です。(古くさい表現)
 

投稿: モリノブ | 2008年2月27日 (水) 13時13分

「非日常への旅立ち」から「日常への帰還」

きょうの最終編、感動的でした。
SさんGさんKさんの3人を次々と見送る夢人さまの視線と重なり、なんだか私まで胸が熱くなってしまいました。
浜名湖からの夕焼けもキレイですが
やっぱり四匹の侍がサイコーですねtaurusleodogcat


今回はたくさんの写真と日記で楽しませて頂き、ありがとうございました。

>私も頑張らなくっちゃ 

その息だよ夢人さま!
頑張らずにガンバっていきましょーsnailpenguinchickhorsepig

投稿: runnルン | 2008年2月27日 (水) 13時15分

モリノブ様
富士山はやはりすごいですね
でかいです そしてまわりになにもありません 一人でそびえています 東京からも 名古屋からも 年に何回か見れるそうです
大阪からも見えればよいのにと思いました

ルン様
頑張らずにガンバっていきましょー
には感動しました それに4匹の侍 も気に入りました そういえば七匹の侍の一番年寄りの顔 ちょっと私に似ていますね

投稿: 夢人 | 2008年2月27日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非日常への旅立ち(本編) | トップページ | 桂 文珍 »