« 菊花賞 | トップページ | 体調 »

リンダ リンダ リンダ と 漢江の怪物

昨日 突然 ひも解けました 漢江の怪物 どう理解すればよいか

リンダ リンダ リンダ 日本製作の映画です 主人公は ペ ドゥナ 美人ではありません

美人ではないけれど 主役をはれる女優です ものすごく 存在感を出せる女優です

この女優が 漢江の怪物に出ているんです

漢江の怪物 怪獣映画とみてはいけません ゴジラ(第1作)のように社会性をもった映画とみてもいけません ただ単なるコメディです 大笑いするコメディです

韓国の人 あの映画を見て 馬鹿笑いしているのでしょう

主人公たちが 馬鹿を演じているんです エクストラも 全員馬鹿を演じているんです

韓国人には それがわかるんでしょう たぶん主演男優も優秀な俳優さんなのでしょう

その俳優が 馬鹿を演じている 父親役も 弟の俳優も 馬鹿を演じている 愛するペ ドゥナも 馬鹿を演じています

すばらしい 俳優たちですから あの俳優が あんな馬鹿を演じている それで 大笑い

だから 韓国でナンバー1の映画になったのでしょう

この映画は いくら 観客を動員したからって 海外に出す映画ではなかったのです

というのは 外国の人には そんな事情がわかりません その俳優が 他の映画でどれぐらい すばらしい演技をしているか を知りません 

ですから この映画からだけしか 情報を受けとれません 主人公も 周りの人間も エクストラで出ているすべての人間が 馬鹿ですから 韓国人って馬鹿ばかりと思ってしまうのです

こんな国辱的な映画を 韓国人自体がなぜ見たのか 判りませんでした

でも 韓国の人は 俳優が馬鹿を演じているというのが判っています そこで大笑いをしているのでしょう

たった1本の映画 リンダ リンダ リンダを見て ここまで謎がとけました

この推理 間違っていますか コメントを受け付けます ご意見のある方はどうぞ

|

« 菊花賞 | トップページ | 体調 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菊花賞 | トップページ | 体調 »