« 十日戎 | トップページ | 1月14日 (その2) 南禅寺 »

1月14日 (その1) はがくれ

20080113387 昨日13日(日曜日)は 嫁さんの父親が入院したため 御所(奈良)へお見舞いに行きました

病院の後 嫁の実家へ もちろん 酒は持参 ワンカップオーゼキ おいしいですね びっくりしました これからは これを持参することに決めました

それで今日14日は自由に使おうと思って京都に行きました

20080114389 ちょっと梅田に用事があったもので 10時半ごろ第3ビルに 用事を済ませて はがくれをのぞくと だれも並んでいません なぜ? よく見ると オープンは11時からでした

10分ほどウロウロして オープンと同時に入店

うるさい親父がいると聞いていたんですが 今日は祭日のせいか そのような人物は見当たりませんでした 若いのが4人こまごまと動いていました

注文は 生醤油セット (800円) 生醤油うどんにかやくご飯のセットです 待つこと5分ほどで出てきました 若いのが 食べ方を知っていますか?と聞いたので 知りませんと答えました

このやりとりは ネットで予習済み だいこんのすったやつを乗せ ねぎをのせて すだちをしぼり しょう油を二回り半 ここまでは相手がやってくれ かきまぜずに二筋ほどづつお食べくださいと教えてくれました こうるさい親父を期待していたのに 少し期待はずれ

味は予想の域を出ていませんね あっ かやくごはんはおいしかったですよ おこげの部分も入っていたし 上に枝豆が二粒 みごとな緑色で乗っていました

うどんは べつに言うことはありません 

私は この店のリピーターにはならないでしょう というか この店に来た人の1割もリピーターにはならないと思いますよ 

私は 商売の難しさを感じました この味で毎日毎日 何人もの人間が30分以上も並ぶとは 

食べに来ている人間も おいしいから来ているんではないんでしょうね 怖いもの見たさ 一度どういうものか試してみたい その一心でしょうね

だから 一度だけ そんな感じがします (生醤油を注文している人 ほとんどが食べ方をコーチしてもらっていたのが その証拠 ほとんどの人がこの店初めてです)

20080114390 店をでると もう何人もの人が並んでいました 

私は やはり 生醤油とか ぶっかけは きらいです No1の生醤油を食べて 好きになれなかったのだから これはやはり 料理とは認めたくありません うどん料理ではありません 

たとえ 生醤油や ぶっかけが好きな人にも 薦める店ではありませんね 30分も並ぶ価値はありません

今日はいろいろあったので 続きは明日

予告

20080114406_2 20080114423_2 20080114420_2

|

« 十日戎 | トップページ | 1月14日 (その2) 南禅寺 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント


「はがくれ」 の生醤油うどん&かやくご飯。
今、お腹ペコペコで見ているせいもあり、とんでもなくオイシそうです(ゴクリゴクリ!)
くいしんぼう手帳さんのブログも参考に、大阪駅前ビルの食べ物やさん巡りも楽しそう。
「はがくれ」
ゼヒゼヒ挑戦してみたいと思います。


それにしても、下の写真は一体!!!!
(は、早過ぎる~(~o~))

投稿: ルン | 2008年1月15日 (火) 01時21分

ルン様
今朝 弟から プレゼントを受け取りました
ありがとうございます
大豊神社よかったですが そこに行く前の南禅寺がすごくよかったです 冬の京都も観光客が少なくてよいものですね
はがくれは並んでいなかったら入ってください 並んでまで入る店ではありません
それよりも 何回もリピートしているてん川のほうが名店と思いますよ

投稿: 夢人 | 2008年1月15日 (火) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十日戎 | トップページ | 1月14日 (その2) 南禅寺 »