« 今日は歯医者に行く | トップページ | だしの文化 »

きつねうどん

昨日夕方 自転車に乗ってうどんを食べに行った 夜ブログを散歩していると くいしんぼ手帳のほづまさんが 昼 そこで食事をしていた しかしコメントの返事に違和感があって詳しく調べると 違う店であった ネットで調べると 立ち食いうどんのチェーン店のようである

浪速麺乃庄 つるまる 私の行った店は 靱公園と靱テニスコートの間の道(なにわ筋)を少し北へいったところにある店舗で そこそこ広く テーブル イス があり座って食べれるきれいなお店でした

ネットで最初に出てくるのは 鶴丸うどんといって 讃岐で有名なうどん屋らしい しかし私が気に入ったのは 大阪のうどんというところである

うどんは大阪のものである とくに けつねうどん (きつねをこう表記する) は大阪が誇る食べ物である だしが日本一なのだ 東京のうどんが根付かず そばに偏ったのも だしが影響している

落語の時うどんを聞いてもわかるように うどんは 最初にだしをすする 次に麺である

だしは 大阪がなぜ一番であったか 高知から かつをぶしが入る 瀬戸内海が近いから新鮮な小魚が入る 北海道から昆布が入る (江戸時代昆布は江戸に入らずほとんどが大阪に入る) 

だしのないうどん こんなものはうどんとは認めない  ところが昨今 讃岐 讃岐と いままであったうどん屋まで 生醤油とか ぶっかけとかにメニューを独占されている

大阪のうどんは 早い 安い おいしい この3点がそろっていたから日本一になったのである 商売人が忙しいさなかパッと入り パッと食べる これが大阪うどん 

で 前出の店には これがすべてそろっていたのであった

讃岐とうたわずに 浪速のうどんとしているところも気にいっている

ちなみに かけが200円 きつねが250円 他の種類もたくさんあって おにぎりやかやくごはんのようなサイドメニューも豊富 アルコールも 発泡酒から ビール お酒までそろっている

うどんを食べるのに エッジがたっているとかいないとか 馬鹿なことを言わずに だしをすする うどんをすする この調和が取れていればよいのである

うどんを食べる (他のものでも) のに20分も30分も並ぶ こんなことは 大阪人は絶対しない ようするに 大阪に大阪人が少なくなってきた これが大阪停滞の原因でしょう

最後に 大阪を知るよい本を紹介しましょう 大谷晃一著 大阪学 新潮文庫 400円

ここにも 安い 面白い の大阪のエッセンスが詰まっています

|

« 今日は歯医者に行く | トップページ | だしの文化 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

夢人さん、こんにちは。

私のブログの夢人さんのコメントに返信のコメント書きましたが、私の行った店と同じだと思いますよ。チェーン店なので、何箇所かにあるんでしょ。また同じ店名でも場所によって形態(立ち食いか、座るのか)が違うんでしょう。

夢人さんは、うどんにかなりの拘りがあって、熱く(うどんの話だけに)語っておられますが、私なんかあまり拘りが無く、評価はただ一つです。私にとって旨いか旨くないか、だけです。

大阪うどんであろうが讃岐うどんであろうが、また、ダシがあろうが無かろうが、美味しければどちらでもいいと思ってます。ですから逆に、拘りを持ってる人は、ある面、うらやましく思ったりもしています。すいません勝手なことばかり言って・・・。

投稿: ほづま | 2008年1月 9日 (水) 17時53分

夢人さま、その後歯の具合はいかがでしょうか。
私も半月ほど前、今まで経験した事のないような痛みに突然襲われたので(20秒ほどでしたが)他人事とは思えません。
早く原因がきちんと判るといいですね。

うどん談義(?!)
何やら白熱してますね。
私なんか吹っ飛ばされそうな勢い・・・

私は生まれが東京なので真っ黒なダシに馴れていたのですが、九州へ引っ越した際、甘めのダシにかなり引いてしまいました。
数年後には馴れましたが、「九州のうどんもオイシイな~♪」 という心境には結局至りませんでした。
その当時読んでいたマンガ『巨人の星』の中で、「やっぱり大阪はけつねうどんや!」 と叫ぶ伴宙太のセリフがあるですが、それが子ども心にも事のほかオイシそうに響き・・・・
‘いつか大阪でけつねうどんを食べるんだ!’という夢を、関西へ出るまでの間ずっと抱き続けていたものです。

讃岐うどんに関しては、将棋のH君兄弟(愛媛在住)のお父さんが根っからのファンです。
「カレーうどんもオイシイもんですよ」 というと、決まって、「いやあ、あれはウドンのうちに入りません!」 とキッパリおっしゃるので、近いうちにゼヒ ‘てん川’ へ連れていこうと企んでおります。


と・・・・・
一体わたしは何を書いているのでしょう(+_+)

ここはドコ? 私はだれ??

いずれにせよ、<ウドン、そばの無い人生>は考えられませんね♪

投稿: ルン | 2008年1月 9日 (水) 19時52分

コメント、ありがとうございました。
実は讃岐うどんが有名ですが、徳島も隠れたうどん王国なのです!! 私の暮らす鳴門地方にも「なるとうどん」なるものがあります。平麺で、コシがなく、すばやく食べるのに適しています。当地が昔塩田があって、製塩業が栄えたころに、今のファーストフード感覚で作られたそうです。ちなみにうどんだしは薄口しょうゆベースの昆布と鰹節のだしです。
また阿波市の土成町には「たらいうどん」というゆでたうどんをたらいに入れて、濃い目の出しに卵を散らして食べるものがありますよ。
ほかにも隠れたおいしいうどんがあるようですが、徳島ラーメンのほうが有名なようです。
ほかにも、かなり太目のそうめん(実際は冷麦に分類されるようですが)半田そうめんもありますよ!!

投稿: かねとしがばなー | 2008年1月 9日 (水) 21時41分

ほづま様
私も食べずに批判するのはイヤなんですが 何度行っても はがくれは人が並んでいます (最初の生醤油は はがくれと決めています)
食べ物屋に入るのに 並ぶということは 大阪人として沽券にかかわります 大阪人というのは赤信号でも車が来ていなければ平気で渡るという合理性を持ち合わせています (自己責任という認識も持ち合わせています)
早く 上手く 安くなければいけません
運良く並ばずに入れたら 必ずコメントを書きますのでそれまでお待ちください


ルン様
歯は経過待ちです 気が付いたんですが治療している右の上の奥歯 (親知らずではないらしいです) これだけ八重歯というんですか 犬歯のように外に傾いています 私としては抜いてもいいんですがねー
話し変わってカレーうどん これは認めてもよいのですが よくお書きになるカレーそば これは味が想像できません 却下
しかし カレーは白いご飯が一番だと思います あのインディアンカレーでも スパゲティにかかったやつ もうひとつと思いました


かねとしがばなー様
なるとうどん わかめがたくさん入っているのでしょうか? よだれが出てきました
それともう一つこだわりが そうめん これがだめなんです 噛んだ時の食感ですか あの細さがだめです 冷麦は大好きなんですよ 同じ材料で 太さでわけられるらしいですが そうめんはいけません 

投稿: 夢人 | 2008年1月10日 (木) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は歯医者に行く | トップページ | だしの文化 »