« 中国 | トップページ | 場外馬券 »

男と女Ⅱ

土曜日の夜 嫁さんは 二七日とか三七日とかで 実家に泊りがけで戻ります

丸々フリーになります それで この間買っていたDVD 男と女Ⅱを見ました

男と女とは 1966年に製作された 素晴らしいフランス映画です

若き天才 フランシスレイとクロードルルーシュがぶつかりあって出来たとても素晴らしい作品です

その監督 クロードルルーシュが 20年経ったら 同じ俳優で続編を作ろうといって製作された映画 それが 男と女Ⅱです これも10年以上前になります

いままで 見ていなかったのは 前の作品のイメージが壊されるのでないかという危惧があったからです

でも この間 ヨドバシでDVDを見つけ 買っておりました

見ました なにか 同窓会に出ているような感じ

美人の彼女 20年経って どのようになっているのだろうか 彼はどのようになっているのだろうか? そんな興味をもたせる感じです

前作のファンはそんな興味で見ても楽しめますが 前作を知らない人にとっては 駄作でしょうね

前作の最終シーン 皆で考えましたよね どうなっていくのだろうか ハッピーエンドか アンハッピーエンドか 選択は 我々鑑賞者にまかされていました

実にくだらないシーンで続きが撮られていました 言葉による説明までついて

前作には 言葉は要りませんでした フランス絵画を見るような映像 (知っていますか? フランス絵画って暗いんです 晴れていません 海はいつも荒れています)

心打つ音楽 感性の世界 それを 年取った監督は 言葉をそえるようになっていました

見なければよかった 後悔しました

まあ 同窓会に出た かわいかった彼女はかわいいままであった そんな安堵感はえられましたが 

年月というのは残酷です あのみずみずしい感性 20年ももたないのですね

過去は振り返るだけがよいのかも知れません 年をとるということはそういうことなのかも知れません

男と女

|

« 中国 | トップページ | 場外馬券 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

動画は1作目のラストシーンですか?
(スミマセン・・・実はまだ観ていないのですcrying

でも、ステキな映像ですね♪
DVDレコーダーも買った事ですし、これからちゃんと観ようと思います。
あと、ダバダバダの音楽がすっごく速いのに驚きましたdash

投稿: ルン | 2008年2月18日 (月) 00時38分

ルン様
あれは ラストシーンではありません
あれから 物語があります 波とたわむれる犬 それにも意味があります 高揚した二人の気持ちを表しています
映画に出てくる海 いつも荒れています
映画に出てくる天気 これもいつも荒れています とてもフランスらしいです

投稿: 夢人 | 2008年2月18日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国 | トップページ | 場外馬券 »