« オークス | トップページ | ドームの中心で猛牛をさけぶ »

思い出の映画 3

ブログの訪問者の数がもうじき10000人を超えます

で 記念すべきブログ なにを書こうか迷いましたが 映画の話でいこうと思います

先週 西部劇について書きました 宇宙ものも好きです でも3本選べといわれますと ローマの休日 男と女 シェルブールの雨傘 この3本を挙げます

3本とも恋愛物です やはり私の人生 愛が一番ですか

昔 ビデオを持っていなかった時に NHKで ローマの休日の放送がありました 友達に頼んで録画をしてもらいました 機械もないのにテープだけ持っていました

このテープがベーターだったもので 機械もベーターを買うはめになりました

次にレーザーディスク この機械を買う前にも ローマの休日のソフトを買いました 私 映画を再生する機械を買う前には 必ず ローマの休日のソフトを求めていました 

もちろん オードリーヘップバーン 大好きですよ でも それ以上に グレコリーベックが好きでした プリンセスが退席した後 一人で宮殿を出る その時に響く靴音 あのシーン何回見ても泣けます 男の美学です 友達のカメラマンも男ですねー

昔 親からも社会からも 男は 男として育てられてたんですよねー いつの頃からか それがなくなちゃったんですよね

次に 男と女 この映画 天才と天才がぶつかっちゃたんですね 映画監督クロードルルーシュ 音楽のフランシスレイ 若い才能が爆発する 同じ時期 同じ場所で 爆発しちゃった 音楽が先に出来あがっちゃったんですよね ルルーシュはその音楽を聴きながら映画を仕上げた もちろん すばらしい音楽に負けることなく すばらしい映画を仕上げました その風景は 17~8世紀のフランス絵画を見ているようです フランスの暗い空 暗い海 そんな背景に負けない 主人公たちの生き方 愛し方 カラーと白黒がまざった不思議な画面 みずみずしい才能あふれる映画でした

映画って 音楽がものすごくポイントになりますよね 主題曲 それ以外にも全編で流れるボサノバ でもそれに負けない見事な映像 

主人公も素晴らしいですよ アヌークエーメ 美しいだけでなく ものすごく雰囲気をもったすばらしい女優さんです 男優のジャンルイトランティニヤン 二人ともフランス人を見事に演じてました

次の シェルブールの雨傘 これは前出の2点よりは だいぶ落ちるんですが ミシェルルグランの音楽がすばらしい それとせりふがすべて歌という実験的な映画でした

カトリーヌドヌーブ 美しいんですが 上手な俳優とは思えません まあ話の筋がよかったのと 素晴らしい音楽 

将来的には この第3位 他の映画と変わるかも知れませんが いまのところ 私のベスト3です それとこの映画だけ DVDを持っていないんです 昔レコード店で見たとき 4500円ぐらいしていたのかなー 買わなかったんです 今 ネットで見ると 中古で30000円ぐらいしてるんですよね DVDって儲かるんですか? 私たくさん持っているんですけど でも先週200円で買ったやつもありますから どれでも儲かるってことないんでしょうね

3位 入れ替わるとしたら ダンサーインザダーク かな これにもカトリーヌドヌーブが出ていましたね 

このDVD持っていますが まだ見ていません 腰をすえなければ見れない映画ですので しかし映画館での衝撃はすごかったです この映画を見た後 2~3ヶ月 音楽を楽しめませんでした ジャズやクラシック ポップスを聴いても 楽しくなれませんでした

それほどすごい映画です この際 3位を入れ替えましょう

|

« オークス | トップページ | ドームの中心で猛牛をさけぶ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ダンサーインザダーク
ネットで評判を見ると 一同に二度と見たくないという評価です すごく感動しているんですが 2回も見たくない ものすごく泣きます 感激します でももう1回 見ようという気が起こらない それぐらい重い映画です 私もDVDを買ったはよいが なかなか見る気にはなれません しかし 一度も見たことのない人 ぜひ見るべきです

投稿: 夢人 | 2007年5月21日 (月) 21時48分

カウントが1万人を越えましたね。おめでとうございます。私はホームページの中にブログがいっぱいあって、それぞれアクセス数は異なります。成績みたいでイヤなときもありますが、プラス志向で考えることにしました。
 シェルブールの雨傘は見ていて歯がゆく感じます。案外、女性のシビアさ、男の幼稚さみたいなものが見られますね。
 私は恋愛物がダメみたいで、妻にもわかっていない!と言われます。ローマの休日は好きです。モンパルナスの灯(モジリアニ、モノクロの映画です)が大好きです。
 ウエストサイド物語、ロミオとジュリエット、悲劇なのですが、男が冴えなくて、何をやっているのかと思ってしまうのです。ダメですね。

投稿: モリノブ | 2007年5月23日 (水) 11時18分

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」 は面白そうですがまだ観ていません。
でもそんなに重い映画だったとは知りませんでした。
今は映画からはるかに遠ざかっている日々なので、もうしばらくしたら絶対に観たいと思います。

「シェルブーの雨傘」 は、(そりゃ無いやろー!カトリーヌ・ドヌーブ) と、いつもプリプリ怒りながら観ています。
でも映画としては面白いですね。
怒りながらも1年に1度は観たくなる作品です。


私のベスト3、現在のところは

「大脱走」 「風の丘を越えて」  「ラ・ルジャン」 といったところです。

聞かれてもいないのに失礼いたしました。

投稿: ルン | 2007年5月24日 (木) 00時09分

モリノブ様
カウントが1万を超えて やっと一人前のブログになったかなと思います 毎回1点は写真を入れたいのですが 写真を撮るチャンスがなくて思うようにいきません 昨日のドームの写真 携帯電話で撮ったのですが メールで自分のパソコンに送り そこからマイピクチャーに取り込むと面倒なことをしています 今月末 携帯電話をノキアに換えますので写真はずいぶん便利になると思われます これからもよろしくお願いします それとモリノブ様のブログRSS読者になるから入っていってなぜかブログページを持つ羽目になりました 私はkobeccoさんみたいに横に夢人の夢を乗せたかっただけなんですけど 

ルン様
大脱走は娯楽作品ですが 他の二つは難しそうな映画ですね でもそんな映画を見られるんでしたら ぜひダンサーインザダークを見てください ミュージカルのようなところもありますが そうではありません そして打ち負かされたらコメントください
私もあと10ヶ月で映画が1000円になります いまから楽しみにしています

投稿: 夢人 | 2007年5月24日 (木) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/15151535

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の映画 3:

« オークス | トップページ | ドームの中心で猛牛をさけぶ »