« 東京に初雪が!! | トップページ | 今年は冬の日展 »

将棋のプロ棋士

3月17日 将棋の奨励会(三段の部)の最終戦がありました

12勝4敗で4名が並んでいました そのうちの一人が ブログのリンクをはっています 森信雄プロのお弟子さんの大石くん(17歳)でした

奨励会三段の部というのは 34人の院生が半年間戦って そのうち2名だけが プロに進めます

17日 2局指すんですが 大石くん 1局目で その4名のうちの一人伊藤くんと当たっておりました 見事その試合は勝ち取ったんですが 残りの二人も勝利して 13勝4敗で3人が並びました

最終局は直接対局がなく 大石くんが勝っても 後の二人が勝てば ランクの関係で 彼はプロになれません

結果は 大石くんが負け 後の二人が勝ち プロになりました 1局目で大石くんに負けた伊藤くんはもしその勝負に勝っていれば 自力でプロになれたんですが (彼は2局目は勝ったので1局目に勝っていればランクの関係でプロになれた)

いろいろなあやが見えて面白い1日でした 当事者には大変な1日だったと思いますが

結局 伊藤くんは次点が2回でフリークラスのプロになれるという権利を行使してプロになり 大石くんだけがプロになれませんでした

きびしい社会です でもよく見てみると 強いだけではプロになれない 運も必要なんですね というのは34人で 18試合するわけです 18人とは勝負するんですが 15人とは勝負をしないんです 組み合わせの運もいるんですね

大石くんには 次回ぜひ頑張って欲しいものです

|

« 東京に初雪が!! | トップページ | 今年は冬の日展 »

囲碁 将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191178/14312007

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋のプロ棋士:

« 東京に初雪が!! | トップページ | 今年は冬の日展 »